とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    矢野阪神

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     先週末の巨人3連戦(東京ドーム)で、矢野阪神は無念の3連敗を喫した。巨人戦3連戦3連敗は今季4度目で1963年以来、56年ぶり2度目の屈辱。首位相手に一かけらの意地も見せられなかったふがいない戦いぶりに、現役通算320勝のレジェンド・小山正明氏は「情けない!」と嘆いた上で、巨人との差について「監督の勝利に対する意欲、執着心の違いだろう」と断じた。CS争いからも脱落しかねない状況だけに、残り30試合は1試合1試合が正念場となる。

      ◇  ◇

     ことここに至っても、かすかな希望と期待感は持っていた。借金4で迎えた首位巨人との3連戦。いくら敵地・東京ドームとはいえ、相手先発が3年目の桜井、新人の高橋とくれば、何とかなるかもしれない…。しかもこちらは安定感抜群の高橋遙と西だ。連勝すれば最後の山口だって撃破できる確率は高まる。イッキに3連勝で借金1だ-。これ、とんでもない「妄想」だった。結果は正反対の3連戦3連敗。何と今年巨人に4度目の屈辱である。実に1963年以来、56年ぶりだという。全く、お話にならない。

     いつものように小山正明氏の携帯を鳴らす。今回はどんなボヤキになるのか想像しながら待つと「きょうは3-6か…」と低い声が飛び込んできた。怒りを通り越した呆れ、が言葉にこもっていた。ただ、いつに増して語気は強かった。その理由は、5年ぶりのリーグV奪還にひた走る巨人・原監督の「勝利への執着心」を見せつけられたからだった。

     -言葉もない結果になりました。

     「16日の初戦を高橋遙で落としたのが痛かったわな。1点ビハインドの7回表、先頭の高橋遙をそのまま打席に立たせたのが議論を呼んだが、僕はやむなし、とみた。確かに1点を追わんといかんのやが、彼の投球内容とその後の継投ことを考えると(矢野監督の)決断はあり、やろう。ただ、それもいつもの貧打で台無しやわな」

     -初戦を逆転で取られた後はいいところなしの3連敗。同じチーム相手にシーズン4度目の3連戦3連敗ですから萎えますわ。

     「巨人・原監督の勝利への執念、意欲というものを痛烈に感じたね。2戦目(17日)の六回裏やったかな。無死一、二塁のチャンスで5番のゲレーロにバント(記録は捕犠)させたやろう。1点をリードしているんやし、5番に据えた助っ人なら打たせてええわけやけど、それにバントを命じたのは何としても追加点を取るという原監督の強い意志の表れ。あれを見て、三塁ベンチの矢野監督や阪神の選手達は何を感じたか。優勝という大目標のある巨人と、CS争いからも脱落しかかっている阪神の差はその辺にあると思ったよ」

     数年前、原監督に単独でインタビューしたことがあった。そのシーズン終盤、阪神戦で絶好調だった4番・村田(現2軍打撃コーチ)に同様のケースでバントさせたことについて理由を聞いたら、原監督は『勝ちに近づくにはそれが一番だったから』と答えた。試合はそれを端緒に巨人が大量得点を奪い、阪神に圧勝、そのまま優勝へと突っ走った。ゲレーロの犠打を見て、あの時の話を思い出した。

     敵将の“勝利への執念”に対し、矢野監督はどうだったか。優勝は無理としても、CS圏内はまだわからない。そこに向けて巨人を上回る執念を見せたのか。18日の3戦目、1点差に迫った七回裏にジョンソンを投入したのはその表れかもしれないが、ならば前の17日、同じ1点ビハインドの七回になぜ彼を使わなかったのか。また、得点力不足の打線にどんな工夫を施したのか。試合だけを見る限り、残念ながら工夫の跡を感じることはできなかった。

     -捕手出身の矢野監督には大いに期待していました。大阪人らしい明るさに加え、あのノムさん(元阪神監督・野村克也氏)に仕込まれた“捕手的嫌らしさ”で相手に圧力をかけてくれると思ってたからですが…。その点で言うと、少し期待外れの感は否めません。

     「監督の采配で言うと、何で大山を4番から下げたんや?という疑問がある。あれだけ我慢強く4番で使っていながら、何で今さら下げるのか。それならもっと早く見切るべきだったのと違うか。僕には分からんね」

     -今季残り30試合。3位・広島とは5差つけられています。打線が機能せず、先発投手陣にも疲労が見えていますが、これから阪神はどう戦えばいいんでしょう?

