とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    矢野監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     (セ・リーグ、ヤクルト9-5阪神、4回戦、2勝2敗、16日、松山)

     --ガルシアには

     矢野監督 「アイツのためにも1回抹消して。ここにいると、どうしても結果とか、アイツもすごい真面目やから、責任ももちろん感じているし。1回ちょっとリフレッシュさせて。結果ばかり求めるというよりも、いろんなものにトライするような時間にして。また帰ってきてくれたらいいなと」

     --追いかける展開では打線もしんどい

     「まあまあ、ムード的に展開的にこうなりやすいのは俺ももちろん理解してるし。でもいつも言うように、俺らはこう状態を上げたり成長していかなあかんチームっていうところで言うと、やっぱり、完投させるっていうのは良くないよね」

     --初回はヒットが出て打つべき選手も打って、大山の状態も上がってきていると見るか

     「うーん、まあまあ、でもまだそこまで上がっているという感じまでは来てないと思うし。まあ(大山の安打は)アレ1本だけやったっけ? ねえ。それでは上がったとは言えない、うん」

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190417/tig19041705000004-n1.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神・矢野燿大監督はヤクルトに5-9で敗れた試合後、打線の奮起を求めた。相手先発の原に11安打を浴びせ、5点を奪ったが、完投された。「完投させたらアカンわな。序盤で、ラッキーはあったにしても2点取って。完投させるっていうのは良くないよね」

     一回は4番の大山、スタメン復帰のナバーロにタイムリーが出たが、打線の状態には慎重な構え。「まだそこまで上がっているという感じまでは来てないと思うし。まあ(大山の安打は)アレ1本だけやったっけ? ねえ。それでは上がったとは言えない、うん」

     3試合連続で7失点KOのガルシアについては「いやもう…3回目やからね。抹消するし、今のまま投げてもね、まあ良いもの出そうな感じがね、なかなかないんで」と2軍落ちを明言。オープン戦の最後から状態が上がらないことを感じていたことを明かした上で「アイツのためにも1回抹消して。ここ(1軍)にいるとどうしても結果とか、アイツもすごい真面目やから、責任ももちろん感じているし。1回ちょっとリフレッシュさせて。まああの、結果ばかり求めるというよりも、いろんなものにトライするような時間にして。また帰ってきてくれたらいいなと」と復活を願っていた。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000589-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「ヤクルト9-5阪神」(16日、坊っちゃんスタジアム)

     阪神・矢野監督が3戦連続7失点KOのガルシアの2軍落ちを決めた。

     3度続けての背信投球に決断せざるを得なかった。「よくなりそうな兆しが(見えないので)ね…」。ヤクルトに大敗を喫し、カード初戦を落とした試合後、矢野監督が厳しい表情を見せた。

     チームにとって相性のいい球場のはずだった。阪神の坊っちゃんスタジアムでの成績は12試合8勝4敗、勝率・667。

     この日も初回に大山のタイムリーで6試合ぶりに先制点を奪うなど2得点。幸先良くスタートを切ったはずだった。

     誤算はガルシアだった。直後のマウンド。先頭の太田、青木に連打を浴びると制球が定まらない。山田、バレンティンに連続四球。自滅の形で押し出し四球を与え、1失点。雄平の併殺崩れの間に同点とされた。

     西浦は抑えたが、続く村上には1ストライクから甘く入った直球をとらえられ、右翼へ3ランを被弾。

     さらに二回、1死から山田哲に中堅フェンス直撃の三塁打を浴びると、バレンティンの四球後、雄平には一、二塁間を破られた。ここでベンチは守屋にスイッチ。58球での降板となった。

     ガルシアは初登板となった2日の巨人戦(東京ドーム)で4回7失点KO。続く9日のDeNA戦(甲子園)でも、4回7失点で降板していた。結果的に来日最短となる1回1/37安打7失点KOだった。防御率19・29と跳ね上がった。

     矢野監督は「ここ(1軍)にいると、どうしても結果を(求めるから)ね。ガルシアは真面目やから責任を感じているし」左腕の胸中を代弁。その上で「結果ばかりを求めるというよりも、いろんなモノにトライしていく時間にして、また帰ってきてくれたらいいと思う」と期待を込めた。

     チームは開幕から16試合目にして早くも10敗目。首位・ヤクルトとは5ゲーム差、借金は4に。週頭の火曜日から5投手をつぎ込んだのも痛手。投手陣に余裕のある状況ではないだけに、これからも苦しい戦いを強いられる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000143-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     ◇セ・リーグ 阪神5―2中日(2019年4月14日 甲子園)

     阪神はオリックスからFA移籍した西の投打にわたる活躍で3連勝中と好調だった中日に5―2で逆転勝ち。連敗を4で止めた。

     雨中での1戦を逆転勝利で飾った矢野監督は「西がね。本当に投打によく引っ張ってってくれたというか、西のおかげが大きいんじゃないですかね」と西サマサマといった様子。

     前回の完封勝利から今度は7回2失点好投という内容に「本当に西らしさを出してくれているんで。本当に頼もしく見ています」と目尻を下げた。

     西の移籍後甲子園初登板で連敗をストップし、「西にも大きいですし、チームにとっても連敗中だったので、そういうところを西が止めてくれたっていうのもいろんな意味で意味ある1勝だったかと思います」と矢野監督。

     一挙に5点を入れて逆転した4回の攻撃については「(打線が)よくつながって、結果的にはやっぱり西の打ってくれたのが大きい」と投手ながら2点タイムリーを放って貴重な4、5点目を叩き出した西をここでも高く評価。

     それでも、得点はこの回の5点だけ。「それだけで結局終わってしまっているんで、やっぱり打線があとのイニングでも1点でも2点でも取るっていうことが必要だなと思います」と反省も忘れない指揮官だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00000254-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神は13日、本拠地甲子園で中日に2-10で敗れ、4連敗。借金は今季ワーストの4となった。先発岩貞は5回13安打6失点の乱調。ボールが高めに浮いた左腕について矢野燿大監督は試合後「全部やろうね。あれだけのイニングであれだけのヒットを打たれるんやから。まあ、高いというだけではないと思うし。そこじゃない」と話した。ローテの軸として投げてほしい投手だが、次回先発については「考えます、はい」と明言しなかった。

     先制される展開が続いていることについては「これはどっち(投手も野手も)もね。きょうに関しては投手があれだけやられちゃうと。打線も追い上げるというところではなかなか苦しい部分はあると思うけど、どっちかだけの責任じゃないと思うしね。この状況をつくっているということに関して、打てないところはピッチャーに対するしわ寄せになっている部分もある。まずはホームでやってる時はピッチャーが頑張ってくれてというのが理想になってくる」とコメント。

     岩貞、岩崎がそれぞれ満塁弾を浴びたことについては「もちろん流れの中で大きいしね。満塁ホームラン2本打たれてるわけやから、流れがこっちに来るってことはなかなか考えにくい」と語った。

     敗戦の中で光明となったのは新人コンビ。タイムリーを放ったD3位木浪(ホンダ)、2号ソロを放ったD1位近本(大阪ガス)については「近本はいい打球を打ちだしてる。木浪も昨日も1本出て今日も最初に出たんで。もう1本ねなんとか打って欲しかったのはあるけど。ルーキーなんでどんどん成長していく過程にあると思うので。いいものをどんどん出していってくれたらなと思います」と期待を寄せた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00000619-sanspo-base

    続きを読む

    このページのトップヘ