とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    能見篤史

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     「DeNA3-5阪神」(25日、横浜スタジアム)

     笑顔はじけた記念すべき夜は、胸に刻んでおければそれでいい。自身の初勝利より、チームの劇的勝利が最高だ。「(近本は)新人で、大物選手になるステップとして、(ウイニングボールは)彼がもらうべきボールだ」。阪神のピアース・ジョンソン投手は控えめにヒーローの座を譲ったが、右腕の好リリーフがあったからこその白星だった。

     「逆転という状況で勝って、貢献できて良かったよ。抑えて、勝ちにつながったことが良かった」

     劣勢での登板だった。七回DeNAに1点を勝ち越された直後の攻撃はクリーンアップが三者凡退。消沈しそうな中、逆風をはねのけた八回の投球だ。先頭のソトを3球で中飛に打ち取り、続くロペスを遊飛に。最後は筒香を2-2からの153キロ直球で見逃し三振に仕留めてピシャリ。テンポ良く締めた3人斬りで逆転の下地を作った。

     これで、自身10試合目の登板でいまだ防御率0・00。チームが苦しい展開での出番にも「最後まで何があるか分からない」と勝利を信じていた。それはその前に投げた能見も同じ。守屋が勝ち越し弾を許した後、七回1死からの登板に「諦める必要はない。何かあるんやから」と無安打の投球でつないだ。リリーフ陣の思いが実った。

     矢野監督は「ジョンソンがしっかり抑えてくれて流れが来てるし、能見もいってくれたし。うちはこういう勝ち方をしていかないと」と称えた。九回もドリスが期待に応えて逃げ切り成功。接戦をモノにできる充実のリリーフ。27日からの12連戦に向け、ジョンソンが力を込める。

     「向こう(アメリカ)では(12連戦は)長くないけど、こっちでは長いので、しっかり戦っていきたい」。不安はない。虎のミスターゼロがチームを支える。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-00000031-dal-base



    鉄壁の"NJD"とか
    阪神の有名な"JFK"みたいでいいね
    能見-ジョンソン-ドリスは勝利の方程式だよな pic.twitter.com/ldOeLLUY2R



    勝ち越されても能見~ジョンソンでつなぎ、9回表、二死1・3塁、ルーキー近本逆転3ラン!!! 神か? 9回裏、ドリスで逃げ切り成功! ありがとうハマスタ3連勝、とらほー\(^o^)/ #hanshin #tigers #阪神 #タイガース



    阪神5-3DeNA、今日のヒーローは9回逆転3ランの近本、阪神の勝利の方程式NJD


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    <DeNA1-3阪神>◇24日◇横浜

    阪神能見篤史投手が悲しみを胸に自分の仕事を果たした。父謙次さんが死去したため、20、21日の巨人戦を欠場。

    この日が復帰後初登板だったが、6回のピンチを島本がしのいだ後、7回の1イニングを3人でピシャリと抑えた。能見は「仕事としてやっているのでね。シマ(島本)が本当に頑張ってくれたので、つなげられてよかったです」と振り返った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-04241205-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神は20日、能見篤史投手(39)が父・謙次さんの通夜、告別式出席のため、20、21日の巨人戦を欠場すると発表した。

     能見は中継ぎとして今季5試合に登板し、防御率6・75。19日の巨人戦(甲子園)でも登板し、1イニングを無失点に抑えていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000104-sph-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神能見篤史投手(39)が8日、2度目のフリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。

    14年に取得した国内FA権は行使し、阪神に残留。プロ15年目の今季は「勝利の方程式」の一角としてブルペンを支える。5月に40歳を迎えるチーム最年長投手は「何も考えていません」とだけ話したが、チーム愛は誰よりも強い。谷本球団副社長は「すばらしいことですね。まだまだ若いですし、リリーフ転向が良かったんじゃないでしょうか。もちろん、必要な戦力です。残ってくれると思っています」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-04080422-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     ◇オープン戦 阪神8―4オリックス(2019年3月24日 京セラD)

     勝利の方程式の一角を担う阪神の能見と新外国人ジョンソンが、盤石の投球でオープン戦を締めくくった。

     7回に登板した能見はわずか7球で3人斬り。後を受けたジョンソンは8回1死から福田に登板5試合ぶりの被安打となる右翼線三塁打を許したが西浦、杉本を得意のカーブで空振り三振に仕留めた。「こっからが大事なんで。そこに向けて調整するだけです」。

     能見はオープン戦5試合で4回2/3を無失点、被安打1、与四死球0と貫禄を見せつけた。中継ぎ専念となった今季は、左のセットアッパーとして欠かせぬ存在になることは間違いない。

     ジョンソンも文句なしだ。オープン戦は能見を上回る7試合に登板し7イニング無失点。この日のアウトを全て三振で奪ったように、150キロ前後の真っすぐとカーブのコンビネーションは日本の打者をきりきり舞いさせている。「この調子をシーズンに入っても続けていきたい。開幕だけじゃなく、どんな試合も重要。チームに貢献できるようにブルペンが一つになって戦いたい」と頼もしかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000051-spnannex-base

    続きを読む

    このページのトップヘ