     「何が何でもCSには出るんや、というのがチーム全体の目標のはず。ところが、今の戦いぶりにはそれが見えん。ただ普通に試合を消化している感じしか受けんのや。もう30試合しか残ってないんやで。このあとは全部勝ちきるぐらいの姿勢でやってほしい。スタンドにはまだ多くのファンが阪神の勝利を期待して来るんやから…。選手一人一人がそれを胸に刻んでプレーすべきやろう」

     20日(火)からは京セラドームで2位・DeNAとの3連戦。優勝を目指す今季の戦いは事実上幕を閉じたが、CS突破の希望はまだ捨てたくない。連日甲子園で観衆を魅了する高校球児たちの手本がプロのはず。窮地の今こそ、猛虎に“これぞプロ”を見せてほしい。(デイリースポーツ・中村正直=1997~99年阪神担当キャップ、前編集長、現販売局長)





    巨人の下位打線を打つ選手を並べて勝てるわけもなくフロントの無能と投手力のチームなのに守備を構築出来なかった現場の責任。矢野阪神と原巨人の差は「勝負への執着心」…虎レジェンドが東京ドーム3連敗を分析(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000092-dal-base 



    矢野阪神と原巨人の差は「勝負への執着心」 いやいや単純に野手のレベル差でしょ、打撃と守備と。 阪神に坂本丸岡本レベルの野手いる?リーグ最強打線と最下位打線の差がそのまま出てるだけだと思うけど。精神論に逃げるんじゃなく現実見た方がいいっすよ



    悪いのは選手。 完全に気迫で負けとる。 矢野さんが悪いみたいな言い方はあかん! 選手がもっと気迫をみせんと‼️😆 ・・・・・・・・・・・・・・ 矢野阪神と原巨人の差は「勝負への執着心」…虎レジェンドが東京ドーム3連敗を分析(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000092-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神が14日の中日戦(ナゴヤ)を6―3で逆転勝ち。3位広島に4ゲーム差とした。矢野燿大監督(50)は3点を追う5回二死走者なしから先発・秋山を早々に見切って代打・木浪を投入するとこれが大当たり。木浪の右前打から怒とうの6連打と打線がつながり、一挙5得点の猛攻で試合をひっくり返した。執念が実った指揮官は「木浪がラッキーボーイ的な存在になってくれた。3点取らないと勝つことはない。(選手をベンチに)残していても仕方ない」と5回の攻撃を振り返った。

     残り33試合で首位・巨人とは8・5ゲーム差。逆転Vは絶望的ともいえる状況だが、チーム関係者は「監督は『今年は何が起こるか分からない。諦める状況ではない』とまだまだ優勝を見据えている」と明かす。就任1年目ですでに続投が内定している身であれば、来季を見据えた采配にシフトチェンジしてもおかしくはない。しかし、今年のセ・リーグは前代未聞ともいえるほど各チームが大型連勝、大型連敗を味わう乱戦。そのためまだ“ワンチャンあり”と見ているのだ。

     守備に難があり賛否がある新助っ人ソラーテを多くの試合で先発起用するのも、開幕からかたくなに4番で起用してきた大山の打順降格もすべては今季の逆転Vのため。16日から敵地で巨人3連戦を迎える阪神だが、宿敵を倒して弾みをつけるつもりだ。 




    ベイスターズ落ちてきたな 横浜と争うなら ワンチャン阪神CSある



    阪神強いわけではないけど 横浜と広島がまた落ちてきたからワンチャンAクラスあるよ



    カープもベイスも優勝するまでにはいかない感じだな あとはどっちかが崩れてきてくれれば阪神にも3位に入るワンチャン


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神の矢野燿大監督(50)が5日、6日・ヤクルト戦(神宮)から始まる9連戦を前に、混戦のセ・リーグで上位進出を果たすポイントに「攻めの姿勢」を挙げた。

