とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    矢野阪神

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     「阪神7-3中日」(10日、甲子園球場)

     グラウンドで躍動する姿が頼もしく映った。阪神の矢野監督は乗せられるように、何度も拳を突き上げた。今季10度目の逆転勝ち。8日・ヤクルト戦の悪循環を断ち切った選手に底力を感じた。

     「反発力というか、点を取られてもすぐ追い越せた。粘りもでてきていると思う。(八回の)最後の1点も2死からかな。本当にチームとして全体的な粘り強さや、つながりが出てきていると思う」

     2点を先制された直後の二回だった。マルテの同点2ラン後、2死走者なしから3連打で勝ち越し。援護を受けた投手陣も盤石のリレーで応えた。

     12連戦の最終戦となった8日・ヤクルト戦は5点差を追いつかれて、延長十二回引き分けに終わった。試合後はベンチ裏で緊急ミーティング。指揮官は選手に謝罪し、ねぎらっていた。再出発の試合は理想的な展開で勝利。「申し分ない」。脳裏に残っていた嫌なイメージは消え去った。

     昨季は甲子園で21勝39敗2分けと大きく負け越した。今季はこれで甲子園4連勝。8勝8敗の勝率5割まで戻した。「もちろんこれだけのお客さんが入ってくれるんだから喜ばせたい。俺らは毎日勝てるように頑張るだけ」。今季最多の貯金3で2位タイに浮上。本拠地の大歓声に乗り、さらなる高みを目指す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000026-dal-base



    矢野阪神粘り強さ出てきた!甲子園4連勝!8勝8敗で勝率5割に(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000026-dal-base  @YahooNewsTopics 最近結構勝ってる印象だったけど、まだ5割なのね。 4月中盤までが、やはり矢野野球がハマってなかったか(笑) これから増やしてってほしい。



    矢野阪神 粘り強さ出てきた!甲子園4連勝!8勝8敗で勝率5割に/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/05/11/0012319504.shtml  # @Daily_Onlineより ねばねばでごぶごぶ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/05/10(金) 21:14:03.53 ID:W/KTMRsh0
    まるで天国やな

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1557490443/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    ▼先発陣は充実 そうやね。当初、予定していたところのピッチャーが帰ってきそうな感じはあるしね。岩田もね。すごく頑張ってくれているし、秋山も粘って勝ってくれた。高橋遥も戻ってきたしね。そういう意味ではプラスの材料が多いんでね。

    ▼岩貞もインフルエンザから回復して2軍練習に合流 みんなが戻ってきてくれるに越したことはないけど、(先発陣の)枠の問題もある。なかなか全員に投げさせるということは無理なのでね。それは状態とか、もちろん結果も含めて判断していくところになってしまうと思う。岩貞自身がしっかりコンディションを整えてしっかりした結果を出して、やってもらうってことになるんじゃない。

    ▼甲子園で再スタート そうやね。そんな感じはある。12連戦ってやっぱり長かったし。その中でもいい試合が本当に多かった。ある部分全員で戦った。(福留)孝介が休んで(高山)俊が出たりとか、木浪とか(糸原)健斗に代えて出て行ったってところもね。全員で戦っていくというところは、ずっと言ってるように競争の中でチームが成長していくと思ってるので。リスタートしながら競争して、ファンを喜ばせられるように頑張っていきたいと思います。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000060-spnannex-base



    10日付大阪本社最終版1面です。 矢野阪神が好調5投手を揃えた「奪首ローテ」を編成した。10日からの中日3連戦は西勇輝投手、メッセンジャー投手、才木浩人投手が先発予定。14日からの巨人2連戦は青柳と岩田がいく。 #大阪1面 #阪神タイガース  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201905090000931.html  pic.twitter.com/68CeEHcr07


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    <阪神6-2広島◇1日◇甲子園

    矢野阪神が令和元年の初陣を鮮やかな逆転勝ちで飾った。1点を追う5回。敵失に乗じて4点を奪い、今季初の4連勝だ。矢野燿大監督は「相手のミスでラッキーもありましたけどね。ワンチャンスで、効率良く点も取れました。いい試合になりました」と振り返った。

    序盤はチェンジアップなどを駆使する野村に封じられて苦戦した。先発才木が赤ヘル打線に安打を浴びながら5回2失点でしのぐ。中盤は急転の反攻。6回にマルテが本塁打を放つなど大技小技で強敵を倒した。指揮官は言う。「野村もいい状態で来ている。いい投手と若い才木の対戦で勝てたのも大きい。逆転で勝った部分も大きい。今日の試合の中身、意味はある。本当に大きな1勝」。会心の白星に手応えは十分だ。

