とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    秋山拓巳

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「教育リーグ、広島1-0阪神」(12日、由宇球場)

     阪神・秋山拓巳投手(27)が3回無安打無失点と好投。5三振を奪う快投を見せ、順調ぶりをアピールした。

     6日のプロアマ交流戦・奈良学園大戦(鳴尾浜)以来の先発となった右腕は、初回から快調に飛ばした。先頭の羽月を直球で見逃し三振にきると、続く大盛は遊ゴロ、岩本を見逃し三振に抑える最高の立ち上がりだった。

     さらに圧巻だったのは三回だ。木村、白浜、永井を三者連続三振に取るなど、広島打線を全く寄せ付けなかった。この回で交代となった右腕は「1球1球の精度は良かった。うまく投げられた」と手応えを示していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000154-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     右膝手術からの復活を目指す阪神・秋山拓巳投手(27)が6日、奈良学園大との練習試合に先発し2回1安打無失点と順調な回復具合をアピールした。

     2月のキャンプ中に2度の実戦登板を経て、今春初の先発マウンド。得意のカットボールも駆使しながら危なげない投球で格下の大学生を封じ「準備も、ゲームの入りもしっかり先発の流れで入れた」と手応えを口に。甲子園での1軍全体練習を終えた矢野監督も視察に訪れる中、逆転での開幕ローテ入りへ確かな一歩を記した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000079-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神秋山拓巳投手が6日に行われる2軍と奈良学園大とのプロアマ交流戦で先発する。秋山は昨年10月に右膝のクリーニング手術を受け、2軍キャンプスタート。

    キャンプ中は2月20日に手術後初めて実戦登板し、同26日にも1イニングを投げるなど順調にステップを踏んでいる。3月中旬にも1軍オープン戦登板の可能性がある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-03050813-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    右膝手術から復活を目指す阪神秋山拓巳投手(27)が、先発ローテ入りへ意欲満々だ。

    27日、2軍は安芸キャンプを打ち上げた。右腕は「上(1軍)の投手も気になったし、そろそろ秋山もいくぞ、というところを見せて、(投手陣の)競争意識を高め、みんながいい方向へ進めるように。そういう投球をしたい」と目をぎらつかせた。矢野監督も「2軍に行っているから開幕ローテに入れないことは一切ない。そこを含めての競争」と話す。

    前日26日には、復帰後2度目の実戦マウンドに立った。2番手で登板し、1回を無安打2奪三振、無失点投球。わずか7球で終えた秋山は「思ったより強い球を投げられた。まずしっかり投げること。それができれば通用する投球になると思います」と話した。手術後、右膝が動くようになり、体重も前に乗るようになった。感触を確かめるように、この日もブルペン入りし91球を投げた。

    故障明けのため慎重に進めるが、今後はイニング、球数を増やしていくことになる。次回は、3月6~10日にかけて行われる2軍の練習試合(奈良学園大、近大)、中日との教育リーグ(ともに鳴尾浜)の5試合のいずれかで、2イニング程度投げる見込み。心身ともに“1軍仕様”に切り替えていく。【高垣誠】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-02270767-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「阪神2軍春季キャンプ」(12日、安芸)

     昨年10月に右膝クリーニング手術を受け、完全復活を目指す秋山拓巳投手(27)が12日、シート打撃に登板した。順調な投球を披露した右腕について平田2軍監督は「次は実戦」と話し、早ければ20日・西武戦(東部)登板の可能性が出てきた。

     大きく振りかぶるダイナミックなフォームから秋山が力強い球を投げ込んだ。熊谷、俊介ら延べ9人に31球。3三振を奪った。「問題なく投げられたので、今の段階ではよかった」と安どした。

     指揮官は「左打者のインコースが狙ったところにいっていた。課題を持ってやっている」と評価。打者感覚や試合勘をつかむためにも、2月中の実戦登板を示唆した。

     開幕ローテ入りを視野に入れる秋山は「(開幕から)逆算して進んでいる。今日投げたことが次に生きてくる」とする。次のステップは実戦での登板。「やりたいことをやれたら。精度を上げられるように」。17年、12勝を挙げ勝ち頭だったあの勇姿を-。虎党の誰もが完全復活を待ち望む。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000033-dal-base

    続きを読む

    このページのトップヘ