とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    能見さん

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    2



     阪神の能見篤史投手(40)が11日、西宮市内の「子育て総合センター付属あおぞら幼稚園」を訪問し、玩具の贈呈式に参加した。

     14年から続けている活動で西宮市内、自身の出身地となる豊岡市内の公立幼稚園などにおもちゃをプレゼントした。昨季途中から中継ぎに転向し、今季からは1試合登板につき2万円相当の玩具寄贈を決めていて今回は102万円相当(51試合登板)の玩具を各施設に寄贈。この日はストラックアウトのできる的当てボードを自ら手渡した。その後、園児たちと実際にプレーしボールが外れた際に「あ~」とため息が漏れると「(甲子園で)よく聞くわ、この声」と苦笑いを浮かべていた。




    能見サンタ( ´ ▽ ` )🎁🎄✨ 阪神 能見、幼稚園訪問でおもちゃ贈呈 園児とストラックアウト挑戦も― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/12/11/kiji/20191211s00001173125000c.html 



    今日はメガネの能見サンタさん🎅💕


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2



     阪神・能見篤史投手(40)が11日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約交渉を行い、1500万円ダウンの9500万円でサインした。

     「妥当かなとは思います。来年に向けて、『優勝したい』と球団の方もいってくれて。それに向けてしっかりと戦力になれたらいい」

     今季は中継ぎ陣の一角として自己最多51試合に登板したが、1勝2敗、防御率4・30の数字には「物足りない。防御率もそうですし、安定感という部分でも足りなかった」と悔しさをにじませた。

     2017年の43歳シーズンで、50試合に登板した岩瀬仁紀(中日)を1試合超え、40代最多登板の新記録を更新。1500奪三振にもあと「23」に迫る。阪神所属時の通算記録で達成したのは村山実、江夏豊、小山正明の3人だけだ。

     虎の鉄腕は「不完全燃焼という思いは強いです」と表情を緩めることはなかった。今オフは球数を投げ込む先発時代の調整も取り入れる方針で、来季に向けて万全の状態に仕上げていく。(金額は推定)




    能見さん1億きった(´;ω;`) 勝ち試合でも負け試合でも投げてた40才……よく頑張ってくれたと思うんやけどね 本人が不完全燃焼って言ってるし来年また頑張ってくれることを信じて祈る🙏



    能見さん1500万円ダウンは意味不明



    他のピッチャーが良すぎて、 能見さんの減俸が妥当と思ってしまう なぜだ。 減俸でも500万ぐらいおもたら 1500て。デカすぎる。 そんな悪かったっけ?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     阪神・能見篤史投手(40)が6日、サンテレビの「熱血タイガース党」に生出演し、あと23と迫った通算1500奪三振に、ひそかに意欲を見せた。過去に阪神在籍期間だけで金字塔を積み上げたのは村山実氏、小山正明氏、江夏豊氏の3氏と名球会レジェンドの名が並ぶ。

     「うーん。どうですかね。投げていれば増えていくものなので。元々、先発もやっていたので三振率も多く(高く)なるというところはあるんで」と自らが残してきた実績には謙そんしていたが「意識はします」と色気を見せた。

     今季は元中日の岩瀬仁紀氏以来2人目となる40歳以上での50試合以上登板(51試合)を達成。だが、防御率は4・30と「不完全燃焼」のシーズンだった。「(打たれ続け)1点で終わらないケースが多かった。感覚は良くなかったですね。球数は少し(来春の)キャンプから増やそうかなと思っています」と先発時のような投げ込みを解禁する構えだ。

     ブルペンを支えたジョンソン、ドリスが保留選手名簿から外れており、来季もリリーフとしてフル回転の期待がかかる。今後の現役生活について問われ「体が動くまで。球団から言われるまでの予定です。実際どうなるか分からないので。1年1年勝負のつもりです」とさらなる活躍を誓った。




    能見さん1500奪三振まで後23! #熱血タイガース党



    能見、1500奪三振まであと23。 タイガースだけで言えば、村山さん小山さん江夏さんに続いて4人目になる。改めて凄いな。 #hanshin #suntv


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     阪神・能見篤史投手(40)が6日、サンテレビ「熱血!タイガース党」(金曜・後8時)に生出演。これまで打ち取って一番うれしかった相手を「新井さんです」とかつて同僚としてもプレーした元広島・新井貴浩氏の名前を挙げた。

     能見は「新井さんによく打たれていたんで。新井さんの最終打席、僕が打ち取ったので、あの時は僕の総勝ちなので」と説明した。新井氏のプロ最終打席は18年10月3日、マツダスタジアムでの阪神戦。八回無死、代打で登場し、能見がうまくタイミングを外して二ゴロに打ち取った。

     一方で打たれて一番悔しかった相手では「ピッチャーに打たれるとめっちゃ悔しい」と答えた。今季も7月25日のDeNA戦(甲子園)で今永に適時打を浴び、そこから計4失点。2軍降格を味わった。

     阪神投手陣最年長の40歳となったが、今季は救援として51試合に登板。40代での50試合以上登板は岩瀬仁紀氏に続き、史上2人目の快挙となった。「体が動く限りは。あとは球団から言われるまでの予定」とまだまだ現役を続けることに意欲十分。矢野監督から話があったわけではないというが、来季もリリーフとしてマウンドに上がる決意を示した。




    熱血タイガース党で能見さんのワインドアップ見られた✨✨ ああステキ💕しあわせ💕 pic.twitter.com/Uc0SvaQ337



    熱血タイガース党🐯観ました。 今日は能見投手が出てました😊 リクエストがあり、久しぶりにワインドアップからのフォームが見れました😊 このフォーム、めっちゃ好き👍 https://t.co/ucKo5uXTN7



    収穫した能見さんのうち最も表情筋の動いていた能見さん4選を pic.twitter.com/OJQFiaFYn1


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    「ダイワハウススペシャル プロ野球NO・1決定戦! バトルスタジアム」が5日、大阪市内で開催され、阪神からは能見、近本、木浪が参加した。

    射抜いた的の得点の高さを競う「ピッチ・ザ・ターゲット」では能見が参戦。精度の高いコントロールで高得点をたたき出し「関西なのでいい姿を見せられて良かった」と普段はあまり見せない「能見ガッツ」も飛び出した。この日の模様は、日本テレビ系で来年1月4日午後2時から放送される。




    #バトルスタジアム では #能見 投手が「ピッチ・ザ・ターゲット」に参加。普段はあまり見せることのないガッツポーズも見られました! #矢野ガッツ #能見ガッツ pic.twitter.com/qT2ovWQLxE






    能見さんのガッツは試合中は見れないから貴重!!!


    続きを読む

    このページのトップヘ