とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    藤浪晋太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/05(水)08:25:15 ID:T5B
    エースに学び、真のエース道を突き進む。阪神の藤浪晋太郎投手(22)が今オフ、侍ジャパン人脈を駆使し、他球団のエース級投手との合同自主トレ計画を構想していることが4日、分かった。
    候補は親交の深いドジャース・前田健太投手(28)を筆頭に、楽天・則本昂大投手(25)、オリックス・西勇輝投手(25)ら。自己ワーストの7勝(11敗)に終わった今季からの巻き返しへ必死だ。
    no title

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161005-00000077-spnannex-base

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1475623515/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/04(火)09:36:24 ID:61y
    阪神・藤浪晋太郎投手(22)が体重100キロの大台到達を視野に今オフのトレーニングプランを立てていることが3日、判明した。
    今季は自己最速を2キロ更新し、日本投手3人目となる160キロをマーク。
    パワーアップで日本ハム・大谷が持つ日本投手最速164キロ到達も夢ではない。

    例年より早く訪れたオフも、ゆっくり休むつもりはない。早くも、藤浪はトレーニングプランを描いていた。
    巻き返しの来季へ向けて、この秋冬はみっちり肉体を鍛え上げる。

    「しっかりトレーニングしようと思っています。まだ体が重いと感じることもないですし、走るタイムが遅くなってるとか、体がキレないということも感じたことはないので」
    プロ入団時の体重は86キロ。そこから年を追うごとにスケールアップを図り、今年1月の時点で、自己最重量の95キロに増量した。
    キャンプを経て、シーズン中は92~93キロで推移。CS進出を逃したこのオフはウエートトレーニングに割く時間がたっぷりある。プロ入りから一つの目安にしていた、100キロ到達も視野に入れている。

    「バランスよくですけど、90キロ後半まで。100キロはどうかな、いくか、いかないかぐらいですね」

    no title


    http://www.daily.co.jp/tigers/2016/10/04/0009551223.shtml

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1475541384/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/02(日)10:08:33 ID:1C5
    「本当にたくさんの方に支えてもらいました。
    C(キャプテン)マークを渡すとしたらですか? 
    それは難しいですけど…。(藤浪)晋太郎とかに
    つけてほしい気持ちはあります」

    no title


    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1475370513/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/09/30(金)07:51:10 ID:1Oq
    阪神・藤浪 11月侍ジャパン有力候補に WBCへ最終アピールだ

    30日の巨人戦(甲子園)で今季最終登板に臨む阪神・藤浪晋太郎投手(22)が、11月の侍ジャパン強化試合(10日から13日、対メキシコ、オランダ)の日本代表メンバー有力候補に残っていることが29日、分かった。
    今季は7勝11敗と苦しんでいるが、侍ジャパンの首脳陣は潜在能力を高く評価。選出されれば、来年3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ向けて最終アピールの場となる。

    4年目で初めて壁にぶち当たった右腕に、まだ世界一を狙うチャンスは残されていた。来年のWBCへの最終テストの場となる11月の侍ジャパン強化試合。
    その「候補者リスト」に藤浪の名はしっかり入っていた。侍ジャパン関係者は「あれだけの迫力のある投手はなかなかいない。今季は苦しんだが、まだ若いし来年になれば変わる可能性は十分ある」と話した。

    pe


    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/09/30/kiji/K20160930013450020.html

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1475189470/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/09/24(土)09:22:27 ID:irB
    阪神・藤浪晋太郎投手(22)が23日、甲子園室内練習場で汗を流し、福原の現役引退を惜しんだ。
    40歳シーズンまで速球派を貫いた姿は若きエースにとってあこがれ。感謝の思いは尽きない。
    福原から受けた助言を生かし、さらに飛躍する。
    突然のショッキングな知らせだった。現役引退を決めた福原に感謝の思いは尽きない。

    今季7勝目から一夜明け。キャッチボールなど軽めの調整を終えた藤浪が、大先輩へ尊敬のまなざしを向けた。
    「(プロに)入ったときからお世話になった先輩なのですごくさみしいです。ロッカーが隣で(試合に)勝っても負けてもアドバイスをもらいました」
    大きな背中だった。プロ1年目は何度もベテランセットアッパーに助けられた。毎試合のようにマウンドに上がる姿を見て、
    「できるだけ長いイニングを投げて、リリーフの方に休んでもらいたい」と完投へのこだわりを強くした。成長するにつれ、ハードルは高くなっていく。
    エースとして期待されるからこそ「晋太郎の日は休みやと思ってる」と冗談交じりに、完投指令を受けたこともあった。

    昨季の覚醒も福原のアドバイスがきっかけだ。6試合、白星から遠ざかっていた5月。
    神宮外苑での試合前に練習を誘われ、三塁から一塁へ、黙々と送球練習を繰り返した。
    「こうした方がいいんじゃないかと思うことをね。シュート回転のボールが多いので、本人の感覚もあるけれど。
    自分も若いときはいろんなことを教えてもらったから」
    当時福原はそう明かしていた。藤浪は翌14日ヤクルト戦(神宮)で久々の白星。終わってみれば14勝7敗、防御率2・40の好成績。
    沢村賞にノミネートされるなど3年目で最高のシーズンを送った。

    「本当にいろいろなアドバイスをいただきました。間合いの取り方、投球術。いろいろ教えてもらいました」
    140キロでも空振りを奪う姿に、改めて、球速より球質が大事と気づかされた。40歳シーズンまで速球派を貫いた生きざまも、しっかり目に焼き付けた。
    「ピッチャーのあこがれだと思う。プロ野球を引退するまでストレート勝負できることはなかなかない。
    速球派投手の目標であり、あこがれであり、理想の形だと思います」
    数え切れないほどの金言は必ず、野球人生に生かすつもりだ。


    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1474676547/

    続きを読む

    このページのトップヘ