とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    能見篤史

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3


    阪神の能見篤史投手(39)が27日、若手選手に“超積極的コミュニケーション”を求めた。この日、兵庫県三木市の関西クラシックゴルフ倶楽部で、サンテレビ「レッツゴー!タイガースゴルフ2019」(来年1月2日午後10時~11時25分放送)に参加。


    ベテラン左腕は遠慮がちな若手の姿勢に「(こちらから)何も言わなかったら来ない」と物足りなさを感じており、積極的に自らの元へ足を運んで欲しい考えを示した。 押しつけたりはしない。年齢差などの遠慮から話しかけづらい心情も理解できる。ただ、物足りなさを感じていることも事実。

    「聞きづらいということもあると思いますけど、こちらとしてはウエルカムというものは出していますので」。能見が発したメッセージ。自ら聞きに来る積極的な姿勢に大きな意味がある。 猛虎の布陣を見渡せば、若手が1軍ベンチを占めるようになった。野手では来季のキャプテンに就任する糸原や大山、植田、北條ら。投手陣では先発ローテ争いが注目される小野、才木、望月ら。「何も言わなかったら来ないんです。若い選手は」。だからこそ経験談を聞きに来て、自分たちの肥やしにしてほしい。

    今季は、糸原がマウンドに歩み寄り投手に声をかける姿があった。一見、成長を感じさせるシーンだが、能見の捉え方は少し違う。 「こっちから『来い』って言ったんです。若い選手は遠慮して来ない。ですけど、そうじゃない。(ピンチを招いて)『何してるんすか』でもいい」。垣根なしでコミュニケーションを取ってほしい考えは当然、マウンド外でも当てはまる。 自身の経験があってこそのアドバイス。若手時代は下柳や福原投手コーチ、安藤2軍育成コーチらの言葉に耳を傾けた。「シモさんやフクさん、安藤さん。色んな経験を話してくれた。その時は分からないことであっても、2年、3年がたって分かってくることもある」。自ら足を運んで吸収した先輩たちの話が、今でも礎となっている。

    来年で40歳。迎える不惑のシーズン。「伝えられることはあるんでね」。ベテラン左腕は若手の“変化”に期待しながら、チームを支えていく。


    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/11/28/0011857540.shtml
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    阪神・能見が来季の“イメチェン”を示唆した。ファン感謝デーでのトークイベントの際にVTRで登場した矢野監督からの「来季、プレー以外で(ファンを)どう喜ばせてくれますか」との問いに、力強く言葉をつないだ。
    「(感情を)あまり表情に出さないので、来季は少し出そうかなと。なるべく感情は持って臨もうかなと思っていますね」
    能見と言えば、どんな窮地でも表情を変えず、ピンチを脱しても、ほとんど感情を表に出してこなかった。動揺知らずのポーカーフェースが大きな強みでもあった。21日の球団納会で指揮官が選手へ向けて「グラウンドで暴れ回って喜怒哀楽を出してもらって結構」と呼びかけたことにも呼応する形。ずっと付けてきた“鉄仮面”を脱ぐ――。

    イベント後、報道陣に囲まれた際は「(感情が)出るかな? 出るかな?」とはぐらかしながらも「そういう気持ちを持ってね」と結んだ。 一番は指揮官の問いかけにあるように普段見せない表情をさらけ出すことで声援を送ってくれるファンをさらにヒートアップさせたい思いだ。
    来季は5月で40歳を迎える節目の年。自らを奮い立たせるため、強い気持ちを持ってマウンドに上がる決意がうかがえる。

    今季は途中から中継ぎに転向して42試合で防御率0・86と抜群の安定感を示し、ブルペンに欠かせぬ存在になった。10月下旬には矢野監督と会談し、来季も中継ぎでチームに貢献したい希望を伝えている。1球のミスが命取りとなるポジション。

    今年以上にしびれる場面での起用も多くなることが予想される。プロ15年目で切り開く“新境地”。派手なガッツポーズや雄たけびをあげる背番号14の勇姿が見られそうだ。(遠藤 礼)

    3



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000064-spnannex-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/11/15(木)01:55:45 ID:n5x
    09年 13勝9敗 防御率2.62 165回 154奪三振
    10年 8勝0敗 防御率2.60 62.1回 57奪三振
    11年 12勝9敗 防御率2.50 200.1回 186奪三振
    12年 10勝10敗 防御率2.42 182回 172奪三振
    13年 11勝7敗 防御率2.69 180.2回 127奪三振

    3


    怪我してない2010年が見たかった

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1542214545/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/30(火) 06:50:48.63 ID:zLAKi2fV0
    能見篤史投手(39)が、来季中継ぎ専任の意向を矢野監督に伝えていたことが29日、分かった。新指揮官は当初、先発再転向の可能性を示唆していたが、能見が面談の席でチーム事情なども踏まえて希望したという。当然、最終判断は矢野監督に委ねるが、方程式の一角として勝利に貢献するための準備を進めていく。

    先発再転向か、中継ぎ専任か。球団投手最年長の能見が、来季の進むべき方向性を固めた。
    矢野新監督との面談の席で伝えたのはリリーフ専任の意向。「絶対に先発が嫌だとか、ダメというわけじゃない」と前置きした上で明かした2019年に懸ける思い。チームのために働ける場所が答えだった。

    「僕の意向は監督に伝えてある。チームに対してもそうだし、(リリーフで)力を発揮できると思うし、しなきゃいけないと思う」 今季はシーズン通して、先発ローテを守った左腕が岩貞1人だった。これを踏まえて新指揮官は当初、能見、岩崎の先発再転向を示唆していた。

    今季、シーズン途中から中継ぎに回ったベテランは、計45試合の登板で4勝3敗1セーブ、防御率2・56。また、リリーフに限れば42試合の登板で4勝1敗1セーブ、同0・86と抜群の安定感を誇る。 オフに入って藤川らとともに矢野新監督と面談。希望を伝えた上で「あとは監督の判断に従う」とした。
    「1年間(リリーフで)勉強したところ。感じたことはいろいろある。3人で終わることもそう。なるべく次に投げる人がキツくならないように」。セットアッパーとしての自覚が次々に口からあふれた。

    egosi


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000013-dal-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1540849848/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/21(金)08:48:48 ID:SOU



    6月 10試合 2勝2ホールド 11回 11奪三振 防御率0.82 WHIP1.00
    7月 6試合 2ホールド 5.1回 4奪三振 防御率0.00 WHIP0.38
    8月 9試合 1勝1セーブ6ホールド 8.1回 4奪三振 防御率1.08 WHIP0.60
    9月 8試合 4ホールド 8回 8奪三振 防御率0.00 WHIP0.63

    通算 33試合 3勝1セーブ14ホールド 32.2回 27奪三振 防御率0.55 WHIP0.70

    すごい(KONAMI)

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1537487328/

    続きを読む

    このページのトップヘ