とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    藤田平

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     近づく開幕。今季はコロナ禍の影響で、当面は無観客での開催となるが、当初予定より3カ月遅れで始まる本番に胸は躍る。毎年恒例のデイリースポーツ評論家陣による順位予想。阪神は15年ぶりのリーグチャンピオンになれるのか。パ・リーグは西武が3連覇するのか。

      ◇  ◇

     【藤田平氏】

     阪神を優勝候補にしたのは新外国人選手の補強がうまくいったから。加えてガルシア、マルテと去年を経験した選手がいるのも大きい。

     120試合と試合数が減り、連戦が増えるというところで、投手の数が多いところが優位になってくる。阪神は人員が豊富だし、外国人投手の入れ替えで賄える部分も大きいと見ている。

     昨年は3桁の失策を数えたディフェンス面だが、開幕前最後の練習試合となったオリックス戦では、近本やマルテの好守に代表されるように、守備力の高まりを感じた。これをどうか1年続けてほしい。投手力を売りにしているチームだけに、堅実な守備とワンセットでなければ、つかめるはずの勝利を取りこぼしてしまう可能性がある。

     対抗馬は広島。リーグ4連覇を逃した昨年の反省がチーム全体に広がっていることに加え、一昨年まで3連覇した経験値がある。年代的にも脂の乗った選手が多いのも強みだ。

     ◆順位予想

     セ・リーグ

     1位 阪神

     2位 広島

     3位 巨人

     4位 DeNA

     5位 中日

     6位 ヤクルト

     パ・リーグ

     1位 ソフトバンク

     2位 西武

     3位 日本ハム

     4位 オリックス

     5位 楽天

     6位 ロッテ

     【佐藤義則氏】   

     セ・リーグは中日、ヤクルトを除く4球団の争いになる。今季は6連戦が増えるため、先発が踏ん張りきれなかった時のリリーフ陣が重視されるなど、例年以上に投手層の厚みが要求される。

     そうなると、阪神が有利か。課題とされた打線も、外国人は未知数の部分もあるが、糸井が3番あたりに入ればしっかり機能し、投打のバランスの取れたチームになる。

     巨人も強いだろうが、手のつけられない打線というイメージはない。攻撃力はDeNAの方が上ではないか。

     パ・リーグはやはり総合力でソフトバンク。西武も打線は遜色ない。涌井も加入し、先発投手陣が厚みを増しつつある楽天にもチャンスがあると見る。

     ◆順位予想

     セ・リーグ

     1位 阪神

     2位 巨人

     3位 DeNA

     4位 広島

     5位 中日

     6位 ヤクルト

     パ・リーグ

     1位 ソフトバンク

     2位 楽天

     3位 西武

     4位 ロッテ

     5位 オリックス

     6位 日本ハム

     【岡 義朗氏】    

     阪神は糸井、近本の1、2番がカギ。固定できれば一気に得点力が上がる可能性がある。長打も足もある1、2番は相手バッテリーにとってかなりの脅威だ。後ろにクリーンアップが控えているだけに、好機でこの2人が打席に入れば歩かされることも少ない。勝負強さもあるコンビだけに、さらに得点力アップが見込める。

     1、2番を固定するということは当然、中軸が固定される必要がある。ボーア、マルテら助っ人勢がクリーンアップとして機能することが大前提。もともと投手力は高いだけに、得点力さえ上がれば優勝へ近づける。

     パは打線だけなら西武が最強。しかし投手力を含めた総合力では、ソフトバンクが上回ると見た。

     ◆順位予想

     セ・リーグ

     1位 阪神

     2位 巨人

     3位 広島

     4位 DeNA

     5位 中日

     6位 ヤクルト

     パ・リーグ

     1位 ソフトバンク

     2位 西武

     3位 オリックス

     4位 楽天

     5位 日本ハム

     6位 ロッテ




    タイガースOBで 評論家の方々の 順位予想を見る限り 首位予想されてるのは 意外と少ないね😭 藤田平氏は首位予想! ほとんどの方々は "優勝争いできるが… それには ◯◯が鍵を握る!"と… 鍵を握る選手は たくさん居るみたいやね✨👍


