とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    秋季練習

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     阪神の北川博敏新打撃コーチ(47)が26日、秋季練習に合流して選手たちに熱視線を送った。“初仕事”となったこの日は直接指導する機会はなかったが、選手の動きを一人ずつ確認する作業に終始した。また矢野燿大監督(50)は同コーチに右打者の育成や、チームのムード作りとしての役割を期待した。

     トレードマークの笑顔が絶えなかった。2000年以来19年ぶりとなるタテジマのユニホーム。練習後、北川打撃コーチは「ユニホーム(姿)は自分では見えないので」と照れ笑いを見せた。就任後“初仕事”となった秋季練習。終始明るい表情で選手を見守った。

     フリー打撃からロングティーと、熱心にバットを振る選手一人一人に目を凝らす。身ぶり手ぶりを交えた熱血指導ではなく、この日はじっくり観察。「どんなタイプの子なのかなというのは、自分なりに感じながら見ていました」と選手の特性を把握することに努めた。

     矢野監督が新コーチに期待する一つは右打者への指導だ。「同じ右バッターのアドバイスというのはしてもらえると思う。今まで俺も選手には伝えているんだけど、また違ったアイデアだったり発想だったり、というのはあると思うんで」。中谷や江越、大山ら右打者の成長は覇権奪回に欠かせない。北川コーチの指導が殻を破る一助となれば、指揮官が描く青写真は現実に近づく。

     もう一つ期待するのがムードメーカーとしての役目だ。練習前には「普通にあいさつしたんですけど『もうひと声』と言われて戸惑って、笑いが起きたんじゃないかな…」と周囲を笑わせた。矢野監督も「色んな効果があるんじゃないかな」とうなずいた。

     久々に足を踏み入れた甲子園に「高校野球の聖地で練習ができる。幸せだなって思いました」と満面の笑みを浮かべた北川コーチ。貧打が解消されれば、虎党も笑顔になる。




    一樹さんとすれば、中日時代の教え子だった新井良太をコーチ補佐に置き、コーチングのいろはを教えたいってのもあるのかも。だとしたら北川さんには鳴尾浜で井上や小幡、藤谷を育て上げてもらわなきゃ #tigers 阪神・北川打撃コーチ就任も配属未定のナゼ(東スポWeb)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00000034-tospoweb-base 



    【10/27スポニチ紙面】 ●北川コーチ 右の大砲育てる! ●ドラ5藤田選手 奥川打ち誓う! ●藤浪投手 課題露呈 克服は安芸で! ●補強第一弾 中田投手獲得!! などなど変わらずトラ情報満載です🐯 今日もスポニチをよろしくお願いします! 記事のある選手はタグで確認⬇︎ pic.twitter.com/TBxaJW71g2



    北川コーチ、近鉄のイメージしかなかった


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神秋季練習(22日、甲子園)打ち勝つ野球へ第一歩! 阪神は22日、甲子園で秋季練習を開始した。矢野燿大監督(50)は新任の井上一樹打撃コーチ(48)の発案で1時間超のロングティーを導入。今季、苦しんだ貧打の解消に早速着手した。今季初めて規定投球回に達し、キャリアハイの9勝をあげた青柳晃洋投手(25)は、日本シリーズで巨人を封じたソフトバンク・高橋礼投手(23)を参考にすることを宣言した。

     2020年のリベンジへ、矢野阪神の2年目がスタートした。貧打克服のため矢野監督が招いた盟友・井上打撃コーチは早速、改革への第一弾。バックスクリーンへ向けて、1時間超の特盛りロングティー。指揮官も思わず驚いた。

     「まだやるんか!?」

     アップに続きキャッチボール、ノックなどで約1時間半、汗を流した。さて、普通ならケージが用意されてフリー打撃が始まるところだが…。内野グラウンドに登場したのはボールが山盛りのケースが5セット。2人1組で中堅に向かい、ロングティーが始まった。約30分間で1箱を打ち尽くした。初日はこれで終了かと思われたが…。

     全員でボールを拾うと2回目が始まった。終わってみれば200スイング以上。8日間のオフ明け、秋季練習初日。井上打撃コーチは「安芸キャンプに向けてウオーミングアップじゃないけど、体を慣らす上ではちょうどいいかな」と説明したが、ロングティーといえば飛距離アップが目的の比較的、ハードな打撃練習。“チーム打率1分アップ”を掲げた新コーチの目指すところは、初日からはっきり見えた。

