とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    福留孝介

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/16(土) 19:14:29.48 ID:K49PnoNH0
    阪神・福留が15日、沖縄・宜野座キャンプで名物球場アルバイトにダッシュ勝負を挑んだ。競争相手は糸井も“ライバル視”する巨漢の球拾いアルバイト大学生。約20メートルのハンディをつけてスタートしながら余裕の逆転勝ち。息も絶え絶えの大学生に41歳の大ベテランは「あと4キロ痩せてこい!」と声をかけていた。

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190215/tig19021519470022-n1.html

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/16(土) 19:14:58.44 ID:K49PnoNH0
    no title

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1550312069/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    オリックスから阪神にFA移籍した西勇輝投手(28)が12日、沖縄・宜野座キャンプで自らのチーム最多を更新する150球のブルペン投球を行った。

    第3クール最終日。まずはテンポよく切りのいい100球で切り上げた。終了と思われたが、約30分後に無人のブルペンに再び姿を現し、さらに力強く50球。10日に投げた137球を上回り、今クールは目標の計300球に迫った。「常に一定のパワーで投げきる」目的で多めの球数に軸足を置いたクールを熱投で締めた。

    うれしい“サプライズ”もあった。「今日は福留さんがバッターボックスに立ってくれたことが一番うれしかった。緊張もしたんですけど、憧れている人なので幸せな時間でした」。西の67球目から100球目まで、13歳上の福留が打席に立った。厳しく攻めづらいと思っていた西に「攻めていいよ」と声を掛ける先輩の心遣いもあった。三重県出身の西は子どもの頃、福留のユニホームを着て、ナゴヤドームへ何度も足を運んだ。その「ホームランの姿、強肩、好守、パフォーマンス」は目に焼き付いている。“対戦”に気持ち高ぶるブルペンだった。

    ここまでは西の計画通りに調整が進んでいる。「自分の状態をキープできれば」と14日からの第4クールは球数を減らしていく。矢野監督は「オリックスにいた時よりは若干早めに仕上げている感じだとは思うけど、何の心配もしてないし、西らしいボールを投げられている」と信頼する。全体練習前には、1人グラウンドで走り込む姿もあった。自分のペースできっちり仕上げていく。【磯綾乃】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-20000986-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「阪神春季キャンプ」(5日、宜野座)

     福留孝介外野手(41)が中日時代に同僚だった山本昌氏(53)、山崎武司氏(50)から“長寿のゲキ”を飛ばされた。40歳を超えてもレギュラーとして活躍するベテランに、古巣のOBが大いなる期待感を抱いた。

     両氏はこの日、宜野座キャンプを訪問。福留の練習姿を目の当たりにし、熱き思いをぶつけずにはいられなかった。

     通算219勝を挙げた山本昌氏は「50歳までやれと言った」と自身が現役でプレーした年齢までの活躍を期待し「ケガがなければ何年でもできる」と太鼓判を押した。

     かつてハワイで自主トレを共に行っていた山崎氏は、一昨日に福留と食事したこと明かした。99年の優勝を共に経験したメンバー。その中で岩瀬や荒木が昨季でユニホームを脱いだこともあり「最後は孝介しかいない。頑張ってほしい」とエールを送った。

     大先輩からの「まだできる」という期待-。“長寿選手”を実現させるためにもチームの核として、今季も獅子奮迅の活躍を見せる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000019-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <阪神密着 第2回:福留孝介外野手>

    阪神福留孝介外野手(41)が沖縄・宜野座キャンプの“裏番長”としてチームを支えている。この日はブルペンで打席に立ち、藤浪ら若手投手陣のボールをチェック。キャンプ序盤にも北條ら若手野手の打撃投手を務めるなど、自身の調整と並行してチーム全体を鼓舞する姿が目立つ。今キャンプで阪神ナインの取り組みを紹介する「密着」の第2回は、セ・リーグ最年長野手の思いに迫った。

      ◇    ◇    ◇

    午後0時10分。ブルペンが緊張感に包まれた。バットを握りしめた福留が、今キャンプ初めてブルペンの打席に立った。岩貞の打席で17球、隣で投げる馬場は15球、そして最後は藤浪の打席に立ち11球。計43球を見届けると、若手投手陣に「ありがとう!」と声を掛け、自身の打撃練習のため宜野座ドームへと足早に向かった。

    野手がブルペンで打席に立つのは、実戦に向けた目慣らしの意味合いが強い。ただ、福留の「ブルペン入り」は投げた投手にも効果があった。それから数時間後。ドーム内でトレーニングをする福留のもとに藤浪が歩み寄った。両手を大きく広げる動作をしながら約10分間の講義がスタート。打者目線で気づいた点を助言した。 “外様”初の虎のキャプテンを2年務め、今季からキャプテンマークを15歳下の糸原に譲った。ユニホームから「C」マークは外れても、若手の成長を裏から支える姿勢は変わらない。キャンプ2日目には特打をする若手野手のため、打撃投手を買って出た。目を丸くする糸原、北條、植田らを相手に変化球を交えて97球を投じた。

    雨の宜野座には福留を応援するかのようにかつてのチームメートが訪れた。この日は取材で訪れた元中日の山本昌、山崎武司、川上憲伸の3氏と野球談議に花を咲かせた。「全体のことを心配していた。自分のことよりも若い選手のことを考えていた」。そう明かしたのは福留が兄貴のように慕う山崎氏だ。

    福留は無言で帰りの車に乗り込んだが、行動を見ればその思いは明らかだ。矢野監督は「孝介も素直に感じたことを教えてくれると思うから。そういう役割を買って、やってくれるのはありがたい」と感謝を口にした。鋭く目を光らせ、ゲキも飛ばす。そして、若手には惜しみなく自身の「財産」を伝える。もちろん目指す先に最下位からのリーグ優勝がある。日米通算21度目となるキャンプも、存在感は抜群だ。【桝井聡】

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神福留孝介外野手(41)が5日、今キャンプ初めて“ブルペン入り”した。投手陣の投球練習が始まると、バットを握り、ブルペンへ。

    打席に立ち、岩貞、馬場、藤浪のボールで目慣らしした。ブルペンでは中日時代の同僚である野球解説者の山本昌氏、川上憲伸氏と談笑する場面もあった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00471539-nksports-base

    続きを読む

    このページのトップヘ