     「逃げることはできへんしね、俺らは。状態がいい時も悪い時も試合はあるけど、自分らで流れを変えるようなことをしていかないと(流れは)変わらないと思うんで。そういう思いを持って戦うしかないよね」

     経験に基づいた助言だ。現役時代は阪神へ移籍した98年から4年連続の最下位。苦しい時期でも挑み続けた結果が、2度のリーグ優勝につながった。

     現在、首位・巨人と6・5ゲーム差で、CS圏内となる3位・広島とは4・5ゲーム差。残り42試合。厳しい状況とはいえ、逆転の可能性はまだまだ残されている。

     「先を見て戦える状況じゃない。1試合をどう戦うかっていうのが大事になる」。チャレンジャー精神で攻め続けた先に、新たな道が開ける。





    写真デイリーさん セ上位進出へ!9連戦「攻めの姿勢」で臨む! 矢野監督は、逃げることは出来へん、状態がいい時も悪い時はあるけど 自分らで流れを変えていくような事をしていかないと 現役時代98年から4年連続最下位。苦しい時期も挑み続けた結果が二度のリーグ優勝に繋がった 乗り越えるのだ‼️😐 pic.twitter.com/uRjyl21bqI



    矢野阪神「攻めの姿勢」で9連戦 混戦セ上位進出への正念場(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 8/23からの神宮までは、ほぼ中止がないやろ 先発Pのやりくりが大変や  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00000031-dal-base 



    じゃあ金曜ホームラン打った北條土日で使えよ 阪神・矢野監督が1、2軍の入れ替え断行 6日から9連戦「流れを変える」  https://www.sanspo.com/baseball/news/20190806/tig19080605030007-n1.html  @sanspocomより



    阪神正念場の9連戦スタート 総力戦へ能見らを昇格(日刊スポーツ) 矢野監督の名言よね 正念場の「必死のパッチ劇場」逆転V #阪神タイガース #矢野燿大 #必死のパッチ  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-08050959-nksports-base 



    阪神正念場の9連戦スタート 総力戦へ能見らを昇格  日刊スポーツ 矢野阪神が明日なき戦いに挑む。6日のヤクルト戦(神宮)から9連戦がスタート。クライマックス・シリーズ(CS)出場圏内となる3位広島との差は4・5ゲームで、阪神…  https://ift.tt/2M5C0fd 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「阪神0-1巨人」(9日、甲子園球場)

     1点が遠くて重い。阪神は今季9度目の完封負けで再び借金生活に転落。首位・巨人とのゲーム差は今季最大の8・5に開き、前半戦の勝ち越しターンが消滅した。連夜の1点差負け。つかめそうでつかめない宿敵の背中。前半戦最終戦は意地でも勝利をつかむんや-。

     気合が空回りしたのか。差を詰めるはずが、突き放された。ゼロ行進で今季9度目の完封負け。また一歩、巨人の背中が遠のいた。今季最大の8・5ゲーム差。クラブハウスへ戻る選手の表情は硬い。矢野監督も悔しさを押し殺し、淡々と敗戦を振り返った。

     「あと1本というところがね。みんな(打ちたいと)そう思って行ってくれてるし、打線は水ものとは言うけど。俺らが上に行くためには、どうやって点を取るかっていうところが課題になる。そういうところで負けたっていう試合だと思う」

     巨人・桜井とは先発としては初対戦。目を見張るような直球や変化球はないが、思い切り腕を振る投げっぷりに惑わされ、微妙な変化にも対応できなかった。

     三回1死一、二塁からは近本、糸原がともにチェンジアップに連続空振り三振。四回1死一塁ではマルテの三直で一走・大山が飛び出して併殺となり、好機拡大を逃した。清水ヘッドコーチは「気持ちは分かるけど、もう少し冷静さを持って頑張ってほしい」と焦ったようにも映る姿に首をひねった。

