とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    矢野監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3


    阪神・矢野燿大監督(49)が28日、神戸市の有馬ロイヤルゴルフクラブで行われた「タイガース杯(オーナー杯)ゴルフ」に参加。オリックスからFA宣言した西勇輝投手(28)に対して、自らの口では初めて無期限で決断を待つスタンスを話した。

    西はこの日、一部で阪神入り決断と報じられたことを自身の公式ブログで否定。決断まで熟考を続けることに矢野監督も理解を示し、納得がいくまで考えた上での「吉報」を待ち続ける。 思いは募っていても、返事を急がせることはない。悩むだけ悩んでくれればいい。その上で、タテジマを選んでくれれば最高だ。矢野監督は、西の決断を信じて待ち続ける。

    「こうやって権利を得て、やっぱり上本もそうやけど悩むっていうのは当たり前だから。それを俺らが早くしろとかは言えるあれじゃないから。悩むだけ悩んでしっかり考えた方がとは思うけどね」 阪神はこれまで、西と2度にわたって「極秘交渉」を行った。「俺らはそう(早く決めて欲しいと)思うけど向こうは悩むから。入る時は俺らは自由がなくて。逆指名みたいな時代もあったけど基本的にみんな、入る時は入りたいと言ったとこに入れるわけじゃない」。ようやく得られた権利だ。西の胸中を察し、理解を示した。 人生の岐路に立つだけに、悩むのは当然のこと。「こっちは(期限を)設けるあれがないしさ。納得いくまで熟考してもらったら。それが選手側の立場の考えやから」。焦りはない。だからこそ、これまでの球団としてのスタンスと同じように、期限を設けることなく決断を待つ。

    この日、西は阪神入りを決断したと一部で報じられたことに、自ら公式ブログで言及。「今朝の一部報道について、僕から説明させていただきます。まず、現時点で決断していることは何一つありません」と否定した。矢野監督も「俺は何も知らない」と話し、西から決断を告げる連絡は届いていない状況だ。

    1度目の交渉を行ったのが16日で、24日の2度目の交渉から変化はないまま。いずれにしてもまだ熟考中という事実が、阪神として前を向ける材料だ。条件面ではソフトバンクに劣ると見られる中、阪神サイドは交渉で西に熱意を伝え続け、西自身も「非常に熱意を感じましたし」と振り返っている。

    無期限で待った上でいい知らせが届けばいいか、と問われると、矢野監督は「もちろん、もちろん」と力強くうなずいた。泰然自若で決断を待つ姿勢も、熱意であり、「ラブコール」でもある。思いが伝わり、成就することを願い続けるだけだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000022-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【トラとら虎】
    阪神は補強戦線で後れをとっている。
    具体的な動きといえば、オリックスからFA宣言した西勇輝投手(28)との交渉だけで、これもソフトバンク、DeNAとの争奪戦の最中にある。

    最下位に転落したにも関わらず、大補強の気配すら見えないのは、監督交代劇の影響だろう。 「金本が留任していたら、西の交渉にも最初から直接出馬したはず。矢野は1軍を把握していない後ろめたさがあり、現有戦力の底上げ優先。2人の危機感の違いだ」と球団OBはみている。

    巨人がこのほど獲得した前パドレスのビヤヌエバ内野手は今季20本塁打の大砲で、阪神も触手を伸ばしていた。“敗因”は条件面といわれるが、それだけではない。

    「矢野は就任したばかりの遠慮があって強く要求しない。これが星野(元監督)だったら黙っていなかっただろう」と先のOBは指摘する。

    巨人が前オリックス・中島を獲得し、広島からFAの丸の獲得にも乗り出しているのとは、あまりに対照的だ。 矢野監督は「来季の開幕スタメンは白紙」と競争心をあおるが、福留、糸井、鳥谷らに勝てそうな若手はまだ現れない。

    目下物色中の新外国人が4番に座らなければ、Aクラス入りもおぼつかない。トレードしようにも、適当な交換要員がいない。この上、西と新外国人の獲得まで不発に終われば、お先真っ暗である。(スポーツライター・西本忠成)


    3


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000015-ykf-spo


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/23(金) 08:19:51.68 ID:NmRKmOTQ0
    阪神の矢野燿大監督(49)が22日、大補強を繰り広げる巨人に警戒感を強め、対策を練っていく方針を明かした。新外国人のビヤヌエバに続き、この日はオリックスを退団した中島の獲得を発表。FA戦線では広島・丸、西武・炭谷のダブル獲得を目指すなど、さらなる大型補強を敢行する宿敵。“伝統の一戦”で勝利するため、さまざまな角度から分析していく。

