とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    福留孝介

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     3月29日に2019年のプロ野球が開幕した。ルーキーたちや新監督たちの采配だけでなく、ベテラン選手たちからも目が離せない。阪神では、藤川球児(38)が「ストッパー復活」に名乗りを上げた。矢野燿大監督は、昨季32セーブを挙げたドリス(31)をストッパーに起用する方針を決めているが、昨シーズン7敗を喫しており不安は残る。

    「現役時代に藤川の球を受けていた矢野監督の期待は大きい。キャンプ中には、阪神OBの江夏豊氏も藤川のストッパー起用に太鼓判を押していた。かつての『火の玉ストレート』は投げられなくなったが、コントロールやマウンドさばきで抑えられるようになった。日米通算225セーブを挙げており、名球会資格まであと25セーブというのもモチベーションになっている」(スポーツジャーナリスト)

     阪神では、福留孝介(41)と糸井嘉男(37)も外野のレギュラーとしてフル出場を目指している。

     阪神の左のワンポイントとしてブルペンを支え、「ゴジラキラー」として名を馳せた遠山奬志氏が言う。

    「ベテランは一度失敗したら後がない。その先には“引退”や“戦力外”もチラつきます。プレッシャーはありましたが、後がない危機感は集中力につながります。

     それに、過去の実績がある選手は、その“名前”だけで相手チームに脅威に映る。打力や球速が落ちてきても“おっさんパワー”はダテじゃないんです」

    ※週刊ポスト2019年4月12日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00000013-pseven-spo

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神・福留孝介外野手が2日の巨人戦(東京ドーム)で今季初安打&初打点、チーム初のマルチ安打もマーク。プロ通算1000打点まであと「1」とした。

     「その打席でできることをしっかりやるだけ」

     まずは二回の第1打席。先発・山口の143キロの直球を中前にはじき返し、今季初安打。六回1死一、三塁で迎えた第3打席では、甘く入った変化球を引っ張り、右前適時打にした。これでプロ通算999打点目。偉大な記録に迫ったが、本人は「何かあったっけ?」と意に介さず。記録について知らされると「まあまあ」と泰然自若を貫いた。

     敵地での伝統の一戦で3-9と完敗し、「チームが勝たないと…。明日につなげていかないと意味がない」。次は勝利に導く一打を放つ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000601-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「阪神1-2ヤクルト」(31日、京セラドーム大阪)

     今季初安打が遠い。阪神・福留孝介外野手が3打数無安打で自己ワーストとなる開幕から12打席連続ノーヒット。5番に座るベテランのバットから快音が響かない。

     そんな状況でも、チームのために何とかしたかった。2点を追う四回、大山が右犠飛を放ち、1点を返した。反撃ムードが高まる中、なおも1死一塁で迎えた第2打席。その初球、福留は意表を突くセーフティーバントを試みた。

     打球は三塁方向へ絶妙に転がったが、わずかに切れてファウル。誰もが予想しなかったプレーで好機拡大を狙ったが…決まらない現状がもどかしい。

     試行錯誤しながら貢献しようとするベテランの姿勢に、清水ヘッドコーチは「うれしいですよね。サインのはずではない。工夫が見えた」と明かす。ただ、ベンチが期待するのはクリーンアップとしての一打。「打ってガッツポーズしてくれたらうれしい」と背番号8の復調を願う。

     第3打席は三振、第4打席は左飛に倒れ、プロ1年目の99年に記録した11打席連続無安打を更新した。それでも浜中打撃コーチは「(打席に)割り切って入っている。いまのところ当たってないだけで、心配はしていない」と言う。

     試合後は何も語らず球場を去った福留。2日からは敵地で宿敵・巨人との3連戦を迎える。伝統の一戦で目覚めの一撃を放てるか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00000038-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <オープン戦:オリックス4-8阪神>◇24日◇京セラドーム大阪

    「5番左翼」で開幕戦に臨む阪神福留孝介外野手が2回の猛攻に一役買った。

    大山のソロ弾の直後に、遊撃への内野安打で出塁。9番西のタイムリーで2点目のホームを踏んだ。オープン戦は13試合に出場し、打率2割8分1厘、2本塁打。順調に調整を進め、42歳を迎えるシーズンに突入する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-03241294-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「オープン戦、ヤクルト-阪神」(20日、神宮球場)

     初回に一挙5点を奪うなど打線が爆発した阪神だが、ベテランも負けてはいない。糸井が出塁し、福留が帰す。クリーンアップで、ダメ押し点を奪った。

     四回だ。2死走者なしから、3番・糸井が右中間を破る二塁打を放ち、まずは一振りでチャンスメークした。続く大山は冷静にボールを見極め、四球を選び出塁。ここで2死一、二塁となって、5番・福留に打席が回る。

     するとカウント2-2からの6球目だった。外角のスライダーを狙った。打球は一、二塁間を抜け、右前へ。この当たりで、二走・糸井も快足を飛ばし、一気にホームへと滑り込んだ。クリーンアップがつないで奪ったさらなる追加点。オープン戦残り4試合を前に、ベテランも調子を上げてきている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000077-dal-base

    続きを読む

    このページのトップヘ