とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    西岡剛

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    昨オフに阪神を戦力外、今季はBCリーグ栃木からNPB復帰を目指す  今季からBCリーグ栃木でプレーする西岡剛内野手。今月13日に行われた敵地での福島戦では4打数無安打に終わったが、「調子はいいですよ」とその表情は明るい。「今、一番野球が楽しいかもしれない」という言葉は成績にも反映されている。今季6戦を終えて21打数8安打、打率.381。すでに1本塁打&6打点を記録し、4盗塁を成功。「体はだいぶ仕上がっています」と力強く語る34歳が目指すのは、原点回帰だ。

    「昔はやっぱりスピードがあったり、キレとか足で稼いだり、それが元々小さい時から僕のスタイル。そのスタイルに戻せるように、体を作っている感じです」

     ここ数年、練習前や試合前に限らず、時間が空けば、入念にストレッチやコンディショニングに励む西岡の姿がある。“スピードスター”と呼ばれた20代前半。41盗塁を決めた2005年には初タイトルを獲得するなど、ロッテ打線を足でバットで引っ張った。だが、できなかったこと、やらなかったこともある。それが、商売道具でもある体のケアだ。

    「20代の頃、僕は練習をサボったことはないけど、体のケアだったり、ストレッチの時間だったり、今思い返すと、できなかったことがいっぱいあるんですよ。なので今、ここでは20代の時にできなかったことを1回やり続けてみようというのを目標にしています」

     独立リーグには、NPB入りを目指す20代前半の若き選手がひしめく。NPB時代は日本一を果たし、MLBも経験した西岡は、34歳の今、NPBではなく独立リーグでプレーする自分の姿を“反面教師”にしてほしいと願っている。

    「いつも若い子たちに言うんです。僕自身は20代の時にただプレーするだけで、体のケアを全くしていなかった。だから、こうやって早く怪我をしてしまって、今ここにいてるんだ。経験した人間が語る言葉やから正しい。頑張って体のケアを続けなさいって。自分を例として伝えてます」




    「そこだけは、多分一生後悔するんだろうなって思います」

     もう1つ、今となってはやり直せない、大きな後悔があるという。それが2010年オフに米ツインズと結んだ3年のメジャー契約を全うせず、2年で帰国したことだ。

    「今、すごく後悔しているのは、3年契約を1年早く打ち切ったこと。それを今、人生を振り返って一番後悔しています。あと1年頑張ったらよかったなって。ただ、あの時の心境に戻ったら、僕自身のキャパをオーバーしてパンクしていた。自己防衛で回避したつもりなんですけど、マイナーであっても、もう1年やりきるべきだったなと思います。今となれば、もう1回マイナーでもいいから経験したいと言っても無理じゃないですか。そこだけは、多分一生後悔するんだろうなって思います」

     同じ後悔を2度と繰り返さないためにも、今はとことんまで野球を追い求めるつもりだ。

    「NPBはもちろん真剣に目指していますけど、ダメな可能性も高いですよね。狭き門なんで。復帰できるパーセンテージを考えると、ものすごい低いところを目指しているかもしれない。ただ、ここでNPBを目指して本当に真剣に取り組んだら、万が一、復帰できなかったとしても新しい物が見えてきたりすると思うんです。ここでそれを中途半端にしてしまうと、野球を終えた後、もっとしんどい人生が待っていると思っているんです。

     僕はここで社会人1年目を経験している。今までNPBやMLBという、言ってみれば非現実的な世界にいたので、水を飲みたかったらペットボトルが並んでいた。でも、今は毎回自分で自販機に買いに行く。それが現実の世界。その現実を経験できていることに、僕は感謝しないといけないですね」

     中途半端に終わらせることはしたくない。だからこそ、今年は何があっても1年プレーし続けると決めている。

    「去年戦力外になったことは悔しいですけど、僕も長い間プロの世界にいてるから、自分のここ何年かの成績だったりを見て、『今年言われるだろうな』っていう覚悟はしていた。あまりショックとかはないんですよ。でも、引退試合まで用意するって言ってくれたのを断って、野球を続けると言った以上は、この戦力外も通過点にしないといけないんですよ。トライアウトはあと2回受けられるし、とりあえず、この1年は絶対どんなことがあってもやりきります」

     決して平坦ではなく、右に曲がり左に曲がり、紆余曲折の多い野球人生を歩んできた。ただ、今でも野球を続けていられる事実には、感謝の思いしか浮かばない。これ以上後悔を増やさないためにも、納得がいくまでプレーし続ける。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00347277-fullcount-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     昨季限りで阪神を自由契約となり、プロ野球独立リーグ「ルートインBCリーグ」の栃木ゴールデンブレーブスに入団した西岡剛は7日、地元初戦となる小山運動公園野球場(栃木県小山市)での群馬ダイヤモンドペガサス戦でBCリーグでの初本塁打を放った。

     ひたちなか市民球場(茨城県ひたちなか市)での開幕戦、茨城アストロプラネッツ戦でも三塁打、二塁打を含む3安打3打点の活躍をみせ、8-0で快勝した開幕戦でファンの期待に応えた。

