とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    社会人野球日本選手権

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     ◇第45回社会人野球日本選手権 決勝 大阪ガス4―1日本生命(2019年11月4日 京セラドーム)

     大阪ガスが大阪決戦を制して、日本選手権初優勝を決めた。4度目の決勝で悲願の勝利。三国丘―慶大でキャリアを積んだ橋口博一監督も満面の笑顔を浮かべた。

     「ホッとしています。絶対取りたいタイトルでしたから。心強い応援をいただいて勝てて良かった。選手は凄い。素晴らしいチームになったと思います。よう頑張りました」

     準決勝までの4試合で13盗塁のスピードが武器。決勝でも、各選手が持ち味を発揮した。2回、先頭の4番土井が四球で出塁すると、すかさず二盗。花本が右前打で繋いだ2死一、三塁から8番松谷、9番宮崎の連打で2点を先制した。

     3回には1死から楽天ドラフト1位指名の2番小深田が投ゴロも投手のタッチを交わして、内野安打で出塁。3番峰下の左二塁打で二、三塁とし、土井の右犠飛で加点した。

     守っては先発・阪本が好投。履正社―関大と進み、社会人2年目の右腕が要所を締めた。4回に1点を失ったが、5回2死満塁、6回2死一、二塁の中盤のピンチもしのぎ、日本生命打線を抑えた。115球、7安打完投勝利で胴上げ投手となった。

     就任2年目の橋口監督のモットーは選手の自主性を尊重した「考える野球」。練習メニュー、試合での狙い球、盗塁もすべて選手に任せてきた。「監督の指示通りにやって勝てるなら別ですが、野球に必勝法はない。ならば、それぞれが考えて取り組んでくれたらいい」。指揮官の思いに選手が反応しての頂点だ。

     昨年の都市対抗初優勝に続き、日本選手権のタイトルも獲得。その間に昨年の阪神・近本、そして小深田と2年連続ドラフト1位指名選手を輩出。チームは充実期に突入した。





    大阪ガス、日本選手権初優勝!! やっと日生に勝てたー😭😭 おめでとう㊗️ #大阪ガス #日本選手権 #社会人野球 #毎日新聞 https://t.co/GzkN5z5yj0



    @koji_speed5 テレビで見てました。大阪ガスおめでとう🎶✨😆✨🎶



    @koji_speed5 おめでとうございます!! 明日からも練習きついかもしれないですけど頑張ってくださいね!



    @koji_speed5 昨年の都市対抗に日本選手権にすごいです!とっても雰囲気の良いチームですね🤗 おめでとうございます👍🏻👍🏻



    @koji_speed5 現地よりおめでとうございまーす🎉 pic.twitter.com/YCfrfeosYk


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    177: どうですか解説の名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/08(木) 22:07:55.68 ID:Ftb9K18y0
    「社会人野球・日本選手権・2回戦、ホンダ鈴鹿3-1大阪ガス」(8日、京セラドーム大阪) 阪神からドラフト1位で指名された大阪ガス・近本光司外野手(23)はバント安打と盗塁をマークしたものの、チームは延長十二回タイブレークの末に敗れて、社会人としての最後の大会が幕を閉じた。
    近本は「5番・中堅」でフル出場。四回の第2打席で、50メートル5秒8の快足を披露した。初球を投前へ転がす絶妙なバント、自慢の足で一塁ベースを駆け抜け、バント安打をもぎ取った。 さらには、すかさず二盗に成功。二塁ベースに滑り込む際に、捕手からの送球が後頭部を直撃するアクシデントに見舞われたものの、持ち味を存分にアピールした。 しかし、この後の打席で快音は聞かれず、2点を追う延長十二回1死一、二塁では左飛に倒れて、有終の美を飾ることはできなかった。 

    0b4ad42ac61a99d575cc6a92bcc5b12b

    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/11/08/0011803054.shtml

    近本の秋は終わった

    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1541680527/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    4: 風吹けば名無し 2018/11/01(木) 21:25:41.34 ID:eQwNz88M0
    <社会人野球日本選手権:大阪ガス6-5鷺宮製作所>◇1日◇1回戦◇京セラドーム大阪阪神ドラフト1位の大阪ガス・近本光司外野手(23)が鷺宮製作所戦(京セラドーム)に「5番中堅」で出場。3安打の固め打ちで、見守った虎スカウト陣を安心させた。

    2回1死での第1打席は外角の131キロをはじき返し、左中間二塁打。
    4回の第2打席は快足を生かして、一塁内野安打。6回の第3打席ではフルカウントまで粘って右前打を放った。「1打席目から、しっかりヒットが出たので、『今日はいける日だな』と思った。その後の2打席目の内野安打が自分の取りえだと思っている」と振り返った。チームはサヨナラ勝利。次戦(8日・沖縄電力とホンダ鈴鹿の勝者と対戦)に駒を進めた。「一番難しい初戦を勝ちきれた。波に乗って、チーム一丸で優勝を目指していきたい」。近本のバットが優勝に導く。

    1

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811010000890.html 

    大阪ガスー鷺宮製作所 結果 配信動画
    https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20181031/hrc/00m/050/002000d



    ええのとったわ!

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1541075093/

    続きを読む