とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    糸井嘉男

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

     20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 阪神-巨人戦』で解説を務めた田尾安志が、阪神・糸井嘉男の守備について言及した。

     初回、巨人・坂本勇人がライトへ放った浅い打球をヒットにしてしまうと、田尾氏は「糸井の第一歩の遅さ。ボーっと見てからスタートしています」と厳しく指摘。

     さらに、3回にヤングマンが放ったライトへのフライをスライディングキャッチした場面にも「ちょっと後ろに守りすぎ。今日の風は昨日の風と違って、どちらかというとライトからホーム方向へ風が吹いていきますから。それであんな後ろ守るというのは…」と糸井の守備位置に疑問に感じたようだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00186315-baseballk-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    <阪神4-12巨人>◇19日◇甲子園

    10年ぶりに2番で先発した阪神糸井嘉男外野手が、猛打賞でベンチの起用に応えた。巨人菅野対策で組んだ超攻撃的オーダー。その肝が、日本ハム時代の09年9月12日ロッテ戦以来の2番に入った糸井だった。

    1回は菅野から右前打で出塁。6回には二塁内野安打、8回には左腕高木から右翼手の頭を越える二塁打。守備のミスも多発し大敗した伝統の一戦で、自身今季初の3安打を放ち気を吐いた。

    神宮からの移動日ゲームとなったこの日、糸井は甲子園での試合前練習に姿を現さず、室内練習場で調整した。試合前には「今着いたわー」などとジョークをいいながらベンチ入り。サプライズ起用にも超人は余裕たっぷりだった。だが、試合後は険しい表情のまま、沈黙を貫いた。8回には二塁走者として、大山の二塁打で本塁で憤死した。悔しさを、次にぶつけるしかない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-04191026-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神は19日、巨人戦(甲子園)に大幅な打順変更で臨み、糸井が阪神では初めて、日本ハム時代の2009年以来10年ぶりとなる2番に入った。一回1死の第1打席では、菅野から右前打。得点にはつながらなかったが、さっそくチャンスメークした。

     また中谷が昨年6月23日以来の3番に入り、1軍昇格したばかりの陽川が「7番・一塁」でスタメン出場した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000554-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <阪神2-5DeNA>◇11日◇甲子園

    阪神糸井嘉男外野手がマルチ安打の活躍を見せた。1回1死一塁から右中間への二塁打でチャンスを広げ、5回にも投手への内野安打で出塁した。

    今季12試合で5度目の複数安打となったが、いずれも得点には結びつかず、9回は二ゴロに倒れ最後の打者となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-04111149-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     3月29日に2019年のプロ野球が開幕した。ルーキーたちや新監督たちの采配だけでなく、ベテラン選手たちからも目が離せない。阪神では、藤川球児(38)が「ストッパー復活」に名乗りを上げた。矢野燿大監督は、昨季32セーブを挙げたドリス(31)をストッパーに起用する方針を決めているが、昨シーズン7敗を喫しており不安は残る。

    「現役時代に藤川の球を受けていた矢野監督の期待は大きい。キャンプ中には、阪神OBの江夏豊氏も藤川のストッパー起用に太鼓判を押していた。かつての『火の玉ストレート』は投げられなくなったが、コントロールやマウンドさばきで抑えられるようになった。日米通算225セーブを挙げており、名球会資格まであと25セーブというのもモチベーションになっている」(スポーツジャーナリスト)

     阪神では、福留孝介(41)と糸井嘉男(37)も外野のレギュラーとしてフル出場を目指している。

     阪神の左のワンポイントとしてブルペンを支え、「ゴジラキラー」として名を馳せた遠山奬志氏が言う。

    「ベテランは一度失敗したら後がない。その先には“引退”や“戦力外”もチラつきます。プレッシャーはありましたが、後がない危機感は集中力につながります。

     それに、過去の実績がある選手は、その“名前”だけで相手チームに脅威に映る。打力や球速が落ちてきても“おっさんパワー”はダテじゃないんです」

    ※週刊ポスト2019年4月12日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00000013-pseven-spo

    続きを読む

    このページのトップヘ