とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    赤星憲広

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    関西学院大学から社会人野球の大阪ガスを経て、2018年のドラフト1位で阪神に入団した近本光司。開幕スタメンを掴み取り、6月10日時点で打率.304、16盗塁と、見事にリードオフマンの役目を果たしている。

     50m5秒8と抜群の走力を誇る左の一番打者、ポジションも同じセンターということで、かつての不動のリードオフマンである赤星憲広氏と比較されることが多くなっているが、赤星氏本人はどう評価しているのか。選手としての特長や、今後に向けての課題などを聞いた。

    ――近本選手が周囲から「赤星二世」と呼ばれていることについて、赤星さんはどう思っていますか?

    「近本が入団会見で『赤星さんを目標にしています』と口にしたので、これまでになく取材が殺到しましたよ(笑)。でも、大阪ガス時代に見た時には、彼は主に五番打者として活躍していましたし、私とは少しタイプが違う選手なんじゃないかなという印象がありました」

    ――その違いとは?

    「打撃面で長打力があることが決定的に違いますね。私はプロ通算のホームランが3本でしたが、彼は1年目ですでに5本も打っています。投手側の足を上げる、彼であれば右足を高く上げて打つフォームは、ボールの質が上がるプロではタイミングがうまく取れなくなる選手も多いんですけど、そんな心配など関係なく結果を出しています。

     長打力があるかないかでは、相手バッテリーの攻め方にも差が生まれるんです。私には長打がなかったので、四球で塁に出さないことを最優先にストライクゾーンで勝負されることが多かった。一方、近本にはホームランを打たれるリスクがありますから、簡単にはストライクを投げられなくなります。打ち取るまでの配球により工夫が必要なので、すごく嫌な存在でしょうね」

    ――赤星さんから見て、現役選手の中でタイプが似ている選手はいますか?

    「バッティングフォームや体格も含め、やはり左打者であるヤクルトの青木宣親に近い。近本は彼を目指すべきなんじゃないか、と思っています。青木は入団2年目で202安打を放つなど、どちらかといえば"打つ選手"のイメージが強かったんですが、翌年に41盗塁して私の"6年連続盗塁王"を阻止しました。その年から本塁打も増えましたし、2人はイメージが被る部分が多いです。違うのは、利き腕くらいでしょうか」

    続き▼
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00862340-sportiva-base



    赤星憲広がルーキー近本光司を分析。 「私との決定的な違いがある」(webスポルティーバ) 近本の活躍が他の若虎達にめっちゃ大きな刺激を与えてると思う。これからの夏場を上手く乗り切れば両タイトルいけるで!頑張って!  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00862340-sportiva-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 19/05/27(月)11:50:34 ID:16Q
    1 二 上本博紀(2009~) .271 29本 151打点 87盗塁
    2 三 荒木郁也(2011~) .195 0本 2打点 12盗塁
    3 一 赤松真人(2005~) .249 21本 144打点 136盗塁 (2008年から広島) 
    4 中 近本光司(2019~) .305 5本 19打点 14盗塁
    5 右 藤川俊介(2010~) .251 9本 86打点 28盗塁
    6 遊 植田海(2015~) .119 0本 1打点 20盗塁
    7 捕 島田海吏(2018~) .200 0本 1打点 0盗塁
    8 左 柴田講平(2009~2017) .230 2本 22打点 16盗塁
    9 投 田上健一(2010~2015) .247 0本 11打点 3盗塁

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 19/05/27(月)11:50:55 ID:16Q
    (控え)
    甲斐雄平(2010~2012) 一軍出場なし
    阪口哲也(2011~2014) 一軍出場なし
    穴田真規(2011~2013) 一軍出場なし
    緒方凌介(2013~2018) .220 2本 5打点 2盗塁
    江越大賀(2015~) .201 13本 37打点 10盗塁
    板山祐太郎(2016~) .236 1本 8打点 1盗塁
    熊谷敬宥(2018~) 一軍出場なし

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1558925434/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 平成31年 04/18(木)22:49:06 ID:jgm
    上本より小力あるんちゃうか、これ

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1555595346/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
     MBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・56)の27日放送は、元阪神でスポニチ本紙評論家の赤星憲広氏(42)が登場。高校時代に「これは打てない…」と悟った「衝撃のストレート」を投げたピッチャーについて話す。

     番組は「平成最後の甲子園アワード」。平成時代の甲子園での高校野球を語り合うという企画。赤星氏が「平成最後に語りたい最強ヒーロー」として名前を挙げたのは1994年の第66回センバツに出場した横浜高・矢野英司投手(42)。のちに横浜、近鉄、楽天と渡り歩いた右腕だ。

     赤星氏率いる大府高(愛知)も出場し、その1回戦の相手が横浜高。赤星氏は「愛知県にも球速140キロ以上を投げるピッチャーは結構いた」と当時を振り返り、自らも「速いボールに対しては自信がある方だった」という。しかし、赤星氏は「甲子園で矢野投手の1球目を見たときに“えっ”と思った」と語った。高校時代ほとんど三振をしなかったという赤星氏だが、結果は空振り三振。「球速は142、3キロくらいなのに、ボールがバットのさらに上を通過していた。これは(打つのは)無理だ」と悟ったという。赤星氏に続く打線も、赤星氏の空振り三振を見て影響を受けたのか、初回を3者連続三振に仕留められ、3―10で初戦敗退となった。

     赤星氏は「この時に受けた衝撃ほどのストレートはプロでもなかった」とコメント。剛速球で知られる元チームメイト・藤川球児投手(38)については「紅白戦でしか対戦したことがないので分からないが、球児と対戦できてたら同じ感覚だったかも」とも語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000213-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/04(月) 19:45:14.21 ID:Bwta1/7S9
    元阪神で野球解説者の赤星憲広氏(42)が4日、レギュラーを務める読売テレビ「かんさい情報ネットten.」に出演。
    選手時代にファンからハサミで髪の毛を切られそうになり、驚いたことを明かした。

    番組では、中日・松坂大輔投手がキャンプ中にファンと接触した際、右腕を引かれて右肩の炎症を起こし、キャンプを途中離脱した問題に触れた。

    赤星氏は「だいぶ前の話」とした上で、移動中の新大阪駅での出来事を告白。「ファンの方に並んでサインしてたら、
    並んでるファンの方たちが『危ない!』って言うから、何だろ?と振り返ったら、ここ(首の後ろ)にハサミが」と恐怖体験を振り返った。

    ファンが髪の毛を切ろうとしていたと思われるが、ハサミが顔の近くにあったという危険な場面。
    ハサミを持っていた人物は「捕まえるにも捕まえられなかった」といい、「(僕を)殺そうとしたわけじゃないですよ」と苦笑いでフォローしていた。

    松坂の件について、「選手たちをけがさせてしまうのはよくないし、
    何より、選手たちがサインするの、怖い、と思うのがよくない」とファンサービスを怖い、と敬遠する選手が増えることを心配していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00000118-dal-base
    3/4(月) 19:36配信

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1551696314/

    続きを読む

    このページのトップヘ