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/28(木) 09:16:18.01 ID:0RETCvh39
    阪神の暗黒時代、球団や選手に対する厳格な姿勢から「鬼平」と呼ばれた将がいた-。
    虎生え抜き選手初の名球会打者でもある元監督の藤田平氏(72)=デイリースポーツ評論家=が、1995年に就任した2軍監督時代から1軍監督を途中退任した翌96年までを述懐する。
    「最悪」と衝撃を受けた現場復帰当初のチーム状態から、新庄正座事件、桧山の4番抜てき、
    そして深夜にまで及んだ“籠城会談”など激動の虎を振り返る。(文中は敬称略、役職は当時)

    常習化していた選手の遅刻問題の象徴として、今も“新庄正座事件”がメディアで取り上げられる。
    実はこの一件、藤田から一方的に命じたわけではなかった。
    練習に遅刻した新庄剛志が“罰”として鳴尾浜のグラウンドで正座したのは1995年7月の暑い盛り。
    練習に1時間遅れ、同じ時間だけ炎天下の中で膝を折った。

     「(新庄には)遅れた分だけ座りなさいと。30分遅れたら30分。
    20分遅れたら20分、と選手間で決めてもらったものがあったから。
    自分たちで(ルールを)決めなさいと言って、それで決まったものだったからね」

     両者それぞれ言い分はあるだろう。それでも藤田からすれば、あくまで選手主体で設けさせた“ルール”にのっとった処遇だったという。
    その後、新庄はアメリカン・ノックなどのメニューを消化している。

     チーム全体にまん延する遅刻癖に頭を悩ませる日々。
    「練習は遅れて来る。だけど、飛行機や電車には遅れない。乗り遅れるから。飛行機や電車にも遅れるなら分かるけど」。
    新庄以外では、こんな話がある。藤田は2軍のチーム関係者に“遅刻常習者”だった某選手の夫人へ毎日電話させている。

     「(ある日、某選手が)練習に来ないから奥さんに電話したら『えっ、今日は11時からじゃないんですか?』って。
    そもそもの開始時間を間違っている。開始は10時。
    それから毎日(チーム関係者に)『明日の練習開始時間は10時からです』と電話させた」。
    野球以前の話だった。

     新庄が正座した日は7月23日。
    藤田にとって2軍監督として最後の日でもあった。
    その夜、1軍は前半戦最終戦だった広島とのナイター(甲子園)で8連敗を喫す。
    それから休養することになった中村勝広監督の後を受け「1軍監督代行就任会見」に臨んだのが翌24日。
    藤田が1軍で指揮するにあたり、決意を示した会見前日の出来事だった。

     能力は目を見張るものがあった。
    初めてグラウンドで新庄のプレーを見た印象を藤田は「レベルが違った」と振り返る。
    一方で現役復帰を目指そうとする今もそうだが、当時から話題に事欠かない選手でもあった。

     その厳格さから『鬼平』と呼ばれた指導者と、天性が光る当時23歳の人気選手。
    この年のオフには「センスがない」と新庄が引退宣言し、直後に撤回する騒ぎもあった。
    スター性は誰もが認めるところ。同時に藤田は「甘やかされていたところがある」と危惧していた。

     正座の件があってから6日後。1軍監督代行としての初戦で見せた選手起用に、甲子園が沸いた。
    舞台は同年7月29日の横浜戦。後に2003、05年のリーグ優勝にも大きく貢献する若虎を4番に抜てきした。=敬称略=

     ◆藤田 平(ふじた・たいら)1947年10月19日生まれ、72歳。和歌山県出身。現役時代は右投げ左打ちの内野手。市立和歌山商(現市立和歌山)から65年度ドラフト2位で阪神入団。通算2064安打は阪神歴代2位。首位打者・最多安打各1回、ベストナイン7回、ゴールデングラブ賞3回。通算成績は2010試合207本塁打802打点、打率・286。

     84年現役引退後、95年に阪神2軍監督から1軍監督代行。96年に監督就任したが、シーズン途中で退任。監督通算成績は170試合65勝105敗、勝率・382。現デイリースポーツ評論家。

    no title


    5/28(木) 9:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200528-00000029-dal-base

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/28(木) 09:18:03.73 ID:pMcr8SYD0
    うわー(´・ω・`)

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1590624978/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     虎の“推しメン”を紹介する「It’s 勝笑 Time! オレが推す」評論家編。今回は藤田平氏(72)が大山悠輔内野手(25)の打撃面でのレベルアップに太鼓判を押した。3本塁打を放ったオープン戦などから“振れているスイング”に成長を感じ取った。ただし守備に対しては、これまで以上の強い意識を求めた。

