とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    矢野阪神

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は26日の中日戦(ナゴヤドーム)で逆転勝ち。このカードの勝ち越しを決め、今季の対戦成績も5勝4敗とした。今季の矢野阪神には、竜に負けられないと燃えまくる理由がある。

     1点を追う8回、打者一巡の猛攻で5点を奪い逆転勝ち。大喜びの矢野燿大監督(52)を始め、ベンチの1軍首脳陣には中日OBがズラリと並んでいた。

     清水ヘッドコーチ、新井打撃コーチ、筒井外野守備走塁コーチ。さらに今季から井上一樹打撃コーチ(49)が入閣した。球界関係者は「特に井上コーチは決断するのは大変だったと思う」と慮る。

     「中日の与田監督とはドラフトの同期で仲も良く、矢野監督とも親しかった。でも選手、指導者ともに中日ひと筋。名古屋でも定期的に野球評論家としての仕事があったが、すべて置いて大阪で勝負するわけだから。結果が出なけりゃ、『何やってるの?』と言われかねない。オファーを引き受ける際、与田監督にもしっかり仁義を切って、縦じまのユニホームを着たのだから、そらもう、必死だよ」

     阪神OBからも「阪神ドラゴンズ」と揶揄されるほど、中日色が濃い矢野阪神の1軍首脳陣。さらに昨秋と今春のキャンプでは竜のレジェンド、山本昌氏を臨時コーチに迎えている。

     中日側も「うちのことを知っている人が多々いるわけで、負けてられませんよ」と意識は強い。今季最初の竜虎対決となった、6月30日からの3連戦では阪神が3連敗。ホームで迎えた17日からは逆に3連勝を飾った。そしてこの日は、中日出身で球界最年長の福留が値千金の同点打。再び貯金生活に舞い戻った。

     今後も宿敵巨人との伝統の一戦だけでなく、両者のプライドをかけた竜虎戦にも注目だ。(山戸英州)




    矢野阪神が中日に負けられぬワケ 首脳陣に中日OBがズラリ(夕刊フジ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d21694d9dee225bf65034f2dc4208f041468b745  「「「「「阪神ドラゴンズ」」」」」



    そんなの、関係ねーだろ。 矢野阪神が中日に負けられぬワケ 首脳陣に中日OBがズラリ(夕刊フジ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200727-00000017-ykf-spo  #阪神タイガース #阪神 #プロ野球


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     野球評論家の掛布雅之氏(65)が13日、カンテレのスポーツ番組「こやぶるSPORTS」に出演。今季のプロ野球開幕を直前に控え、矢野阪神の順位を予想した。

     掛布氏はレジェンド解説者として田尾安志氏、金本義明氏、片岡篤史氏とともに出演(田尾氏、片岡氏はリモート出演)。新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていたプロ野球の開幕が19日に決まったことで、それぞれ順位予想を行った。

     掛布氏の優勝予想は阪神、巨人、中日、DeNAの4チームが並立。「高橋遥人がローテーションに入っていれば阪神の優勝にしていたと思う」と、5月末にコンディション不良で離脱した左腕の不在をマイナス要因とした。「巨人は去年の覇者。キャンプ見た時にチームバランスが一番いいのは中日なんですよ。DeNAは新外国人がすごくいいバッターが入りました」と上位混戦を想定した。

     阪神を優勝としたのは田尾氏ただ1人。「去年、なぜ勝てなかったかというと打線。優勝できる投手陣はそろっていた。(今季は)打線がものすごく補強されたと思う。外国人選手は当然いいと思うし、日本人選手のレベルが高い。そうなると優勝しかない」と言い切った。

     金村氏と片岡氏は3位と予想。当初、優勝を予想していたという金村氏は「この3カ月にいろいろありましたよね。期待していた藤浪、高橋遥人。左右のエースになるべきと思っていたのが、どちらも使えない」と評価を下げた理由を説明。優勝へのキーマンには「藤浪」を挙げた。片岡氏は「巨人に勝ち越せば、順位は変わってくる。セ・リーグは、ヤクルト以外はどこが上位に来てもおかしくない戦力」とコメントした。




    優勝予想、ぶち上げてくださいよ皆さん! 掛布氏らレジェンド解説者が矢野阪神の順位予想 優勝断言は田尾氏ただ1人/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/06/13/0013421885.shtml  @Daily_Onlineより



