とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    糸井嘉男

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/08(月) 05:49:26.19 ID:CAP_USER9
    セ・リーグ 阪神6―0広島 ( 2017年5月7日 甲子園 )

    4、6、8回。得点を奪った3度の攻撃すべてに阪神・糸井が顔を出した。

    4回無死一塁では追い込まれながら過去5打数1安打で苦戦気味だった九里の直球を打ち返し、鋭く一、二塁間を抜いて好機を拡大。
    2死から鳥谷の先制打で二塁から一気に生還。
    際どいタイミングながら俊足を飛ばし、滑り込むことなく本塁を踏んだ。

    6回は無死一塁から冷静に四球を選んで出塁。
    貴重な追加点へつながる好機を整え、自らも2得目を記録した。
    先頭打者だった8回は高橋樹の外角直球を鮮やかに中前へはじき返し、代走で大和を送られた。
    つなぎ役にも攻撃の起点にもなり、11度目のマルチ安打で打率・330へ上昇。リーグトップの出塁率も・452へまた押し上げた。

    昨季王者の広島から奪った会心の同一カード3連勝。
    快勝の帰り道でも上機嫌で「この感じをキープしていきたいですね。明日からまた頑張ります!」と声がはずんだ。
    ただ、“首位”という言葉には表情を引き締めて反応。「いや、まだまだです」。開幕からちょうど30試合を消化。慢心はない。


    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/05/08/kiji/20170508s00001173094000c.html
    2017年5月8日 05:30

    no title


    http://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2017/cl2017050703.html
    試合スコア

    引用元: ・【野球】阪神・糸井 全得点絡んだ「この感じをキープしていきたい」3打数2安打 .330 4本 25打点 3盗塁

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/04(木)16:48:11 ID:rZn
    3


    3番 糸井(36) .327 4本 21打点 出塁率.448
    4番 福留(40) .330 3本 18打点 出塁率.433

    ガチで12球団最強やない?

    引用元: ・3番糸井(36) 4番福留(40)のコンビwwwwwww

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/05/04(木) 19:17:58.88 ID:G6ZgYKCBM
    異例!審判団が阪神に事情説明 3日ヤクルト戦のクロスプレーめぐり

    3


    http://news.livedoor.com/article/detail/13020182/

     異例の即日、改善説明-。
    3日のヤクルト-阪神戦(神宮)で三走・糸井と捕手・中村のクロスプレーをめぐり、「コリジョン(衝突)ルール」
    があったにもかかわらず、プレーを続行させた問題で、阪神・谷本修常務取締役連盟担当は一夜明けた4日、
    「昨日の試合後、すぐにNPBを通じて、警告を取るべきだったと説明がありました」と明かした。
    それと同時に「ビデオで何度も検証してくれたようです」と審判団の姿勢に感謝した。

     問題となったシーンは阪神が1点リードする八回一死一、三塁で三走・糸井が鳥谷の一ゴロで本塁突入。
    中村の左足が走路をふさいでいた中、糸井は右足を差し込むしかなかった。判定はセーフも金本監督は新ルールにのっとっていないことに試合後、激高。
    「あれは警告の判断をして欲しかった。捕球動作に入る流れという疑いがあったみたいだけど、一塁から(の送球)なんで、絶対にありえない」としていた。

    引用元: ・【朗報】糸井コリジョン、NPBが阪神に謝罪していた [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/03(水)21:09:25 ID:Qo0
    阪神は3日のヤクルト戦(神宮)に8-4で打ち勝った。

    5-1で迎えた8回に3番手・マテオが1点差に詰め寄られる不穏な展開となったが、9回に福留の適時二塁打などで3点を追加して逃げ切った。試合後、金本監督は「勝った気がしなかったね、今日は」と言いながらグッタリと腰を下ろした。

    すんなりと勝てなかったことに加えて、この日は8回に糸井と相手捕手・中村のクロスプレーで肝を冷やした。
    一死一、三塁で鳥谷が放った一ゴロをヤクルト・荒木が本塁へ野選。この際、中村が走路をふさぐようにブロックしたため、糸井の右ヒザと激突した。右ヒザに故障歴のある糸井は8回裏の守備から大事を取って退いた。

    このプレーに指揮官は
    「(審判には)警告の判断をしてほしかった。捕球動作に入る流れの疑いがあるということだったけど、一塁からの送球だったからね。それは絶対にあり得ないんだから。前にそれても絶対に捕れるんだから、そこはきちんと見てもらわないと。
    ショートやサードだったら、こちら(三塁)側にそれることは偶然あるけど。ちゃんと見てもらいたい」
    と語気を強めた。

    糸井は試合後「(本塁への突入は)あの1点が大事だと思っていた」と振り返り「ちょ~痛~い」と冗談めかして話したが、ベンチではヘルメットを投げつけて怒りをあらわにした。責任感が強く、闘志をむき出しにした糸井の姿に、金本監督も黙ってはいられなかった。

    ebe4a8474ae52bfb5a9affc36480809f


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00000029-tospoweb-base

    引用元: ・阪神・金本監督 糸井へのブロックで審判に苦言「警告の判断してほしかった」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: どうですか解説の名無しさん@\(^o^)/ 2017/05/03(水) 19:05:03.72 ID:f8YohSBz0
    3

    PGh46o4



    引用元: ・糸井がブロックした中村にブチギレwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    続きを読む

    このページのトップヘ