     六回2死満塁はマルテの捉えた打球が遊撃正面へ。大歓声が一瞬でため息に。矢野監督ももどかしい心境だった。「チャンスメークまでは行くんだけど」。巨人を上回る7安打ながら無得点。最後まで本塁が遠かった。

     借金1となり、前半戦での勝ち越しターンは消滅した。それでもまだ60試合も残っている。観戦に訪れた藤原オーナーは両手を挙げて「明日があるさ」とだけコメントし、努めて明るく振る舞って球場を後にした。清水ヘッドコーチも「とにかく前向きに行きましょう」と選手を鼓舞するように力を込めた。

     もちろん、矢野監督もぶれない。「いつも同じになって申し訳ないけど、負けたものは取り返せないんで。明日、何とか勝って後半につなげられるようにするしかない」。10日・巨人戦は前半戦最終戦。優勝へ望みをつなぐためにも絶対に負けられない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00000034-dal-base



    @TigersDreamlink 大山、あかんかった。打てへん。矢野監督、積極的に攻めの采配をせなあかん❗でも、発展途上や。建設は死闘、破壊は一瞬。生え抜きの4番、最高の監督にする、と信じて忍耐や‼うちは阪神ファンとしてあきらめへん❗ファンが諦めたらあかんやないか👍



    ペナントの前半が今日で終わる。阪神は確かに厳しいけど、春先に矢野監督は5割で3位を目標と言ってたが、今日勝てば、5割、2位で終える事になる。それだけでもクリアしてると考えたら、去年の最下位から、レベルは上がってるよな。後は後半の快進撃を信じるのみ。



    【7/10スポニチ紙面】 ●矢野阪神 必ず5割で折り返す ●ガルシア 本領発揮8回1失点 ●原口選手 「プラスワン」で球宴出場 ☆虎番日報では桑原選手の現状を報じています! などなどトラ情報満載です!! 今日もスポニチをよろしくお願いします! pic.twitter.com/FfuEnleu9n


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     「阪神7-3中日」(10日、甲子園球場)

     グラウンドで躍動する姿が頼もしく映った。阪神の矢野監督は乗せられるように、何度も拳を突き上げた。今季10度目の逆転勝ち。8日・ヤクルト戦の悪循環を断ち切った選手に底力を感じた。

     「反発力というか、点を取られてもすぐ追い越せた。粘りもでてきていると思う。(八回の)最後の1点も2死からかな。本当にチームとして全体的な粘り強さや、つながりが出てきていると思う」

     2点を先制された直後の二回だった。マルテの同点2ラン後、2死走者なしから3連打で勝ち越し。援護を受けた投手陣も盤石のリレーで応えた。

     12連戦の最終戦となった8日・ヤクルト戦は5点差を追いつかれて、延長十二回引き分けに終わった。試合後はベンチ裏で緊急ミーティング。指揮官は選手に謝罪し、ねぎらっていた。再出発の試合は理想的な展開で勝利。「申し分ない」。脳裏に残っていた嫌なイメージは消え去った。

     昨季は甲子園で21勝39敗2分けと大きく負け越した。今季はこれで甲子園4連勝。8勝8敗の勝率5割まで戻した。「もちろんこれだけのお客さんが入ってくれるんだから喜ばせたい。俺らは毎日勝てるように頑張るだけ」。今季最多の貯金3で2位タイに浮上。本拠地の大歓声に乗り、さらなる高みを目指す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000026-dal-base



    矢野阪神粘り強さ出てきた!甲子園4連勝!8勝8敗で勝率5割に(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000026-dal-base  @YahooNewsTopics 最近結構勝ってる印象だったけど、まだ5割なのね。 4月中盤までが、やはり矢野野球がハマってなかったか(笑) これから増やしてってほしい。



    矢野阪神 粘り強さ出てきた!甲子園4連勝!8勝8敗で勝率5割に/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/05/11/0012319504.shtml  # @Daily_Onlineより ねばねばでごぶごぶ


    続きを読む

    このページのトップヘ