2

 「交流戦、ソフトバンク-阪神」(13日、ヤフオクドーム)

 緊迫の投手戦を展開してきた阪神の先発・高橋遥人投手が、七回に先制を許し、試合の均衡を破られた。

 五回まで、強力ソフトバンク打線を松田宣の内野安打1本に封じていた高橋遥。六回も難なく三者凡退に抑えたが、味方の援護がなく、最大のヤマ場を七回に迎えた。先頭の今宮に左前打、続く内川に左前打でつながれ、この試合初めての連打を浴び、無死一、二塁のピンチを招いた。

 ここで4番・デスパイネを低めのツーシームで空振り三振。しかし、続くグラシアルを直球2球で追い込むと、カウント1-2からの4球目を完璧に捉えられた。打球は打った瞬間それと分かる先制の3ラン。

 相手先発・大竹と、サウスポー同士の白熱した投手戦を演じてきた虎の若き左腕が、3点を献上した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000111-dal-base


【一軍】交流戦【阪神0-3ソフトバンク】 7回裏 ホークスが先制 投手:高橋遥 打者:グラシアル 結果:レフトスリーランホームラン  http://hanshintigers.jp/  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル



@hanshintigersjp ドンマイ



@hanshintigersjp うーん、負け



@hanshintigersjp ええ球やったのに。しゃーない



@hanshintigersjp 野手の先輩方が全然働かない


続きを読む