とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    赤星憲広

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ リーグ優勝の可能性「十分あると思う」

     元阪神の赤星憲広氏が16日、都内でインターネット銀行「じぶん銀行」が主催するトークイベント『じぶん銀行・臼井社長×赤星憲広 特別対談 “教えて!臼井社長”』に登場。熱烈な“虎党”だというじぶん銀行の臼井社長とともに、古巣・阪神にまつわるトークを展開した。

    ☆ウィークポイントは助っ人獲得でカバー 阪神・2019年内の「IN/OUT」まとめ


     いよいよ2月1日の“球春到来”が近づいてきたなか、ファンとして気になるのはやはり『優勝』の行方。臼井社長も熱心に耳を傾けるなか、赤星氏は「キャンプ前で判断材料が少ない」段階であることは踏まえつつも、昨季の戦いぶりと今オフの補強を見た上で、「リーグ1位の可能性が十分あると思う」と、15年ぶりのリーグ制覇に期待を込める。

     「阪神の投手陣はセ・リーグでダントツ1位だと思う」と語った赤星氏。一方で、「昨年は大山選手に負担がかかりすぎて、他の選手がバックアップできなかったというのもあると思うので、今年獲った助っ人外国人がひとりでもふたりでも活躍してくれれば、優勝する可能性が十分あると思う」と打線を課題に挙げ、新たに獲得したボーア、サンズら4番候補の新助っ人をリーグ制覇のキーマンに挙げた。


    ◆ 侍ジャパンの「4番」を引き合いに…

     また、得点力不足に苦しんだチームの中では、昨季4番に座った大山悠輔についても言及。「大山くんがブレークするためには、特にボーアが4番に君臨してくれれば負担が軽減できるんですよ」と、助っ人の活躍が与える相乗効果への期待も口にする。

     大山は全143試合に出場して打率.258(538-139)、14本塁打と76打点はともにチームトップという数字を残したが、ファンからは“4番”としての働きぶりに疑問を投げかける声も少なくなかった。

     それでも、赤星氏は「阪神ファンからは厳しい評価を受けているかもしれないけど、周りがあれだけ援護できないなかよく頑張ったと思う」と昨年の奮闘ぶりを評価。

     つづけて、「4番が育つかどうかは前後にいい打者がいるかどうかが大きいと思う。カープの鈴木誠也選手がすごい打者になりましたけど、あれは前に“タナキクマル”がいたり、後ろに僕の同級生の新井くんがいたからこそ、鈴木誠也という選手が成長できたと思う」と熱弁。日本代表の4番も務める侍戦士を引き合いに出し、周囲のサポートが大砲育成のカギを握るとコメント。

     「今年はやってくれると思う。彼の負担が減ればもっと成長することができる」。

     阪神優勝のカギを握る新助っ人とともに、期待を背負う若き主砲へエールを送った。

    BASEBALL KING




    📰阪神🐯 OB赤星氏からタイガースファンへ 「大山くんはよくやってる」 👉  https://baseballking.jp/ns/215018  ✅ 侍ジャパンでも“4番”に座った広島・鈴木誠也を引き合いに出し、大砲育成のカギを語りました。 #tigers pic.twitter.com/zb7sUoNT7k



    よくやったと思うよ。 文句言う人は、3割30本打っても、チャンスにたった一度の凡打も許せない性格の人。 阪神OB・赤星氏からタイガースファンへ「大山くんはよくやってる」(ベースボールキング)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00215018-baseballk-base 



    赤星さん「大山くんはよくやってる」 (これは後世に語り継ぎたい名言🤔)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神OBの赤星憲広氏(43=本紙評論家)が21日に甲子園歴史館でトークショーに参加し、来季2年目を迎える近本にエールを送った。

     「3割2分、10本、50盗塁。50は厳しいかな。でも、やっぱり梅野を敵にしていないというのは大きいので。セ・リーグでは小林(巨人)ぐらい。あとは全部セーフ(になれる)。そう考えたら、もっと増えていいかなと」

     課したハードルの高さは期待の裏返しで、言葉はいっそう熱を帯びた。「彼にも言っているんですけど、“俺じゃないよ。目指すべきところは福本さんや青木だよ”と。大きな武器は強い打球を打てる、長打があるところ。目指すべきところはもちろん3割。出塁率を上げないと」。阪急黄金期に活躍した福本豊氏は1065盗塁の俊足だけでなく、2543安打&208本塁打を誇った強打者。近本の理想の将来像として重ね合わせた。

