とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    藤浪晋太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2(UpPhoto)(noise_scale)(Level2)(x3.000000)


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/15(金) 06:25:00.31 ID:2gwUoDJVp
    もはや手の施しようがないのか。

    阪神タイガースの藤浪晋太郎投手が無期限での二軍降格を命じられた。12日に行われたナゴヤドームでの中日ドラゴンズ戦に登板し、4回で無安打ながらも4四死球1失点。
    制球難は相変わらずで改善の兆しはまったく見られなかった。本来の姿を取り戻すべく今後はファームで調整を続けていくことになるが、その見通しは限りなく暗そうだ。


    ■ カープ戦でのトラウマ

    迷える未完の大器は今オフから投球フォームをスリークォーターに変え、何とか長いトンネルから脱すべく活路を見出そうとしていた。しかしながら結局何も光明は見えず逆に深刻さは増すばかりだった。

    それが証拠に今年のオープン戦では藤浪がマウンドに立つと相手チームが右打者に対する内角への“すっぽ抜け死球”を警戒し、自衛策として左打者をずらりと並べる試合までいくつか見られた。
    これは投手として屈辱的なことであり、相手からすれば“お願いだからこんなヤツをマウンドに立たすようなマネはやめてくれ”というメッセージに他ならない。こうなれば阪神側も藤浪をマウンドに送り出すわけにはいかなくなる。

    それにしてもなぜ、藤浪はこのようなノーコン病にさいなまれるようになってしまったのか。

    話は約4年前にさかのぼる。2015年4月25日、敵地のマツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの一戦で藤浪はマウンドに立ち、当時現役だったレジェンド右腕・黒田博樹投手を打席に迎えて対峙。このレジェンドに対し、2球続けてインサイドへすっぽ抜けの荒れ球を投じた。

    2度も引っくり返らされた黒田は血相を変えて大激怒し「オラッ!」と声を荒げて藤浪へ詰め寄ろうとした。両軍のベンチから選手、スタッフたちが一斉に飛び出して一触即発の状態になり、乱闘寸前の騒ぎになったが、何とか回避。
    しかしながらこの時の藤浪はマウンドで黒田に対し、謝罪の意思を示して帽子をとっていたものの「酷い震えが止まらない状態」になっていたという。

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/15(金) 06:25:33.58 ID:2gwUoDJVp
    「あの当時、自分はベンチにいた。恐怖感からなのか、黒田に恫喝されてから藤浪の表情は完全に青ざめてしまって明らかにガクガクと小刻みに震え上がっていた。
    藤浪本人は気付いていないようだったが、おそらくあの瞬間から知らず知らずのうちに内角攻めへの怖さが体に染み付いてしまったのだろう」とは元阪神のチームスタッフの証言だ。

    ■ 実は「阪神嫌い」? 

    その年の2015年シーズンこそ荒れ球が功を奏する形となって自己最多の14勝をマークしたが、与四死球ではともにリーグワーストを記録。それもあってオフに入ってから当時のチームスタッフや球団OBたちに
    「荒れ球を何とか克服しなければ成長はない」と散々口うるさく言われ、藤浪はパニックに陥ってしまったという。前出の関係者は次のようにも補足した。

    「あれこれと悩んでいるうちに黒田から恫喝されたシーンまでもがフラッシュバックし、彼の頭の中に恐怖感が呼び起こされてこびりついてしまったようだ。

    それまでは荒れ球がいい意味での持ち味だったのに制御がさらに利かなくなってしまい、悪い方向へと完全に転じてしまった。
    右打者へのギリギリの内角攻めが“ぶつけたらどうしよう”という過剰なまでの意識によって逆に邪魔されてしまい、手元も狂ってコントロールできない状態になってしまったのだ。

    ただハッキリと言っておくが、黒田は何も悪くない。あの程度のことで精神を乱してイップスになってしまう藤浪の精神的弱さこそが、すべての要因なのだと思う」

    確かに思い起こしてみると藤浪の周辺からはプロ向きと言えないような弱い性格をうかがわせる一面が、これまでも伝わってきていた。実は「阪神嫌い」とささやかれている点も、その1つだ。

    かつて甲子園を沸かせた大阪桐蔭のエースであり、地元の大阪出身。その輝かしい経歴をバックボーンに2012年のドラフトで1位指名され、4球団競合の末に交渉権をつかみとったタイガースへ入団を果たした。
    これほどすべてがドラマチックな流れになったとあれば、周囲は必然的に藤浪のスター街道ばく進を期待するのも当然である。

