とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    能見さん

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     (セ・リーグ、阪神8x-4巨人=延長十二回、9回戦、巨人6勝3敗、29日、甲子園)鉄壁のリリーフ陣でサヨナラへの流れを呼んだ。藤川は絶体絶命のピンチを切り抜け右手を挙げた。

     「なにもいうことはないです」

     無死満塁のチャンスから得点できずに終わった直後の延長十二回。流れをもっていかれそうな展開で、さらに巨人は1番からという好打順。最終回はベテラン右腕に託された。

     だが、先頭の亀井にいきなり四球を与えてしまう。坂本勇は空振り三振に抑えるも丸には再び四球。岡本の中飛で2死一、三塁のピンチ。点を与えれば試合が決まってしまうような緊迫した場面。そんな状況で中島に対し、2球で追い込むと最後は133キロのフォークで空振りを奪い三球三振。相手の流れを断ち切り、高山の代打サヨナラ満塁弾へとつなげた。

     今季は4月7日に一度登録を抹消されるも、1軍復帰後は4月27日の中日戦(ナゴヤドーム)から12試合連続無失点と絶好調。今季3勝目を手にしたベテランがブルペンを支えている。

     九回から盤石の勝ちパターンリレーでスコアボードにゼロを並べていった。九回はドリス。2死から亀井に遊撃への内野安打こそ許したが、坂本勇を左飛に打ち取った。

     十回のマウンドにはジョンソンが上がった。先頭の丸に四球を与えるも後続を断ち無失点。相手の中軸をしっかり抑えると、十一回は前日28日に誕生日を迎え40歳になった能見。下位打線をきっちり3人で締め、40歳となって初ホールドを記録した。

     最後は藤川が締めていい流れを作った。指揮官も「普通にいけば球児もすごく嫌な場面で。これは打たれても仕方ないという流れでいってくれたんでね。頑張ってくれたし。みんなが頑張ってくれたというのはありますけど…」とねぎらった。

     頼りになる安定感抜群のリリーフ陣。これからも勝利を守っていく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000502-sanspo-base



    実った!阪神、必死0封リレー!ドリス→ジョンソン→能見→球児ピンチ切り抜けた(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース これぞ伝説に残る試合(*´ω`*) 令和初の🐯🌈✨ TVで最後まで観たかった。 途中で終わったからなぁ(笑)💦  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000502-sanspo-base 



    後ろが違いすぎるわ ドリス、ジョンソン、能見、球児 負ける気せえへん


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    能見さんお誕生日おめでとうございます🎊🎂まだまだ若い😁 pic.twitter.com/cOrSQIXyXX



    能見さん、40歳のお誕生日おめでとうございます✨



    能見さん40歳には見えない😳 おめでとうございます!!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     ◇セ・リーグ 阪神4―2中日(2019年4月28日 ナゴヤD)

     先輩への借りを返したかった。4―2の7回1死一、二塁。2安打された阪神・能見を救援したジョンソンは、強い思いを胸にビシエドに立ち向かった。猛虎にとっては天敵と言っていい相手。1ボールから2球目の150キロで中飛に仕留めた。続く阿部も速球で押し込んで二飛。終盤に迎えた最大の窮地で見事な火消しをやってのけた。

     「能見サンに神宮で申し訳ないことをしてしまっていたので。これで一つ借りを返せたと思います」

     日本人ばりの義理堅さだ。振り返ったのは来日初のイニングまたぎを経験した17日のヤクルト戦。2―0の8回1死一、二塁で同じように能見からバトンを受けた。山田哲への初球が死球になって満塁を招き、バレンティンには左前へ痛恨の同点打。能見の残した走者を全て還し、同点に追いつかれていた。

     8回のマウンドにも上がり、高橋、堂上、松井雅を3者凡退。150キロ前後の速球と伝家の宝刀「PJカーブ」で付けいる隙すら与えなかった。矢野監督も最敬礼だ。

     「本当は球数も少なく、イニングまたぎもなく、行きたいんだけど。チーム状況的にもね。この展開で一番ゼロで行ける確率を探したときにPJ(ジョンソン)だったので」

     来日初登板から11試合、計12回1/3を無失点。抜群の安定感を見せても、「そういうことを言われると止まってしまうので、あまり言わないで。梅野のリードや野手のみなさんの守りのおかげだよ」と感謝を忘れない。取材後には必ず報道陣に「アリガトウ」と流ちょうな発音で礼を言うナイスガイだ。

     12連戦の2戦目でのイニングまたぎは、できれば避けたかったに違いない。それだけ信頼感が厚い証拠。礼儀正しく義理堅い。もうブルペンに不可欠な存在になった。(山添 晴治)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000116-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    <DeNA1-3阪神>◇24日◇横浜

    阪神能見篤史投手が悲しみを胸に自分の仕事を果たした。父謙次さんが死去したため、20、21日の巨人戦を欠場。

    この日が復帰後初登板だったが、6回のピンチを島本がしのいだ後、7回の1イニングを3人でピシャリと抑えた。能見は「仕事としてやっているのでね。シマ(島本)が本当に頑張ってくれたので、つなげられてよかったです」と振り返った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-04241205-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神は20日、能見篤史投手(39)が父・謙次さんの通夜、告別式出席のため、20、21日の巨人戦を欠場すると発表した。

     能見は中継ぎとして今季5試合に登板し、防御率6・75。19日の巨人戦(甲子園)でも登板し、1イニングを無失点に抑えていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000104-sph-base

    続きを読む

    このページのトップヘ