とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    秋季キャンプ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/30(日)13:50:20 ID:9Sf
    「阪神秋季キャンプ」(29日、安芸)
    ナインは歯を食いしばり、バットを振り続けた。
    阪神の「1日1000スイングキャンプ」がスタート。
    朝イチから夕暮れまで安芸の空に「うりゃ~!」といううめき声とともに快音が鳴り響いた。
    「2種類のバットを用意させている。スイング数が目的じゃないけどね。
    軽いバットでスピードをつける練習と、重いバットで体全体を使って、力強いスイングを(身に)付ける。両方の目的がある」
    秋季キャンプ初日。過酷なメニューについて金本監督が狙いを明かした。決して数が目的ではない。
    「中身のある練習をすることが大事」と言い切った。


    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1477803020/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    「阪神秋季キャンプ」(29日、安芸)
    阪神の秋季キャンプが29日、高知県安芸市の安芸市営球場でスタートした。
    練習開始前には地元主催の歓迎セレモニーが行われ、金本監督、上本選手会長らに安芸市キャンペーンレディーらから花束が贈呈された。
    安芸市の横山幾夫市長は「市民一同、県民一同、心から歓迎いたします。今シーズンの成績の悔しさをバネに来シーズンは倍返し、3倍、4倍返しで戦っていただくようにファンとしてお願い申し上げます」と、2年目の秋を迎える金本阪神に激励のメッセージを送った。

    http://www.daily.co.jp/tigers/2016/10/29/0009620768.shtml 


    ss
    https://www.kochinews.co.jp/article/58655/

    到着ロビーでは、安芸市関係者や熱烈なファンが横断幕やのぼりを持って歓迎。
    「六甲おろし」が流れる中、登場した金本知憲監督に、横山幾夫・安芸市長が花束を贈ると、大きな拍手と歓声に包まれた。続いて姿を見せた選手には「頑張れ」「待ちよったぜよ」と声援が飛んだ。  阪神タイガースの秋季キャンプは11月16日まで。2、7、12日は練習が休みとなる。

    秋季キャンプをネットで見よう 
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)15:57:34 ID:Kgd
    阪神秋季練習(26日、甲子園)
    阪神は今月9日から甲子園と鳴尾浜で行っていた秋季練習を打ち上げた。
    金本監督は甲子園で「体を大きくしよう、
    強くしようというテーマで始めて、思った通りにはできたと思う」と、納得の表情を見せた。

    土台作りとなったこの秋季練習は、技術よりもトレーニングが中心だった。
    「けっこうMAXで(ウエートトレを)やらせた。限界までいって、そこからプラス2回。そうとう筋肉痛になっていたと思うよ」と明かすと
    「筋肉痛でも、ひと汗かいたら動けるようになる。“筋肉痛慣れ”というか。そのうち筋肉痛も起こらなくなる」と説明。
    限界を超えた先に、強靭(きょうじん)な肉体ができる-。その考えのもと、29日からの高知・安芸での秋季キャンプでは「両方やる」と意気込んだ。



    pe


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161027-00000031-sanspo-base

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1477551454/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/09(日)22:29:07 ID:k0m
    金本阪神が9日、2年目のシーズンに向け秋季練習を開始した。

    午前中に甲子園球場の室内で秋季練習をスタート。
    金本監督をはじめ1軍コーチ全員に投手陣は藤浪、岩貞ら8人、野手陣は高山、北條ら13人が参加した。

    初日は投手が鳴尾浜球場、野手が甲子園球場に分かれ、ランニングなどで汗を流した。
    今月下旬からは高知・安芸で秋季キャンプを行う。


    秋季練習初日に参加した選手は以下の通り。

    【投手】榎田、岩貞、藤浪、岩田、竹安、山本、桑原、伊藤和

    【捕手】小宮山、岡崎、清水、原口

    【内野手】大和、北條、上本、新井、今成

    【外野手】高山、伊藤隼、中谷、俊介

    no title


    http://www.nikkansports.com/baseball/news/1722100.html

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1476019747/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/05(水)08:14:37 ID:kVp
    2017年への“初陣”となる。29日から始まる秋季キャンプ期間中に阪神vs韓国LGを開催。
    球団関係者は「実戦は紅白戦を含めて3、4試合を想定している。LG戦も1試合、計画しています」と説明した。

    昨年の秋季キャンプでは11月3日に金本監督がファンサービスで急きょ紅白戦を実施したが、対外試合はなし。
    江越、大和らのフォームにメスを入れるなど、鍛えることに重点を置いた。
    指揮官自身も就任直後でキャンプを4日早く切り上げるなど、腰をすえて指導ができなかった。

    しかし、今年は違う。29日から11月16日までの19日間(休日含む)と、例年よりもやや長めに期間をとった。
    じっくりと選手を見ることができるため、真剣勝負の場も設けることになった。

    対外試合だからこそのメリットがある。ある首脳陣は「紅白戦と違って、攻めるところは攻めやすい」と説明する。
    高知・春野で秋季キャンプをする韓国LGとは2014年秋にも安芸で練習試合をしたことがあったが、韓国のチーム相手ならばNPB同士のような探り合いをする必要がない。
    包み隠さぬガチンコ勝負ゆえ、選手のレベルも見極めやすい。

    今春の宜野座キャンプでは特打、特守に時間を割くため、ビジターでの練習試合NGを基本方針として対外試合を減らした。
    だが、フタを開けてみればリーグワーストの失策97。
    緊迫感のある場で経験を積んでおけば-という反省もなくはない。

    高山、原口、北條、中谷らの金本チルドレンがLG戦でどんな鍛錬の成果を見せてくれるのか。
    来季への戦いは、もう始まっている。

    no title


    http://www.sanspo.com/baseball/news/20161005/tig16100505030004-n2.html

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1475622877/

    続きを読む

    このページのトップヘ