    2019年5月1日。平成から元号が変わった。新時代を前に、指揮官も心新たにした。球団から求められ、墨汁たっぷりの太筆を執る。紙にしたためたのは「令和元年」だ。力強い筆跡に決意がにじむ。この日、ファンに配られた「観戦証明書」でも披露した。矢野監督は「何でも縁起がいいものは勝ちたい。毎日勝ちたいと思って、俺らはやっている」と語気を強める。勝率5割に復帰し、単独3位に浮上。昨季最下位からの御一新にふさわしい門出になった。【酒井俊作】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-05010938-nksports-base



    "令和"開幕戦を勝利、4連勝!! 5回途中まで無安打も、 チャンスで近本ー!!! 近本、ほんまに最高過ぎるルーキー! 逆転2点タイムリー! からの…2盗!!そして3盗!!! 赤星を見ているよう、、 また次の回でも盗塁! 近本、2打点3盗塁!スーパールーキー! マルテの来日初HRも。 ちょ、、阪神強い!!



    タイガース・ルーキー・近本光司の二盗・三盗とかき回して、ジェフリー・マルテが初ヒットが甲子園でホームラン。そして・『令和初ホームラン』となりました。チームは今季初の4連勝!広島戦にカード勝ち越し。(広島戦。阪神甲子園球場) pic.twitter.com/VSfC7LWpfI


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    「阪神0-3巨人」(21日、甲子園球場)

     平成最後の伝統の一戦は悲惨な結果に終わった。打てない、守れないの惨たんたる内容で、2試合連続の完封負けを喫した矢野阪神。今季の巨人戦は6連敗となり、昨季から合わせれば1分けを挟んで9連敗となった。「俺の責任」と何度も口にした矢野燿大監督(50)。過去を振り返っても仕方がない。次の巨人戦は令和に元号が変わった5月。心機一転、宿敵に借りを返してくれ!

     期待が大きい分、反動も大きかった。今季最多4万6516人が甲子園を埋めた平成最後の伝統の一戦。歓声は何度も耳をつんざく悲鳴と化した。32年ぶりに開幕から巨人に6連敗。矢野監督は苦しい胸の内を明かした。

     「監督としての俺の責任というのは大きいと思う。それをしっかり受け止めるしかできない」

     積極的に動いた。福留を先発から外し、試合前まで首位打者だった梅野を今季初の5番起用。初回無死一塁では、糸原の3球目にエンドランを仕掛けるなど先手を奪おうとした。

     しかし、不運な形で先制を許してしまう。四回無死一塁。遊ゴロを捕球した木浪が二塁へ送球したが、一走・ビヤヌエバがスタートを切っており、セーフとなった。さらに二塁・糸原の一塁送球は、スライディング後に立ち上がったビヤヌエバが邪魔になったのか、大きくそれてしまう。

     ジャンプした一塁・陽川の頭上を越え、一塁ベンチへ。ボールデッドでいったんは無死二、三塁で再開されようとした。その後、矢野監督がビヤヌエバの動きが守備妨害に該当しないかを確認。だが、判定は覆らない。さらに審判団が集まって協議し、ビヤヌエバの生還までコールされた。

     一度、狂った歯車は簡単には戻らなかった。七回2死二塁で8番・山本を迎えた場面は、指揮官の判断で勝負を選択。皮肉にも結果は裏目に出て適時三塁打を許した。

     九回1死一塁は二盗を阻止しようとした梅野が二塁へ悪送球し、1死三塁ではドリスが暴投。決定的な3点目を奪われてしまった。

     打線も沈黙したまま、甲子園の巨人戦は24年ぶりの2試合連続完封負けを許した。「俺の責任。打順もだって、俺が決めているんだから」。選手の戦う姿勢を知る将は、責任を一身に背負った。

     巨人戦は年をまたいで、7年ぶりの9連敗(1分けを挟む)。屈辱的な数字が並ぶが、気持ちだけは折れていない。「リベンジできる形をどんどん作っていけるようにしていく」。令和最初の伝統の一戦は、5月14日(東京ドーム)。次こそ大歓声が聞きたい。

    https://www.daily.co.jp/tigers/2019/04/22/0012264119.shtml

    続きを読む

    このページのトップヘ