    2012年から7年連続で負け越している巨人に勝つために-。伝統の一戦での勝利が、何よりも阪神ファンを喜ばせることを矢野監督は理解している。

    たとえライバルが大型補強を敢行しようとも「その中でどう戦っていくかというのは見つけていかないといけない」と言う。

    今季、パドレスで4番を張ったビヤヌエバを中軸候補として獲得した原巨人。さらにオリックスを退団した中島の入団が決まり、FAでは広島・丸、西武・炭谷の獲得を目指している。 現有戦力を見ても実績のある選手が多くそろっている宿敵。チームのポテンシャルは最下位からの巻き返しを図る虎にとって、間違いなく脅威となる。
    指揮官も「巨人はすごいよね」と語った上で、「やっぱり情報としては気になるよね」と率直な心境を明かした。

     だからこそ「相手のことを思ったって、相手を操作することはできない。自分のチームをいかに良くするかというのに集中したい」と前を向くと同時に、
    「ある意味、強いところを倒すというのは、それこそ阪神ファンは喜んでくれるし。昔の人たちが作ってくれた伝統の一戦と言われるところを受け継いだ戦いをしていきたいなと思う」と力を込める。

    大型補強を敢行したチームでも勝てなかった事実は過去にある。どういう戦いをすれば、どういう戦略、戦術を採れば強者を封じ込められるか-。矢野監督自身が現役時代に身をもって体感し、ライバルを打破してきたからこそ、思考回路を止めることはない。

    来年3月に入れば、スコアラー陣から新戦力など詳細なデータも届く。新たな伝統の一戦は開幕2カード目の敵地で始まる。そこで勝つための策を練っていく



    3


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00000024-dal-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1542928791/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/22(木) 08:56:20.13 ID:woKz5NB40
    b975733b



    どちらが正しいの?

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1542844580/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/22(木) 06:30:44.33 ID:CAP_USER9
     阪神の矢野燿大監督(49)は21日、大阪市内のホテルで開催された球団納会に出席。選手や球団関係者らに対する冒頭のあいさつで
    「ファンを喜ばせること」を最大目標とし、達成に向け「5カ条の実行」を訴えた。

     新旧オーナーに球団幹部、選手、裏方、球団関係者などが一堂に会した納会。壇上に立ち“所信表明”した矢野監督は5分を超えるロングスピーチで
    熱く自身の思いを語った。

     「皆さんの前で話をさせてもらうのは初めての機会。僕のやりたい、目指す野球というものを説明させてもらいたいと思います」

     今季最下位からの巻き返しに向け、一番に求めるものは「ファンを喜ばせること」だと訴えた。最大目標に向かって成すべきこととして5つを挙げた。

     <1>勝利 「まずは勝つこと。タイガースファンは勝って喜んで、その結晶が優勝になっていくと思います。19年シーズン、
    みんなで勝って、優勝してファンを喜ばせたい」

     <2>プラスワン 「勝つこと、優勝することだけでは足りない。勝つこと以外のプラスワンをみんなの中で考えてもらいたい」

     勝利以外のファンサービス。指揮官自身も今秋キャンプでは率先してサイン会や写真撮影会を開催するなどチームの先頭に立ってファンと
    コミュニケーションを図った。選手にもサービスを拡充することでファンをさらに喜ばすことができるとした。

     <3>喜怒哀楽を出せ 「グラウンドで暴れ回って喜怒哀楽を出してもらって結構。それがファンにも伝わって、良いシーズンになるというのが
    大事なこと」

     <4>裏方への恩返し 「いろんな人が僕たちを支えてくれている。僕たちが勝つことで恩返しができるんじゃないかと」

     打撃投手やブルペン捕手だけでなくトレーナー、スコアラー、用具担当らに対する感謝の思いが大切だと説いた。

     <5>フロントとの一体感 「球団の皆さんも僕たちと一緒にファンを喜ばせることを大事にしてもらいながら戦っていってくれれば、
    チーム一丸で戦っていけるんじゃないかと」

     矢野監督が来季に目指す指針は、熱い言葉とともに伝わったはず。「優勝も大変難しい目標ではあるけど、さらに上のファンを喜ばせるところを
    目指していきたい」。最下位からのビッグジャンプには、これくらい高いハードルがあった方がいい。(山本 浩之)

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/22/kiji/20181122s00001173056000c.html
    阪神・藤原次期オーナー(左)、坂井オーナー(右)の前であいさつする矢野監督。
    5つの項目を挙げて、来季の抱負を述べた(撮影・成瀬 徹)
    no title

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542835844/

    続きを読む

    このページのトップヘ