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/15(金) 06:25:50.04 ID:2gwUoDJVp
    ところが当の藤浪は何から何まで一挙一動に注目を浴びることに「ウザい」という思いを抱くようになり、それがところどころで見え隠れするようになっていったという。

    ■ 「飼い殺し」か「引退」か

    実際に「入団当初から“タイガース愛”という言葉に対し、露骨に嫌悪感を見せるような感じになっていた」と振り返った古参の阪神OBは、こう続ける。

    「ルーキーイヤーの年から、ちょうど大阪桐蔭の先輩・西岡(剛)がメジャーリーグから日本球界へと復帰し、奇しくもタイガースで同じユニホームを着ることになった。

    藤浪にとって、それが幸か不幸かプレーしやすい環境になったのは間違いない。西岡は生え抜きではなく、いわゆるチャラいタイプでタイガース色に染まっている選手ではなかった。
    そんな先輩から公私にわたって可愛がられたこともあって、藤浪の“阪神離れ”、もとい“阪神嫌い”の性格に拍車がかかっていった流れは多くの阪神関係者が知っている事実だ。

    そして段々と力の衰えとともに西岡のチーム内における求心力が低下していくと藤浪も一定の距離を置くようになったが、今度はそのタイミングであの金本(知憲)監督が2016年シーズンから指揮官に就任した」

    ちなみに16年はオフに“黒田イップス”が呼び起こされてから臨んだシーズン。ここから藤浪の低迷が現在まで続くことになるのだが、その裏側ではチーム内からは
    「闘将と呼ばれた金本監督の高圧的なコミュニケーションにも困惑し、カミナリを落とされるたびにどうしていいか分からなくなってヤル気を失いつつあった」との証言も出ていた。

    すでに阪神内部はお手上げ状態で「藤浪の再生はもうどうにもならない」「矢野(燿大)監督も藤浪を計算に入れておらず、一軍の戦力とみなしていない」などとささやかれ、諦めムードが漂い始めている。
    そうなればもうトレードしか道はなさそうだが、致命的な死球連発を招くノーコン病にさいなまれている以上、獲得に名乗りを挙げる球団も現れにくいだろう。

    このまま「飼い殺し」になるか、もしくは「引退」かーー。幸いな点は藤浪自身も無期限の二軍調整を自ら志願したことだ。何としてでも浮上のきっかけをつかみたいという意思が残されているならば救いである。
    崖っぷちに立たされた藤浪が復活の扉を開ける方法はたった1つしかない。それは自分自身が原点に立ち返り、重圧に打ち勝って何事にも動じない強靭なメンタリティを身につけ、今度こそ制球難を克服することである。

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/15(金) 06:26:12.19 ID:2gwUoDJVp

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1552598700/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     前日12日に無期限の2軍降格が決まった阪神・藤浪が13日、甲子園で残留練習に参加。キャッチボールやランニングなどで汗を流し、「しっかり練習することにつきる。チームに迷惑をかけるけど、それ以上にやることやって自分の投球を毎回できるようになってから上に上がる方がチームのため、自分自身のため、今シーズン長くやっていく上でいいかな」と万全の状態で1軍へ上がることを誓った。

     金村投手コーチは「ブルペンでの感じは悪くない。実戦でなにかつかんでいくしかない」と試合の中での調整を示唆。15日から2軍本隊に合流する予定となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000519-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/14(木) 07:01:13.27 ID:8MQzoq+bp
    阪神・藤浪、志願の2軍落ちだった…フォーム修正して1歩ずつ復活の道へ


     焦らず、確固たる自信を抱いて1軍に行く。不振で無期限の2軍調整となった阪神・藤浪晋太郎投手(24)が13日、甲子園で行われた残留練習に参加。志願しての2軍落ちだったことを明かした。

     開幕を目前にし、自らと向き合った上での決断だった。このままでは1年間戦い抜けない。12日の中日戦に登板後、矢野監督、福原投手コーチと会談。1軍で“追試”を受ける選択肢もあったが、2軍で仕切り直したい考えを伝えた。

     「本当は上(1軍)にしがみつきたいですし、開幕も1軍で迎えたい。ローテにも入りたい。もう1回チャンスをくださいというのも手だったかもしれないですけど、それ以上にもっとやるべきことがある」

