とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    糸井嘉男

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3


     沖縄・宜野座キャンプ中の阪神・糸井嘉男外野手(37)がプロ16年目にして初めて、同僚の打撃指導を行った。その相手が外国人選手2人だというのだから、ビックリだ。

     「前々からジェスチャーを交えて会話はしたりしとったで。俺、球場から宿舎へのワゴンタクシーは外国人選手と一緒が多いねん。そういうのも縁やけどね」

     第3クール最終日の12日、メイン球場に隣接するドームで打ち込む糸井に熱い視線を送っていたのは、新助っ人のジェフリー・マルテ内野手(27)=前エンゼルス=と昨季途中に加入したエフレン・ナバーロ内野手(32)。その後、助っ人たちの方から「バッティングを教えてほしい」と切り出した。

     これには糸井も仰天。「まさか外国人選手が『糸井サン、打撃でどこを意識してるの?』と聞いてくるなんて思わんよ。そんなん、初めての体験やで!」と目を白黒させた。

     糸井同様、今季の虎打線の軸として期待される2人が教えを請うたのは、投球に対してバットを出す角度など。その場で通訳を交え約15分話し、さらにロッカールームに場所を移して、『YouTube』でメジャー史上最多の762本塁打を放ったバリー・ボンズ、エンゼルスの主砲マイク・トラウトらの映像を見ながらアドバイスを送ったという。

     「以前はバットは(ボールに対して)最短距離で出すのが主流やったけど、今は(バットを)寝かして打った方がいいとか話した」

     糸井が時間を忘れて熱心に助言したのは、2人が謙虚で真摯な姿勢を示したから。ナバーロもマルテも来日前にメジャー経験があり、「普通、メジャーを経験している人が日本人選手に『教えてください!』ってのはない。ホンマ、そこは2人とも研究熱心やと思う。彼らが打てば、打線全体が活気づいて俺も助かるしな」とうなずく。

     ベテランの域に入っても、昨季チームトップの打率・308(規定打席数以上)、チーム最多の16本塁打をマークし衰え知らず。それでも今季の目標は「そら、キャリアハイを目指すよ」と言い切る。

     そんな超人ぶりを察知し頼ってきた外国人選手を“門下生”としてしっかり指導しつつ、自身のバットにも生かすつもりだ。(山戸英州)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000007-ykf-spo

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     屈強な男たちによる「作戦会議」が行われた。午前中の打撃回りで同じ班だった阪神の糸井、マルテ、ナバーロの3人が宜野座ドームで打撃について語り合った。バットを持った3人による、通訳を介した談義は15分にも及んだ。その一幕を、マルテが明かした。  「バッティングの違いというか、自分たちを助けるという意味で、お互いアドバイスをしていたよ」

     日本球界で結果を残し続ける糸井と、これから結果を残したい助っ人2人の意見交換の場。ジェスチャーを交え、スマートフォンで映像を見ながらの議論は深部まで及んだ様子だ。詳細こそ明かさなかったが「糸井さんは素晴らしい打者なので、どういうアプローチで打っているのか聞きたかったんだ」とナバーロが振り返ったように、有意義な時間をそろって過ごした。

     主軸としての活躍を期待される糸井とマルテ。そして、昨季66試合で打率・276を記録したナバーロは打線に欠かせないピースだ。日本球界で培った経験と海外野球のノウハウの交換は、3人にとっても、チームにとってもプラス材料。糸井は「(新たな学びは)あったよ」と笑顔で語るなど、実りある「作戦会議」となった。(巻木 周平)

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/02/13/kiji/20190213s00001173021000c.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/09(土)20:21:59 ID:iLk
     プロ野球阪神は9日、沖縄・宜野座の1軍キャンプ第3クールがスタート。

    糸井嘉男外野手(37)が室内でのマシン相手の打撃練習で“剛速球対策”を行った。「クソ速かったッス」。マシンのレバーを自ら操作して球速アップ。うなりを上げながら放たれたボールに思わず「はえ~」とビックリだ。それでも約50分打ち込み、ドーム内に乾いた音を響かせた。球団関係者によると、マシンは通常130~140キロに設定されているといい、今回は150キロ以上のスピードが出ていたとみられる。また、糸井はこの日、今キャンプ自身初となる屋外での外野ノックに参加した。
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190209/tig19020919470012-n1.html

