とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    秋山拓巳

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神・秋山拓巳投手(27)が8日、甲子園で行われた投手指名練習に参加。昨年10月に受けた右膝クリーニング手術後、初めて1軍に合流し、マウンドでの投球練習などで調整した。

     11日のDeNA戦(甲子園)で今季初先発する予定で「初回からしっかり飛ばして、まずは先を考えずにやっていけたらなと思います」と意気込んだ。金村投手コーチは「期待しかない。経験も豊富ですし」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000125-sph-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「ウエスタン、阪神-中日」(20日、鳴尾浜球場)

     昨年10月に右膝クリーニング術を終え、完全復活を目指す阪神・秋山拓巳投手(27)がウエスタン開幕戦・中日戦(鳴尾浜)で“開幕投手”を務めた。5回4安打4奪三振無失点と竜打線に得点を与えることは無かった。

     5回を投げ、問題が無ければリハビリ組から離れるとの確認を込めた一戦。先頭の根尾を1球で中飛に打ちとると、後続もピシャリと断ち切った。二回以降は毎回、安打や四球で走者を許したが、要所を締めスコアボードに0を刻み続けた。

     2月は安芸キャンプ組で、ここまでファームでの調整を続けてきたが、キャンプ期間を含めて登板した実戦5試合で無失点投球を続け、防御率は0・00。馬場や浜地との開幕ローテ争いを期待される立場の右腕が、この日も結果を出した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000090-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     阪神の開幕ローテを懸けた争いが、いよいよ最終章に入った。既にメッセンジャー、岩貞、西、ガルシア、青柳の5人は内定。残り1枠を巡り、秋山が19日のウエスタン・中日戦、馬場と浜地が21日のロッテとのオープン戦に登板する。

     キャンプ、オープン戦と2カ月にわたるサバイバルも、ようやく決着の時を迎えそうだ。最終候補は3人。現在、1軍に帯同中の馬場、浜地は21日のロッテ戦に登板する。先発は馬場の予定。「持っている力以上は出せない」と冷静に臨むスタンスを示し、浜地は気を引き締めた。

     「課題と収穫は見えている。ローテ候補に入れてもらっているので意識しながら。結果だけじゃなく、内容も求めていきいたいです」

     この2カ月、1軍を“完走”した2人に優先権はあるが、結果が乏しければ、秋山が控える。19日のウエスタン・中日戦に先発し、5イニングを投げる予定。右膝クリーニング手術からのリハビリ期間を終え、問題がなければトレーナー管轄から外れる。オープン戦登板なしのぶっつけ本番になるが、経験は3人の中では一番ある。

     「足は大丈夫なので、しっかり5回を投げきりたい。開幕に間に合うよう準備してきた。(ローテに)入れるような内容が出せたら」

     金村投手コーチは6番手について「内容次第。秋山ももちろん候補になる」と説明した。状況次第では開幕戦に先発するメッセンジャーを中5日で4月4日の巨人戦に起用し、6人目を5日からの広島3連戦に回すプランもある。いずれにせよ、次戦の3人の結果と内容が答えを導き出す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000022-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神秋山拓巳投手は、次回登板が1軍昇格への最終テストになる見込みだ。

    12日の教育リーグ・広島戦で3回を完全投球。次回は19日のウエスタン・リーグ中日戦(鳴尾浜)になる見込みで、金村投手コーチは「次は5イニングくらい投げるので。そうなるといつでもゴーサインが出るのかな、というところ」と語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-03130955-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「教育リーグ、広島1-0阪神」(12日、由宇球場)

     阪神・秋山拓巳投手(27)が3回無安打無失点と好投。5三振を奪う快投を見せ、順調ぶりをアピールした。

     6日のプロアマ交流戦・奈良学園大戦(鳴尾浜)以来の先発となった右腕は、初回から快調に飛ばした。先頭の羽月を直球で見逃し三振にきると、続く大盛は遊ゴロ、岩本を見逃し三振に抑える最高の立ち上がりだった。

     さらに圧巻だったのは三回だ。木村、白浜、永井を三者連続三振に取るなど、広島打線を全く寄せ付けなかった。この回で交代となった右腕は「1球1球の精度は良かった。うまく投げられた」と手応えを示していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000154-dal-base

    続きを読む

    このページのトップヘ