とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    西勇輝

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     ◇オープン戦 オリックス―阪神(2019年3月24日 京セラD)

     阪神先発・西がバットで魅せた。1点リードの2回1死満塁で迎えた第1打席に、オリックスの先発・榊原から中前適時打。外角高め直球を見事に弾き返す、打者顔負け打球だった。

     移籍直後に「もともと好きなので」と話していた打席でいきなり結果を出して自らを援護した。“本職”の投球では古巣相手に2回無失点。上々のスタートを切った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-00000211-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     (オープン戦、阪神7-3西武、17日、甲子園)阪神の西は5回1失点。低めに集めて強打の山川、森には仕事をさせなかったが、失点した五回は自らの悪送球でピンチを広げ「最後が悪過ぎますね。今の時期は結果より内容が大事」と反省が口を突いて出た。

     雨が強くなるなどし、2度の中断を挟んだ。それでもオリックスから加入した実力者は、屋外球場を本拠地とするチームでプレーするとあって「悪天候はウエルカム。なかなか体験できないこと。いい勉強になった」と前向きに捉えていた。

    矢野監督(西に)
    「文句ない。内容のレベルはすごく高い」

    木浪(2安打2打点。オープン戦で初めて四球を選び)
    「四球を取れたのが良かった。ちゃんとボールを見られた」

    近本(三回、バント安打でチャンスを広げ)
    「大量得点につながって良かった」

    能見(1回無失点)
    「いろいろ試しながらやりたい」

    ドリス(九回に登板し無失点)
    「自分の投球を心掛けた」

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190317/tig19031718110018-n1.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     ◆オープン戦 阪神―西武(17日・甲子園)

     阪神・西勇輝投手(28)が、オープン戦2度目の先発。西武の強力打線に対し、予定の5回を4安打1失点でマウンドを降りた。

     初回。1死1塁で秋山への3球目を投じた後、降りしきるひょうの影響で試合は一時中断。それでも、再開後は秋山を空振り三振。4番・山川はスプリットでバットをへし折り、中飛に打ち取った。

     2回、3回は三者凡退と抜群。5回は先頭の外崎に四球。続く栗山を投ゴロに打ち取ったに見えたが、自身の二塁悪送球で一、三塁のピンチを迎えた。1死後、二ゴロの間に失点。その後の満塁では得点を許さず、先発の役割を十分に果たしたが、自己採点は厳しい。

     「最後が悪すぎる。今の時期は結果ではなくて内容がすごく大事。その中で自分がした(ミスの)重大さをしっかり受け止めて、この1週間自分なりに考えて練習していきたい」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000156-sph-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    初回の守備、3回の攻撃中に試合が中断するも、5回まで投げ抜く ■阪神 – 西武(オープン戦・17日・甲子園)

     阪神の西勇輝投手が開幕に向けて順調な仕上りを見せた。17日、本拠地・甲子園での西武とのオープン戦。2度の降雨中断にも動じずに5回4安打1失点と好投した。

     不安定な天候にも、西の投球は乱されなかった。初回、いきなり降り出した雹の影響で中断がありながらも無失点に切り抜けると、2回以降も西武打線に得点を許さず。

     3回の攻撃中にも再び雨足が強まり中断を挟んだが、西はマウンドに立ち続けた。5回に四球と自らの失策などでピンチを招き、内野ゴロの間に1点を失ったものの、失点はこれだけ。5回4安打1四球1失点と結果を残した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00320817-fullcount-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神・西勇輝投手(28)が14日、西宮市内の甲子園球場施設内で自身がプロデュースした「西勇輝の東海ご当地尽くし弁当」(税込み1300円)をPRした。出身地である東海地方にちなみ、「味噌カツ」「松阪の鶏焼肉」「四日市の豚テキ」「津餃子」「桑名の牛しぐれ飯」などがぎっしり詰まったこだわりの一品になっている。

     味噌カツをほうばりながら、西は「自分が好きな味がぎゅっと詰まった弁当になっています。食べやすいと思います。よく食べていたので。この味噌カツ。いろんな人に食べてもらいたいなと思います」と声を弾ませた。

     他にも矢野新監督の「矢野監督の豪華ハラミ焼肉スペシャル」(税込み1500円)、「矢野監督のガーリックステーキ丼」(同1300円)など新商品が盛りだくさん。新たなコラボグルメが加わり、甲子園での観戦がますます充実しそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000565-sanspo-base

    続きを読む

    このページのトップヘ