    こやぶるスポーツで、 掛布が、開幕5カード連続ロードで不利 になるって聞いてたけど、 他の解説者がぶった斬ってくれて安心した。 確かにタニマチがないのはでかいな。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の矢野燿大監督(51)が27日、球団広報による代表取材に応じ、開幕ダッシュの重要性を説いた。シーズン120試合予定の今季、阪神は開幕から5カード連続のビジターが濃厚となっていることが明らかになった。イメージするのは、奇跡の6連勝を決めた昨季最終盤のような“一戦必勝スタイル”だ。

     今季はコロナ禍の影響で、シーズン120試合で行われることが濃厚な状況。「試合数が減ったということは、開幕ダッシュというのを、よりどこのチームもしたいと思うところ」。矢野監督は、例年以上にスタートから勢いをつけることの重要性が増すことを強調する。

     阪神は移動リスク軽減のため、東京ドームでの巨人戦で開幕し、続く2カードも関東圏、その後も名古屋、広島…と5カード、つまり“1周目”の対戦はすべてビジターゲームとなることが濃厚となっている。

     いきなり迎えるロードで指揮官が狙う開幕ダッシュ。打線のポイントとなるのが、今年に入ってオープン戦、練習試合で実践する「2番・近本」だ。「進む中で変わっていくことはもちろんあるだろうけど、今の段階ではやっていきたい」とこだわりを見せる。

     1番打者が出塁時、強打もバントもできる上に、併殺となるリスクが少ない。時には一発も含む長打が期待できる快足打者を2番に置くことで、より先制点を挙げられる確率が増すという考えだ。

     一度リードすれば、それを守り抜くのが矢野阪神の戦い方。金村投手コーチは「フレッシュな投手にはロングリリーフもしてほしい。開幕ダッシュと考えると、中継ぎをどんどん投入することがイメージできる」と話す。

     描くのは奇跡の6連勝でCS進出を決めた昨季最終盤の戦い方。当時はガルシアをロングリリーフで起用するなどして、ラスト5連勝はすべて先制逃げ切りを決めた。自慢の中継ぎ陣をつぎ込み、八回=エドワーズ、九回=藤川の勝ちパターンに持ち込む算段だ。

     「一試合一試合、全力を尽くして戦っていくというのが基本的な考え方」と矢野監督。“一戦必勝”スタイルで波に乗り、地元・関西に帰ってくる。




    矢野阪神 奇跡6連勝スタイルで開幕ダッシュや!2番近本、鉄板リリーフで挑む(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 5カード連続ビジターではあるが観客はいない訳だし関係ないでしょ。同点の9回以降サヨナラ負けのピンチがあるくらいで。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200528-00000019-dal-base 



    開幕ダッシュ成功のためには、リリーフ陣が活躍してくれることが必須条件です。 【阪神】矢野燿大監督、「開幕ダッシュ」へリリーフ勢の前倒し起用を検討 : スポーツ報知  https://hochi.news/articles/20200527-OHT1T50340.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「練習試合、ヤクルト0-10阪神」(22日、神宮球場)

     アロハ~♪トラ~!!阪神が練習試合・ヤクルト戦(神宮)で2つの新しいポーズを始めた。ヒットを放った後や得点時に、親指と小指を立てて手を振る「アロハ」ポーズと、顔の前で閉じた両手を開く「トラ」ポーズ。矢野監督は裏方やファンを喜ばせる理由を込めたことを明かし、ファンにも浸透することを願った。

     矢野監督や選手が見慣れないポーズを繰り返した。親指と小指を立てて両手を振り合ったかと思えば、内側に向けて閉じた両手を顔の前で開くシーンもあった。塁上で、三塁ベンチで-。スタンドが空席でも関係ない。阪神が今までとは違う盛り上がりを見せた。

     矢野監督がそのポーズ名を明かした。「アロハ」と「トラ」。約1週間前のことだ。指揮官がキャプテン・糸原に投げ掛けたことがきっかけだった。「(昨年から続ける)ガッツポーズはガッツポーズでもちろんいいんだけど、自分らで盛り上がれるようなことを何かやろう」。選手たちで考案したプランの中、この試合から2つが実行された。

     「矢野ガッツ」に続き、今季スローガン「It’s 勝笑 Time!オレがヤル」を体現する2つのポーズ。その一つ「アロハ」には深い意味がある。

     矢野監督は「俺は今年、優勝するって決めてるやん。日本一になって、V旅行でハワイ旅行(へ行く)というのを。“アロハ”には『裏方さんとかもV旅行へ連れて行くぞ』っていう思いも全部込みで」。チームを鼓舞することと同時に、支えてくれる人たちに恩返しする決意を込めた。