     そう覚悟を決めたのは、4回無安打1失点ながらも4四死球と苦しんだ中日戦での投球内容。「いいものの再現性を高くできるように」。そのために求めていくのは、自信を持って投げられるフォーム。前を向き、着実に1歩ずつ復活への道を進んでいく。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000029-dal-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1552514473/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/13(水) 15:51:13.80 ID:tKDGX2Y59
    阪神の藤浪晋太郎(24)の“無期限2軍落ち”が決定した。藤浪は12日、ナゴヤドームで行われたオープン戦の中日戦に先発。すっぽ抜けの死球を警戒して左打者をずらりと並べた中日打線を相手に4回を投げてノーヒットの1失点(自責ゼロ)だったが、4四死球と荒れ、課題のコントロールに改善は見られなかった。カットボールを多用したが、その効果も見られず試合後、矢野監督は2軍落ちを通告した。スリークオーターに変えるなど試行錯誤を続けている藤浪が求めている形を作り安定感を取り戻すには時間がかかると判断したものだ。
     
     だが、この決断に対してネット上では議論が沸騰。2軍落ちに対する賛否と共にトレードでの再出発を求める声までが多く出始めている。2軍落ちの処遇に関してはヤフーのコメントでは「2軍行きは当然。他球団に与えた影響を考えると遅すぎたぐらい。今後は1試合や2試合の結果ではなく長期プランで藤浪の再生を図って欲しい」というような賛同の声が目立った。

     だが、SNSでは「どんなに悪くても1軍で帯同させることが1番だと思う」という反対意見と、藤浪を激励するコメントが多かった。
     ファンの間でも賛否が分かれている。
     元千葉ロッテの評論家、里崎智也氏は、「何をどうしたいのか。藤浪自身が考えているのか、コーチが考えているのか。そのプロセスはどうなっているのか、本人はどう感じているのか。その内部事情は知らないが、そこをハッキリとさせておかないとゴールが見えないのではないか」という意見を語っていたが、2軍に落としたところで2軍のスタッフは、昨年まで1軍でコーチを務めていたメンバーである。
     昨年、結果が出せなかった環境に再び、藤浪を放り込んで“改善”が図れるのか、という疑問はある。
     
     沖縄宜野座キャンプで藤浪は徹底して投げ込みを行いフォーム作りに試行錯誤していた。その傍らには、いつも福原投手コーチがいた。
     藤浪は「体を縦に使うこと」をテーマにワインドアップに変え、ボールに角度があり、左右にぶれることない球筋のボールを投げていた。だが、セットポジションになった途端に、また腕が横ぶりになり、抜け球、ひっかけ球が増えるという悪癖が顔を出す。キャンプでは、そのセットでのピッチングが課題になっていた。その後、体の使い方が横ならば、いっそのこと、それを生かそうという発想でスリークォーターに戻したが、その際にも、福原投手コーチが相談に乗っていた。そもそも、こういう大胆な変更は、その瞬間は結果が出て本人も感触をつかむが、重要なのは継続なのである。
     藤浪が2軍に行くことは、福原投手コーチとのコンビが解消されるということになりチェック機能はなくなる。藤浪は、また自分ひとりで考え、試行錯誤を続けなければならなくなる。金本前監督は、何度も、藤浪を2軍に落として再調整を命じたが、結局、その手法では何もうまくいかなかった。矢野監督は2軍監督時代に、ただ2軍に落とすだけでは次につながらないことを見てきたはずだが、もう我慢の範疇を超えてしまったのだろうか。

     阪神OBの評論家、池田親興氏も、2軍落ちの処遇に「今さら」と疑問符を投げかける。
     「藤浪が求めているフォームや内容が、まだ不十分なのは、もっと前の段階でわかっていただろう。“今さら”という感じがしてならないし、首脳陣だけでなく球団が藤浪をどうしたいのか?という方針にぶれのようなものが見える。そもそも2桁勝っているピッチャーのフォームを最初にいじったのは球団なのだから。確かに阪神は、ピッチャーがいないチームではないだけに、この内容の藤浪にチャンスを与えるなら他のピッチャーにチャンスを与えたいという考え方が出てくるのも理解できる。結果は1失点だが、内容からすれば2軍落ちは当然だろう。だが、藤浪は、1軍でも2軍でも結果の変わらないピッチャー。1軍で1年間我慢して使う、という覚悟があっても不思議ではなかった。では今後、どうすれば1軍復帰が可能なのだろうか。2軍での結果なのか、内容なのか、フォームなのか。誰がそれをチェックして判断するのか。落とした以上、重要なのは、ここからの藤浪を支える体制じゃないだろうか」

     藤浪再生の議論の中では、メンタルに原因があるのか、メカニックに原因があるのか、という両論がある。だが、その二つはリンクしている。「ぶつけちゃいけない」「またボールが抜けちゃうかも」の微妙な心理は間違いなくメカニックに影響を及ぼす。

    以下ソース先で

    3/13(水) 7:55
    THE PAGE
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00010002-wordleafs-base&p=1

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552459873/

    続きを読む

    このページのトップヘ