とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    藤浪晋太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3


     阪神・藤浪晋太郎投手(24)が11日、沖縄・宜野座キャンプで行われた紅白戦に紅組先発として登板し、2回2安打1失点だった。

     直球は最速151キロをマーク。本人は「良かったか良くなかったかと言われれば普通」と淡々と振り返りながらも「全体的にはバランスは悪くなかった」と一定の手応えを感じた様子だ。

     一方で、2回には長坂と岡崎に死球を当てるなど“悪癖”も出ただけに「一つひとつ課題を潰しながらやっていきたい」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000010-tospoweb-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3


    「阪神春季キャンプ」(11日、宜野座)

     阪神の藤浪晋太郎投手が、紅組の先発として今キャンプ初の実戦マウンドに上がった。2回を2安打1失点、最速151キロを計測する一方、2死球と課題も残す内容になった。

     初回、1死から近本に左前打を浴びたものの、後続を断って無失点。上々のスタートを切った。だが、二回だ。1死から板山に右翼越えソロを浴びると、続く長坂の初球。カットボールが打者の胸元に抜け、左肘付近に死球を与えた。木浪は空振り三振に斬ったが、続く岡崎に対しての初球。147キロ直球が岡崎の胸元を襲い、左肘付近にかすった形で死球を与えた。

     いずれも大事には至らず、そのままプレーを続行。藤浪も続く植田を左飛に抑え、最少失点で切り抜けた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000081-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3


     「阪神春季キャンプ」(10日、宜野座)

     同級生対決の勃発や。先発ローテ争いを繰り広げる藤浪晋太郎投手(24)と小野泰己投手(24)が、11日の紅白戦にそろって先発登板する。この日はキャッチボールやブルペン投球など、互いに最終調整を行い、今年初実戦へと備えた。

     まずは誰もが復活を願う藤浪だ。鳴尾浜、先乗り合同自主トレ期間から積極的にブルペン入りし、ここまで状態を上げてきた。迎える初実戦のマウンド。「ブルペンと違って対バッター、状況も変わってくる。ストライクをポンポンと投げて押していけたら」。投手陣で唯一、キャンプ初日から全球種を織り交ぜ投げ込んできた右腕が、打者へと臨む。

     小野は今オフ、投げない調整に着手。新年を迎えると徐々に投げ始め、直球にこだわった投げ込みを続けてきた。「まずは力強いピッチングが見せられるように」。磨き続けてきた直球で、勝負といきたいところだ。

     7日に行われた紅白戦では投手陣全体で4被弾。「バッターみんなが打っている。でもマイナスなイメージを持たずに今の野手をまずは抑えるぞという気持ちを持って投げたい」。小野はより一層、表情を引き締めた。

     3連休の最終日。大入りの宜野座を沸かす、期待の若手2人の初実戦だ。ローテ枠をかけたアピール合戦が、また一段と熱を帯びる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000036-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3


    阪神藤浪晋太郎投手は9日、19年初実戦予定の11日紅白戦に向け、本番モードに突入した。

    通常メニューのブルペンでは84球。21球目以降は左右に打者も立たせ、カウントを決めて配球した。「次は実戦になる。しっかり投げられればいいなと思います」。

    さらに「おかわりブルペン」で65球を投げ、福原投手コーチが現役時代に星野伸之氏から教わったカーブも試投。「無理です。完全に遊びです」と苦笑いだった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00476388-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    阪神藤浪晋太郎投手は7日、金村投手コーチから20勝に太鼓判を押された。

    通常のブルペンでは変化球を交えて87球。見守った同コーチから「20勝いけるよ!」と声をかけられた。さらに約30分間の「おかわりブルペン」も敢行し「今日は投げたかったので。反復練習の意味合いが強かったです」と説明。金村コーチは「めちゃくちゃいい。キャンプ初日から肘が使えている。しっかり肘が入って投げられている。あんな球、アウトローに決められたら誰も打てないよ」と興奮気味だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00474018-nksports-base



    続きを読む

    このページのトップヘ