     7日は二回、チームが逆転した直後に左翼スタンドに飛び込む2点本塁打で地元ファンを沸かせた。五回は内野強襲安打で出塁後、エンドランで判断よく三塁へ進み、その後の敵失で生還するなど走塁でも見せ場をつくった。試合は12-3で大勝。西岡は開幕連勝に貢献する活躍だった。試合後は「一人でも多く球場に足を運んでもらえるよう頑張っていく。一緒に戦いましょう」とファンに呼び掛けた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00000531-san-l09 



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    7: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/04/06(土) 20:08:15.63 ID:JKpVHjdqp
     昨季限りで阪神を自由契約になり、ルートインBCリーグ・栃木に入団した西岡剛内野手(34)が6日、茨城県ひたちなか市総合運動公園で行われた茨城との今季開幕戦に「1番・DH」でスタメン出場した。

     背番号1のユニホームに身を包み、ファンから「ホームラン、ホームラン、西岡!」の声援に送られながら初回の打席に立った。「緊張していましたよ」。そう言うが、驚きの動きを見せる。初球、いきなりセーフティーバントを試みる。三塁線へ転がった打球は惜しくもファウルとなったが、2球目をジャストミート。ライナーが右翼線で弾むと、一塁を迷うことなく蹴って二塁まで進んだ。

     続く打者の右飛は定位置よりも浅いが、果敢にタッチアップ。先の塁を奪いとると、3番打者の右犠飛で生還した。「自分はセーフティーバントや内野安打で率を稼いできた」。かつて「スピードスター」と呼ばれた本来の姿を、いきなり新天地で披露した。

     3回の2打席目は、中飛。6回、先頭で回った第3打席は捕邪飛。8回無死一塁での第4打席は左前に安打を放ち、二盗もマーク。続く青木の中前適時打で3点目のホームを踏んだ。さらに9回無死満塁では一塁線を破る走者一掃の三塁打。チームは8―0と大勝したが、その原動力は本塁打が出れば、サイクル安打という3安打3打点の活躍を見せた西岡だった。

     

     ロッテ時代は首位打者に輝き、メジャーリーグも経験したが、阪神ではアキレス腱断裂という大怪我を負い、思うような成績を残せなかった。目標はNPB復帰。昨季、栃木に所属した元巨人・村田修一は支配下登録限となる7月末をメドに、自身の去就について「線」を引いたが、西岡は「まったく、そんなことは考えていません。グラウンドでプレーできてめっちゃうれしいです」とユニホームを泥だらけにして、すっかり野球小僧の顔に戻っていた。

    10: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/04/06(土) 20:08:31.72 ID:JKpVHjdqp

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1554548763/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/04/04(木) 15:30:17.30 ID:SZOBP4P100404
    <巨人3軍-BC栃木>◇4日◇ジャイアンツ球場

    昨季限りで阪神を退団し、BC栃木でプレーする西岡剛内野手(34)が、
    巨人3軍との一戦でソロ本塁打を放った。

    0-0で迎えた6回2死、巨人育成の橋本篤郎投手(21)から左翼の防球ネットに直撃する1発を放った。
    1打席目はルーキー戸郷翔征投手(19)の147キロの直球を二ゴロ。
    2打席目は戸郷のフォークを空振り三振だった。
    3打数1安打1打点で、6回裏の守備から交代した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-04040478-nksports-base

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/04/04(木) 15:31:21.65 ID:hr2sVLZ400404
    やったぜ。

    8: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/04/04(木) 15:32:07.47 ID:576GkCz2d0404
    貧打ロッテにピンズド

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1554359417/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神の掛布雅之シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA、63)が3日、都内にあるルートイン品川大井町で、「BCリーグ、KIZUNA プロジェクト協議記者発表会」に出席した。

     今回はドキュメンタリー番組「Dreamers~夢を追いかける男達~」に出演することで、プロ野球OBの田尾安志氏、川相昌弘氏らと、記者発表会に参加した。

     会見では、今シーズンから栃木ゴールデンブレーブスに入団した西岡剛内野手(34)について言及した。阪神を昨季限りで自由契約となったが、掛布SEAが2軍監督時代、温かく接してきた教え子。「どういう形で彼が盛り上げるか楽しみ。わがままを言って、1試合くらい見させてもらいたい」と、試合観戦を心待ちにした上で、NPB復帰に向けて熱いエールを送った。

     「西岡にハッパを掛けたいですね。もう一度、BCからプロ野球に戻るつもりで、強い決意を持ってやってもらいたい。BCを最後に辞めるという考えは、捨ててもらいたいですね。BCを盛り上げられる存在として、今年1年戦ってもらいたいと思っています」

     「Dreamers-」は、プロ野球レジェンドOBが、独立リーグ「ルートイン・BCリーグ」に所属する全選手の中から、未来のスター好捕を取材し推し選手を決め、今秋ドラフトで指名されるか否かまでを追うドキュメンタリー番組。同リーグからNPB入りした選手の今に迫るコーナーや、掛布氏ら解説者がテーマに沿って深掘り解説する企画など、4つのコーナーに分けて、1時間の番組を編成している。

     初回配信は本日4月3日(水)20:00を予定。以降は毎週木曜日の20:00からライブ配信される。番組の視聴には専用のライブ配信アプリ「KIZUNA LIVE!」のインストールが必要。詳しくは番組サイト(https://kizuna-athletes.jp/dreamers/)まで。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190403-00000065-dal-base
    続きを読む

    このページのトップヘ