      ◇  ◇

     大山は年々、打撃レベルを上げている。シーズンごとに打点の数字も上げてきているし、今年に関してもオープン戦で3本のホームランを放つなど、飛距離が出ている。

     バットが“振れている”のと“振っている”のは違うのだが、大山に関しては春季キャンプからよく“振れている”印象だ。これは、ただバットを振っているのではなく、自分のタイミングでスイングできているということ。強い下半身を作ってきたためだ。その形をシーズンでも継続して出していけるかが大切となる。

     昨季は開幕4番を務めたが、途中から外れた。阪神と巨人の4番はプレッシャーも特別。4番でなくなったことで精神的に楽になった部分があるのかもしれない。今年も開幕当初はクリーンアップではないかもしれないが、打撃の好調が続けば任されることもあるだろう。

     ただし、大山には打撃だけでなく、守備の方を大事にしてほしい。バッティングはレベルを上げているが、守備に関してはそれを感じない。

     昨季のチームは102失策。その内、大山は三塁で20失策した。まず大山は“横で捕る”プレーが目立つ。それをチームとして了承しているのか、そうでないのかは定かでない。ただ、体の正面で捕球できるものをグラブを横に出して処理しようとするプレーは雑だと言える。

     まず基本は打球に対して正面に入ること。正面に入れない打球はグラブを横に出して処理。それでも捕れそうにないものは飛び込んで捕球する、という順だ。

     基本的な練習やプレーは大事だし、それを軽んじれば年齢を重ねる度に自分を苦しめることになる。野球人生を縮めかねない重要なことでもある。大山だけに限らず全体としていえることだが秋、春のキャンプでチームの弱点に力を入れてきたか。一番、上達しやすいのは守備だ。

     好不調のあるバッティングは水物。塁を賑(にぎ)わしても得点にならないケースも多々ある。内野のリーダー的存在だった鳥谷もロッテへ移籍した。外野に抜けたと思った打球を何度も捕球してチームを助けてきた。反対に打ち取った打球をエラーすると投手の精神的負担は大きい。だからこそ、大山にはこれまで以上に守備でチームに貢献できるよう頑張ってほしい。




    振れている阪神大山、守備でも貢献を 藤田平氏、打撃に太鼓判も守備に注文 (デイリー)  https://news.line.me/articles/oa-dailysports/39a9bac5c597?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none  内野のリーダー的存在だった鳥谷も移籍した。外野に抜けたと思った打球を何度も捕球してチームを助けてきた。だからこそ、大山にはこれまで以上に守備で貢献できるよう頑張ってほしい。



    大山の2019年のUZRは7.6で12球団の三塁手でトップ。つまり守備範囲は広い。 個人的には、強い打球を取り切れてない印象(データ取ってるわけじゃなくて見ていての印象なのであくまで「印象」)。 逆に三遊間や三本間のボテボテのゴロはよくアウトにしてるイメージ。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-00000029-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     デイリースポーツ評論家の藤田平氏(72)が、阪神のジェリー・サンズ外野手(32)=前韓国・キウム=の打撃を徹底チェックした。昨季、韓国プロ野球で打点王のタイトルを獲得した新助っ人の長所は右方向への打撃と指摘。ただ、同時に日本で打率を残すためには、引っ張る意識が重要だと説いた。

      ◇  ◇

     サンズの特徴はアウトサイドインのスイング。加えて、反対方向にも打てることだ。これまでのキャリアでも右方向へ流せるスタイルを強みに打ってきたわけだから、これが彼の良さといえる。他球団の外国人選手と比べれば、確かに派手さはないかもしれないが、打率を残せる可能性は十分に感じる。

     オープン戦などで気になった点は、体重を前に持っていくタイミングが早いこと。バットが後ろに残っている状態、つまり振り出そうとする前の段階で体重を左足に乗せてしまっている。それでは早い。インパクトの瞬間に体重を乗せるイメージをもっと強く持った方がいいだろう。

     春季キャンプから打席に立ってきた中で、日本のストライクゾーンの確認をしてきたはず。ただし、ここまでの実戦は見逃し三振に倒れてベンチに戻ってくる姿の印象が強い。

     このことは、まだ日本のゾーンに慣れていないことを表している。この時点では、日本の投手や球審のストライクゾーンが、サンズのイメージと一致していないのだろう。

     また、日本野球の投手は厳しいボールでインコースを攻めてくる。その上で追い込んでから外角へのカットボールといった変化球で抑えにくる傾向が強い。反対方向へ打てることが強みのサンズだが、日本の配球を考えれば、今までよりも“引っ張りの打撃”を意識することも一つの考えだ。

