とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    紅白戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     ◇阪神紅白戦 紅組7―1白組(2019年2月11日 宜野座)

     阪神のドラフト1位・近本(大阪ガス)は初対戦の藤浪に力負けしなかった。「2番・左翼」で出場した紅白戦。速球2球に手が出ず簡単に追い込まれた。ボールになった変化球を挟んだ4球目。151キロの外角球に力強く踏み込み、鋭く三遊間を抜いた。

     「狙っていた球でも、コースでも、なかったんですけど、いいところに飛んでくれてよかった」

     社時代に甲子園出場はなく、大阪桐蔭のエースとして春夏連覇した藤浪は同世代でも、ずっと遠い存在だった。時は巡り、高校時代を通じても今回が初対決。その最初のスイングで捉え、「晋太郎から打ったヒットは非凡なものがあるなと思った」と矢野監督をうならせた。

     自慢の足でも魅せた。続く鳥谷の打席で待望の「初盗塁」を記録。迷いなく初球に走った。7日の紅白戦では二盗に失敗し、10日のシート打撃では実戦形式で盗塁を決めたとはいえ、出塁から2人目の打者を迎えた場面。「(最初の打者の)初球に走れなかったので負けだなと思う」と悔やみ、次こそは…と心に決めていた。

     「今日は絶対に初球から走ってやろうと思っていたのでよかった」

     反省をすぐ行動に結び付け、アピールに成功した。同じように痛恨のミスも糧にすればいい。1死から四球を選んだ6回だ。再びスタートを切り、勢い余って中谷が二飛を打ち上げても全力で三塁まで駆けた。原因はアウトカウントの勘違い。「最後の走塁は自分のミスです。しっかり準備ができてなかった」。猛省はしても、うつむくことはしない。「盗塁だったり、走塁を教えてもらっているので、次もどんどん走っていきたい」。失敗を恐れず、前を向いた。(長谷川 凡記)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000059-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/12(火) 01:16:16.41 ID:nTzYcOaR0
    紅白戦
    1打席目
    no title


    2打席目
    no title

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1549901776/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3


     阪神春季キャンプ(11日、沖縄・宜野座)4年目の板山が会心弾でアピールに成功した。0-6の二回一死から藤浪の甘く入ってきたカットボールを捉え、右中間スタンドへ“今季1号ソロ”をかけた。

     打撃練習では直球を待つなかでの変化球への対応をテーマに設定中だが、最高の形で結果が出た。「アピール合戦なので。みんなも結果を残していて相当、気合、気持ちを入れて打席に入っていました」と胸を張った。

     外野の一角を狙い、2試合連続2安打と好調をキープしている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000605-sanspo-base



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3


    阪神の紅組1番江越大賀外野手は2打席連続二塁打で存在感を示した。

    1回は先頭で3ボールからファーストストライクをたたき「練習でもそういう意識でやっていたので、実戦で出せたのは良かったと思います」。清水ヘッドコーチは「個人的には、すごく評価している」と納得顔だった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00479285-nksports-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3



    阪神ドラフト4位の齋藤友貴哉投手(24=ホンダ)が11日、快投デビューした。

    プロ初実戦は紅組の3番手で臨み、5回からの2回を1安打1四球で無失点。「最初なので浮ついた部分もあったけど、梅野さんに助けていただいてなんとか投げられました。(直球は)感じがいい球も何球かあったので、その率を増やしていけるように、実戦だったりピッチングをやっていきたい」と笑顔で振り返った。

    5回は先頭でいきなりホンダ時代の同僚、ドラフト3位木浪とルーキー対決。中前打を許して「木浪がプロ初打者ということで、やられたので、進化して抑えたいという気持ちです」と苦笑い。ドラフト1位近本との初対決では「少し力んだりして」四球を与えたが、最速147キロで上本から空振り三振を奪うなどアピールに成功した。激しい1軍中継ぎ争いに割って入る。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00479264-nksports-base

    続きを読む

    このページのトップヘ