とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    能見

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3
     「DeNA2-3阪神」(24日、横浜スタジアム)

     石川のバットが空を切ると、阪神・藤川球児投手(38)は珍しく派手なガッツポーズを見せながら三塁ベンチへ向かった。この試合最大のピンチを切り抜けたのは、百戦錬磨のベテランだった。

     「自分はどこでも任せられたところで」。

     3連投のジョンソンではなく、八回のマウンドに上がった藤川。2死一、二塁のピンチを迎えた。試合の行方が決まる正念場。フルカウントからの7球目、こん身の直球で石川を空振り三振に仕留めた。3連投となったが、4月27日の1軍再昇格後、自身11試合連続の無失点。「(それは)まだまだやめておきましょう」と苦笑しながら、勝利の余韻に浸った。

     6日のヤクルト戦(神宮)から黒のグラブを使用している藤川。「気分転換ですよ。変えた意味は企業秘密」と不敵に笑う。3年前、当時まだ背番号18だった刺しゅうが施されたグラブで、猛虎の生命線を支えている。

     六回から登板した守屋が1回1/3を無安打無失点。「きょうは絶対抑えようという気持ちで」。前回登板した17日の広島戦(甲子園)では1死も取れず無念の降板。悔しさを糧に意地を見せた。後を受けた能見も無失点。「守屋が頑張ってくれた」と後輩を称えた。

     そして“トリ”はドリス。得点圏に走者を許しながら本塁は踏ませず、今季初の4連投を乗り切った。ブルペン陣に焦点が集まる一戦にも「チーム全体で勝った勝利」とナインをねぎらった。

     福原投手コーチは「まだまだシーズンは長いので」と3連投だったジョンソンを温存した起用を説明。PJを使わず接戦で勝利したからこそ1勝の値打ちは高まり、中継ぎ陣の絆は深まる。「とにかく目の前の試合を全力で取りに行くだけ」と球児。鉄壁の中継ぎ陣が、チームの上位進出を支えていく。

    ◆阪神の4連勝は4月28日~5月1日以来、今季2度目。すべて1点差での4連勝は07年9月5~9日(5連勝=球団最長)以来、12年ぶり。この時は10連勝期間中の6連勝目~10連勝目だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-00000026-dal-base



    🐯ジョンソン休ませても... 鉄壁0封リレー! 12年ぶりの1点差4連勝❗️👍 #阪神タイガース #阪神の最強リリーフ陣 デイリーさん pic.twitter.com/OiB5N07Aw4



    シーズン序盤から中継ぎ抑えがフル稼働。これでは夏に息切れ必死。投手陣が頑張って勝ちを拾っている今の間に、打線の奮起を! ジョンソン休ませても鉄壁0封リレー 阪神12年ぶりの1点差4連勝(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-00000026-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/09/19(月) 08:00:01.47 ID:CAP_USER9
    阪神・能見篤史投手(37)がシーズン残り試合で、来季セットアッパーとしての適性をテストされることが18日、分かった。

    「適性を一度、見てみたいというのはある」

    球団関係者が「超変革」構想の一端を明かした。5回途中4失点した前日17日のDeNA戦(甲子園)から一夜明け。
    能見の姿は中継ぎ陣とともにあった。
    先発投手の登板翌日とは、明らかに異なる練習メニュー。出場選手登録の抹消がなかったという事実は、来るべき登板機会に備えてのものだった。

    「中継ぎって昔みたいに先発ができないから中継ぎって感じでもないから。
    7、8、9回を投げる投手は先発同様、もしくは先発以上に重要なポジションだから」

    この日、金本監督が個人名を挙げることはなかったものの、左のセットアッパー増員に向け、チームはすでに動き出している。
    今季、シーズンを通して登板したのは高橋ただ一人。
    榎田、島本らの好投もあったが、故障などがあり定着するには至らなかった。

    手薄なポジションであることは否めず、4月28日に抹消となって以降、2軍調整していた岩田が9月10日のヤクルト戦(神宮)、
    15日のDeNA戦(甲子園)でリリーフとして登板。
    前日のDeNA戦(甲子園)では、先発ローテーションの一角を担ってきた岩崎が3点ビハインドの9回から投げ、1イニングを無失点に封じていた。

    今季の能見は先発として8勝に終わったが、146イニングで125三振を奪うなど、奪三振率の高さはまだまだ健在。
    何より豊富な経験もあり、セットアッパーとしての適性は十分と言えるだろう。
    前日の敗戦でCS進出が断たれたとはいえ、消化試合は存在しない。
    わずか7試合でも、多くの新たな可能性を探ることはできる。巻き返しの2017年シーズンへ。
    ベテラン左腕のリリーフ起用が、目玉の一つとなるかもしれない。

    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/09/19/kiji/K20160919013385000.html
    2016年9月19日 06:50

    no title

    引用元: ・http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/mnewsplus/1474239601/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/09(月) 01:20:27.18 ID:6pVIjAkF0.n
    no title


    そうか

    引用元: ・http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/livejupiter/1462724427/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/04/30(土)11:14:13 ID:
     
    似合ってるけどなんでや…
     
    34:2016/04/30(土)11:25:24 ID:
    >>1
    おばはんファンにハァハァされるの嫌になったんやない?
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/04/24(日) 16:25:24.74 ID:

     「広島2-6阪神」(24日、マツダスタジアム)

     阪神が能見の好投で、3カードぶりの勝ち越しを決めた。

     二回に岡崎の中犠飛と高山の適時打で2点を先制。1点差となった五回には、高山が右翼席へ2号2ランで加点。七回には1死一、二塁で、代打・福留の2点二塁打でダメを押した。

     投げては能見が5安打2失点に抑え、今季初の完投で2勝目を挙げた。前回の登板となった15日の中日戦で2回6失点KOされただけに、リベンジとなった能見は「何とか長いイニングを投げたいと思っていた。味方がいい感じに点を取ってくれたので、いい感じで投げられた」と、チーム1番乗りとなる完投勝利を喜んだ。

     2000安打にあと3と迫っていた広島・新井に2安打を許したが、「(2000安打は)別のところでやってもらえれば」と話していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160424-00000074-dal-base
     
    おっさん元気やね
    2:2016/04/24(日) 16:25:54.31 ID:
    能見叩く奴ってにわかよな
    続きを読む

    このページのトップヘ