     時には“自分の打撃を変えてみる”という工夫も必要となる。当然、昨年までプレーしていた韓国とは配球や投手の攻め方も違ってくる。郷に入れば郷に従えだ。

     同時に、引っ張る打撃を特徴とする打者が流して打つことより、反対方向に打つことを得意とする打者が引っ張る打撃を意識する方が対応しやすい。外国人選手が異国で成績を残せるかは、その環境にうまく順応していけるかがカギといえる。

     変化球は、しっかり引っ張って長打にできている。2打席連続で本塁打を放った2月29日のソフトバンク戦(ペイ)はどちらも左方向だった。球種はカットボールとカーブ。今後は速い直球にも対応できるか。今年は開幕再延期となったことでシーズンまで時間がある。ゾーンの確認はもちろん、配球の研究や打撃スタイルをどうしていくかを考えてみてもいいだろう。




    ポテンシャルは申し分ないので、日本の投手にしっかり対応できるかどうかですね。 もっと引っ張る意識で阪神・サンズは打率残せる 藤田平氏が打撃徹底チェック/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/04/10/0013259973.shtml  @Daily_Onlineさんから


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     デイリースポーツ評論家の藤田平氏(72)が、阪神のジャスティン・ボーア内野手(31)=前エンゼルス=の打撃を徹底分析した。長所として腕の使い方を挙げると同時に、オープン戦で本塁打の出なかった原因を下半身の弱さにあると指摘。下半身強化の方法として、猛虎史上最強助っ人で知られるランディ・バース氏(66)が阪神時代に取り組んだ“近隣ラン”を勧めた。(連続写真は右から順番に1から12)

      ◇  ◇

     ボーアの長所は腕の使い方がうまい点だろう。連続写真(1)~(9)を見ても、スムーズにバットが出ていることが分かる。余分な力が入っていないのもいい。変なクセもなく、ボールに対して素直にバットが出ている。さらに写真(9)までで見られるように、最短距離でミートもできている。

     ただし、春季キャンプやオープン戦などを見る限りは、下半身のぐらつきが気になる。そのことが影響して、これまでは上半身の強さだけで打ちにいっている印象が強い。

     土台がぐらつくというのは、下半身の強さが足りていないため。このことが今までホームランの出なかった理由につながってくる。

     まず打撃フォームの理想の形は、連続写真(3)~(6)の右足を上げている間に、相手投手へ自分の臀部(でんぶ)を見せるような姿勢になっていること。これまでのボーアは、この形ができておらず、連続写真でも分かる通り、腰の入りが足りていない。

     さらにいえば、右足を上げたところから上半身が倒れるような前のめりな姿勢になっている。このことも、下半身の強さが不十分なことが原因。軸足である左足の粘りが足りていないため、タメをきかせられていない状態なのだ。

     しっかりとした粘りやタメをつくる土台ができれば、上半身任せではないフォームとなる。上、下半身のバランスが崩れなければ力がボールに伝わるし、自然と打球も上がるはずだ。

     ボーアはメジャーでもキャリアを積んできた。日本でも成功しようと来日したはず。阪神の外国人選手で成功した好例はやはりバースだろう。彼は元々、引っ張る打撃スタイルが特徴だったが、反対方向への打撃も覚えた。

     忘れてはいけないのが、慣れない環境でも順応しようとする姿勢があったこと。また、バースはよく下半身を鍛えるために自宅マンション周辺を走っていた。誰も見ていないところで陰の努力ができることが大事なのだ。

     新型コロナ感染拡大の影響で開幕が再延期となった。シーズンまでの時間は延びたが、練習環境など制約もあるだろう。その中でも意識してほしいのは、しっかりとした土台=下半身をつくるには、まず走ることが大切だということ。この先、練習環境が整えば、打ち込みやノックをたくさん受けていくのも効果的な方法だ。

     腕の使い方は申し分ない。ミートまでのスイングもいい。後は強い下半身をつくれるかだけ。そうすれば、長打も十分に期待できる。




    藤田平氏、 阪神・ボーア徹底分析 腕の使い方Good! でも下半身の強さ足りない #阪神タイガース デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/04/05/0013248042.shtml  # @Daily_Onlineより



    @hagakuretora @Daily_Online 🐯ボーア 元気かな❓早く一発見たい‼️👍


    続きを読む

    このページのトップヘ