とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    西武

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/14(火) 16:58:38.58 ID:zjLOlV3Z0
    じつはAさん、森とは、このときが初対面だったという。

    「会う前に電話で話したとき、『コロナで開幕が遅れて、俺めっちゃ暇なんだよね』
    って言ってました」(Aさん、以下同)

     西武は、コロナの感染拡大にともない、3月26日から全選手に外出及び外食禁止、
    そして翌27日から3日間の自宅待機を通達していた。脱法行為のように、森がAさんを
    自宅に呼んだのは、その27日の夜だった。

     この日はまた、森が大阪桐蔭高校時代にバッテリーを組み、甲子園で春夏連覇を
    達成した先輩で、阪神の藤浪晋太郎投手(26)のコロナ感染が発表された日でもあった。

     Aさんと森の出会いのきっかけは、2019年夏に飲み会で知り合った女性からの紹介
    だったという。

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/14(火) 16:58:51.25 ID:zjLOlV3Z0
    「3月24日に、初めてLINEが送られてきました。それから3日連続で『家に来て』と
    口説かれて、『有名な選手だし、一度会ってみようかな』って」

     Aさんが森の自宅を訪れたのは、20時ごろだった。

    「最初は会話も弾まず、黙ってテレビを見ていたんですが、急に『洗濯物を
    取り込んで畳んで』って言われて……」

     さらに要求はエスカレート。

    「今度は、『脚をマッサージしてや』って言われ、ベッドに移動しました。
    女性モノのオイルがたくさんあって、『それを使ってくれ』と。電気を消して
    音楽を流し、ハーフパンツをまくりあげるんです」

     その後、1時間近くマッサージをしてあげたというAさん。

    「だんだんキワキワのラインというか、完全にふれていたんですけど、
    『そこさわって』『もうちょっと奥』と、しつこく言ってくるんです。さらに、
    私の腰に両脚を絡めて体を密着させてきたので、『やめて』と何度も抵抗しました」

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/14(火) 16:59:07.76 ID:zjLOlV3Z0
     Aさんが拒み続けると、森はまたソファに戻ってテレビを見はじめた。そのあいだ
    Aさんは、キッチンの洗い物をさせられたという。時刻は24時――。

    「気まずい雰囲気になったし、『(西武の)後輩が来る』と言うので、私も帰ることに
    しました。帰り際『また今度』と、タクシー代として1万円を渡されましたが、私は
    家政婦さんじゃないし、もう二度と会うつもりはありません」

     球団広報に事実を確認した。

    「知人からの紹介で自宅に来た女性が、マッサージをしたことは事実です」と
    認めつつも、「マッサージ中に抱き寄せるなどの行為や、セクハラと
    受け取られるような会話は、なかったという認識です」という。

    14: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/14(火) 17:00:21.92 ID:zjLOlV3Z0
    西武ライオンズ 森友哉、自宅で一般女性に「濃厚接触」強要
    4/14(火) 6:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200414-00010000-flash-peo

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1586851118/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     貴重なチームの盛り上げ役に、新たな人物が加わった。トライアウトを経て今季から西武に加入した森越祐人。春季キャンプをA班で過ごすと、持ち前の明るさで瞬く間にチームに溶け込んだ。練習試合、オープン戦とチームづくりが進む中、そのユーモアさが浸透。源田壮亮、外崎修汰がそろって新ムードメーカーは「森越さん」と口をそろえるほどだ。

    「とにかく“返し”が面白い。あのトークセンス、僕も欲しい」と絶賛するのは外崎。源田は「後輩からもいじられていますし、みんなでワイワイしゃべっているときにちょいちょい入れてくる言葉が面白い。頭がいいんでしょうね。10年目の選手が年下選手ばかりのチームに来て、すぐになじんでそうやって盛り上げてくれるのは本当にありがたいです」と雰囲気づくりに一役買ってくれることを主将として感謝する。

     特にその抜群の話術が発揮されるのが試合前の“声出し”だ。「『早く声出ししたいわ~』と言っていてオープン戦で1回やったのですがウケていました。シーズン中も楽しみ」と源田も期待するが、森越本人もしっかりとしたこだわりを持っている。

    「とにかく笑ってくれればいい。笑いが生まれれば絶対に雰囲気は良くなると思うので。僕なりに中日、阪神でやってきたことを生かし、いつ指名されてもいいように準備はしています」

     内野の全位置を網羅する高い守備力と盛り上げキャラ。決して誰にでもできるわけではない特異な武器で着々と存在感を高めている。




    西武・森越祐人 存在感を高める新たに加わった盛り上げキャラ/わがチームのムードメーカー | 週刊ベースボールONLINE  http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=015-20200406-04  師匠熊代&弟子森越の誕生だなww


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/04(火) 16:38:02.23 ID:LvglkP2Ip
    2

    西武の榎田大樹投手(32)が4日、メットライフドームで契約更改交渉に臨み、2800万円増の年俸5500万円でサインした。(金額は推定)

    開幕直前に阪神からトレードで加入。プロ8年目で初めての2桁となる11勝(4敗)、防御率3・32をマークした。阪神での先発登板は14年が最後だったが、新天地では菊池に次ぐ左の先発としてシーズンを通してローテを守り、132回2/3の投球回も自己最多だった。

    会見では「充実した1年だった。こういう1年で回れたらいいな、というのが現実にできた」と納得顔で振り返った。球団からは「文句なしというか、1年間やってくれた。また来年へ向けて頑張ってくれと言ってもらった」と明かした。

    阪神時代は1年目にいきなり62試合に登板。昨年までの7シーズンで通算13勝を挙げたが、昨年は登板3試合で0勝だった。新天地で復活のシーズンとなったことも冷静に受け止めている。 「僕自身がこれが何か変えようと思っていた中でのトレードで、今年の頭からできるんじゃないかと思っていた」。オフからの取り組みに手応えを感じていた中での移籍。その結果の2桁勝利を「これが阪神だったらどうかといえばやれたかもしれないし、やれなかったかもしれない。打線の援護もあったけど、チームが変わっただけで自分は変わらず投げられた。ルーキーで阪神に入った時の形をまた取り戻せたのかなという思い」と振り返った。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00010013-nishispo-base

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/04(火) 16:38:21.97 ID:LvglkP2Ip
    ええんか?

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1543909082/

    続きを読む