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1549711319/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神春季キャンプ(5日、沖縄・宜野座)思わぬ場外戦!? 阪神の沖縄・宜野座キャンプは雨天のため屋内での練習となり、ジェフリー・マルテ内野手(27)と糸井嘉男外野手(37)がメディシンボールを使ったトレーニングで怪力を競った。結果は糸井の勝利だったが、新助っ人のパワーには超人も太鼓判。マルテはあす7日の紅白戦出場にもスタンバイOKを宣言し、期待は高まるばかりだ。

     糸井のパワーを見たマルテの、負けず嫌いに火がついた。重さ約3キロのメディシンボールを両手で頭上に投げる体幹トレーニング。糸井が投げれば、負けじとマルテも投げる。5回で終わる予定が、競ってそれぞれ約10回も投げた。

     「言われたメニューをしっかり自分の中で全力でやろうと思った。あれは筋力と言うよりもテクニック。パワーどうこうは考えていなかったよ」

     助っ人はサラリと応えたが、熱が入っていたのは明らかだった。マルテが投げると、筒井外野守備走塁コーチがその高さに感嘆の声をあげて大盛り上がり。それを見ていた糸井も参戦。投げ上げた高さではなく滞空時間を計測していたのだが、M砲の2秒68に対し、超人は2秒74。勝利を収めた!? ものの糸井は「スゴいよ、あいつ」と目を丸くした。ちなみに1位は藤浪で2秒77だった。

     新助っ人への期待は日増しに高まる。矢野監督は初実戦となる2月7日の紅白戦(宜野座)への飛び入り参加OKの意向を示しているが、伝え聞いたマルテは「自分としては準備できている」とキッパリ。昨年もロサリオが2月7日の最初の紅白戦に出場したが、実現すれば2年連続で新外国人としては珍しい早期実戦となる。本人がヤル気なだけに、いきなりベールを脱ぐ可能性もある。  「1日1日、自分のルーティンを確立したい。試合で自分の打席が回ってきたら、しっかりやりたい」

     あいにくの雨天となっても調整に問題なし。新4番候補は、着実に牙を研いでいく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000022-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/05(火) 17:41:38.67 ID:IFjTSTFv0
    阪神・糸井嘉男外野手(37)が「80歳の恋人」と再会した。

    沖縄・宜野座キャンプ第1クール最終日の3日。午後3時からメーン球場で開かれた少年野球教室終了後、帰路につこうとした際、“虎の超人”の元へと駆け寄る女性の姿があった。

    昨年3月に夕刊フジでも紹介したこの女性、オリックスからFA移籍した初年度の2017年、右膝関節炎で春季キャンプが別メニュー調整となり、
    連日通った、プールを備えた健康施設で「オッス!」「メッス!」とコミカルなあいさつを交わす間柄となった“おばあちゃん”だ。

    最初こそ会釈する程度だったが、徐々に打ち解け、くだんのやり取りが始まった。移籍2年目の昨季は通常メニューだったため、施設に足を運ぶ機会が激減。
    「会わんまま関西に帰るのはイヤやねん」と気をもんだが、キャンプ最終盤に訪れた際、奇跡的に再会。「やり取りを覚えていてくれていたのがマジでうれしい」とはにかんだ。

    この日、突然メーン球場で目の前に現れた懐かしい顔に、糸井は「おばあちゃん、久しぶり~。元気なん?」と大喜び。
    女性は差し入れのドリンク10本が入ったポリ袋を手渡しながら「糸井さん、今年はプールいつくるの?」と再訪を熱望した。

    恋人のように待ち焦がれるおばあちゃんの気持ちをくんだ糸井も「うーん、そろそろプール行かないとね」と応じた。

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/05(火) 17:42:01.19 ID:IFjTSTFv0

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1549356098/

    続きを読む

    このページのトップヘ