     今季のチーム打率・251はリーグ4位。本塁打94本は5位、538得点と長打率・362は最下位だ。打撃のテコ入れはこのオフの必須課題。休み明けの肩慣らしとはいえ、強く振って遠くに飛ばす意識を選手らは持ってほしい。そんな意図が表れた。

     「課題としてはもちろん、ウチが点を取るという(こと)。そこをなんとか、俺もしていきたいし、そういう中で(現役時代に)一緒にやって同じ野球観とか、そういう部分でやってくれるというのが、今の時点では一番大きいよね」

     矢野監督は新コーチへの信頼を口にした。来季のリベンジに向け、テーマは明確。新たな相棒と二人三脚で、長年の課題克服に挑む。



    10/22 今日から秋季練習‼️‼️‼️🐯 頑張れ👍🐯🔥阪神‼️ https://t.co/L9TUqwAGQx



     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-10220596-nksports-base  この井上コーチと矢野監督のショットいいね。 言っておくぞ。阪神若手、中堅。井上は矢野監督より 怖いで。安芸での秋季練習怠けたら来年ないよ。



    さあ、新シーズンの始まりです! 阪神、秋季練習スタート  https://reut.rs/35TUA0x 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    阪神高山俊外野手は背番号9の大先輩からの言葉に感謝した。

    秋季練習初日は井上新打撃コーチから技術論を教わる場面も。練習後は「(今季)打ち損じが多かったというのがあって、タイミングを早く取りたいなと思っていた」と納得顔だ。

    井上コーチは中日で現役時代、9番を背負っていた時期もある。何かと縁のあるコーチの初指導に「同じ目線で話をしてくれる。聞きやすい雰囲気がありました」と笑顔だった。



    【2019阪神秋季練習初日8】 ラストは高山選手!! ※完全版は夕刊フジ運動部「公式インスタ」で!! #hanshintigers #夕刊フジ #高山俊 #秋季練習初日 pic.twitter.com/hYi6ge5sNb






    高山 覚醒しろ―! 阪神、秋季練習スタート 井上打撃コーチが初指導 | 2019/10/22 - 共同通信  https://this.kiji.is/559288686187906145 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    阪神矢野監督が井上打撃コーチとのタッグで打力強化を図る。指揮官が3学年上だが中日入団は井上氏が1年先。若手時代に苦楽をともにした間柄だ。それだけに「もともと2軍監督の経験もある。本当に人間味あふれる、寄り添ってくれる。根気よく、親身になってやってくれるコーチだと思う」と信頼感を口にした。

    打線の底上げが最大のテーマだ。「課題としてはもちろん、ウチは点を取るのは、今年1年終わってもそう。そこを何とか俺もしていきたい。一緒にやって、同じ野球観でやってくれるのはいまの時点では一番、大きい」と続けた。



    【2019阪神秋季練習初日1】 まずは〝股割り〟から、プロスカウトの木戸さん&久保田さん、井上新打撃コーチまで! #hanshintigers #夕刊フジ #矢野燿大 #木戸克彦 #久保田智之 #大山悠輔 #北條史也 #高橋遥人 #井上一樹 #上本博紀 #岩崎優 #秋季練習初日 pic.twitter.com/PxfXCkjizu



    【2019阪神秋季練習初日2】 外野で互いに打撃の談話をする矢野監督&井上コーチ。 #hanshintigers #夕刊フジ #矢野燿大 #高山俊 #大山悠輔 #北條史也 #井上一樹 #秋季練習初日 pic.twitter.com/DTJTrl1B3Z



    阪神 矢野監督「同じ野球観」 井上コーチと打線底上げ (日刊スポーツ) 期待してますょ〜 🙏😊  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-10220596-nksports-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2018/10/28(日) 07:06:02.02 ID:oJhfTgYi0
    阪神秋季練習(27日、甲子園)阪神・清水雅治ヘッドコーチ(54)が、甲子園での秋季練習で走塁面での珍トレを取り入れた。
    しゃがみこんでボールを低くほうり上げ、キャッチしたらストップ、地面に落ちたらゴーという、盗塁のスタート判断を練習させた。

     「遊び心がないと。例えばイチローは守備でテンパったところを見たことがない。いつも淡々とパンッと捕る。 一生懸命やってもポロッとしたらエラーだから。8割くらいでやった方が、という話はしている」

     “罰則”でスクワットを課せられる勝ち抜きシステムも導入し、参加した野手らも大いに盛り上がった。 盗塁するにも、根を詰めすぎずに、投手をぼんやり見ることが必要だと説く。

    egosi


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00000018-sanspo-base 

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1540677962/

    続きを読む