     そして「トラ」ポーズの動きは、手話で「虎」を意味する。「アロハ」とともに、ファンと一緒に戦うというメッセージがある。

     「常に言ってるように、楽しむという(ファンと)共通した気持ちの中で、(ポーズが)ファンに広がって、やってくれるっていうのは俺の理想。スタンドの人がアロハ、トラってやってくれて、全部でつながって、1つの渦みたいになったら一体感ができるやん」

     この日のヤクルト戦では14安打10点。北條が四回無死の左前打後に「トラ」で喜びを表現し、糸原は七回2死一塁での右越え二塁打後や生還後に「アロハ」。2つの新ポーズが何度も披露された。

     阪神の選手が楽しむ姿から、スタンドへ伝わるモノは必ずある。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕は未定だが、虎党にとっては一層、開幕が待ち遠しくなりそうだ。




    矢野ガッツの次は。。。 アロハポーズとトラポーズ アロハポーズは ほんまに優勝して ハワイ旅行せんと 今季だけになるけど トラポーズは (手話で虎の意味) ずっと使えるよね ⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧ 発案者はシュンタカヤマ😄 画像はデイリースポーツさん pic.twitter.com/Hw5FJhBFeu



    矢野虎 ガッツに続け! アロハポーズ&トラポーズ解禁 「V旅行でハワイに行くぞ」🏄‍♂️ #阪神タイガース 🐯絶対に行けよ〜 ✈️🌴 デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/03/23/0013214076.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇オープン戦 阪神6―4オリックス(2020年3月15日 京セラドーム大阪)

     阪神が「矢野イズム」を見せつけ、オープン戦4連勝フィニッシュを飾った。矢野監督が2軍監督時代から浸透させてきた足を絡めた「超積極的野球」を最終戦でも展開。3、4回の得点は常に先を狙う走塁でもぎ取り、就任2年目のチームの成長を強調した。

     「やっぱりウチのいい部分でもあると思うんでね。盗塁が付かない場面でも、一個でも前に進むという気持ちを常に持ってチームでやりきっているんで。これは今季もずっと大事にやっていきたい」

     まずは3点を追う3回の攻撃だ。先頭の陽川が遊失で出塁。1死から小野寺も三失で出て一、三塁となると、重盗を仕掛けた。田嶋の一塁けん制で小野寺が飛び出し、一、二塁間で挟まれている間に三走・陽川も思い切ってスタート。相手の連係プレーが乱れる間に本塁を陥れた。

     「送球もちょっと高かったからセーフになった部分はあるけど、いいタイミングで、やれることをしっかりやった走塁だと思う」

     無安打で奪った1点は相手のミスのおかげでも、何か仕掛けてくるという姿勢がプレッシャーをかけたのも事実。オープン戦の盗塁企図数は昨年17試合で19に対し、今季12試合で21と割合が大きく増えた。4回も、先頭で中前打した近本が二盗と暴投で三塁まで進み、原口の三ゴロが野選を誘い生還した。

     今の1軍には島田、熊谷、植田ら矢野監督が2軍時代から指導してきた俊足がそろう。延期により、開幕1軍争いはこれから本格化するが、どの選手が出ても相手を引っかき回すような攻撃は可能だ。

     「チームとしてはいい締めくくりができたというのはもちろんある。競争して全体のレベルが上がって来ているという手応えは、感じています」

     オープン戦は7勝3敗2分けで12球団3位。5勝11敗1分けで11位だった昨季より大きく成績を伸ばした。例年とは意味合いが違う節目でも、開幕がいつに決まっても好発進できる態勢は整っている。 (山添 晴治)




    16日付大阪本社最終版1面です。 阪神がオープン戦ラストゲームのオリックス戦で逆転勝ちを飾り、4連勝締めを決めた。12試合7勝3敗2分けは12球団中3位、セ・リーグ内ではトップの好成績だ。悲願の日本一を目指し、今後は異例の練習試合期間で仕上げていく。 #大阪1面 #阪神  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202003150000868.html  pic.twitter.com/gAVeqFeSO6



    @NikkanNaruohama まぁ良い流れだね? 練習試合わね?


    続きを読む