     トークショーに先立って「第13回レッドスターベースボールクラブ甲子園カップ」の表彰式に参加し、同クラブ理事長として優勝のニュー・ヤンキース、準優勝の大阪城東リトルシニアを表彰した。リーグの垣根を越えた22チームの中学3年生が出場し、「たくさんの子供たちの戦いを見て、いつも僕自身が奮い立たせてもらっている」と喜んだ。




    赤星氏エール「近本よ福本さん目指せ!」 期待大きく俊足強打が理想― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/12/22/kiji/20191222s00001173048000c.html  目標はデッカく、3割2分、10本、50盗塁。福本さんを目指せ! 俊足強打の打者となるのだ‼️😁🐯



    ガキの頃、ナンバ球場の阪急戦では、初回に福さんが打席に立つのをワクワクしてみてたわ。 近本も毎年コンスタントに好成績挙げて、ファンをワクワクさせる選手になったってや。 赤星氏エール「近本よ福本さん目指せ!」 期待大きく俊足強打が理想(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00000037-spnannex-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    阪神OBの赤星憲広氏(43=野球解説者)が21日、甲子園球場で行われた甲子園歴史館特別企画のトークショーで今季の阪神を振り返った。

    司会者の「今年の阪神に点数を付けるなら」という問いからスタート。これには「80点。めちゃくちゃ高いです。去年最下位から3位ですよ。すごいと思う」と、怒濤(どとう)の6連勝でCS進出を決めるなど、矢野阪神が見せた執念を称賛した。

    今季MVPには近本、梅野、島本と3選手から悩み抜いた末に梅野を選出。「扇の要としてしっかりしてくれた。骨折しながら出てくれたりね。梅野なくしてはという感じになっている」と評価。

    リーグ新人最多記録を更新する159安打を放った近本には「3割2分、10本、50盗塁」の高い数字を要望。「強い打球も打てる。併殺打が少ないのも武器だし。それくらいの数字残してほしい。2年目のジンクスって言われるけど、上回れるかどうか。彼はいろいろな人から話を聞いて自分のものにしようとする。良いときも悪いときもあるだろうけど、乗り越えてくれると思う」と、努力家ルーキーに期待を寄せた。




    赤星憲広氏 甲子園歴史館特別企画の トークショーで 近本に… 『3割2分・50盗塁』 要望 #赤星憲広 (日刊スポーツ)  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912210000597.html 



    赤星さんA型、近本くんB型、なんよね、


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title


    昨年に続き、高校生の上位指名が目立った今秋のドラフト。矢野燿大新監督のもとでリーグ3位となり、クライマックスシリーズのファイナルステージに進出した阪神は、1位で狙った奥川恭伸(星陵)は3球団競合の末に外したものの、将来有望な選手たちを次々と指名していった。

     プロ野球ファンの間でも評価が高いドラフトになったが、現役時代に5回の盗塁王に輝くなど、阪神のレジェンドOBである赤星憲広氏はどう評価したのか。

    ――今秋の阪神のドラフトに、赤星さんが点数をつけるとしたら?

    「95点です。私が目をつけていた高校生たちが次から次へと指名されていくので、思わず『いいね!』と声が漏れましたよ(笑)。近年は、社会人や大学から即戦力を期待する選手の指名が続いていましたが、完全にシフトチェンジしましたね」

    ――1位指名を狙った星陵の奥川恭伸投手は、巨人、ヤクルトとの競合になり、抽選で交渉権を逃してしまいましたが。

    「"外れ1位"で単独指名した西(純也/創志学園)も、奥川に引けを取らない投手だと思っています。個人的には、オリックスに1位指名された興南高校の宮城(大弥)にも注目していましたが、西にはプロで活躍するために必要なタフさがあり、ケガにも強そうなイメージがあります。

     U-18日本代表でも堂々たるピッチングをして、大舞台で実力が発揮できることを証明しました。奥川と比べると、現時点では『器用さ』と『完成度』という点では劣るかもしれないですけど、将来の阪神のエース候補として大きな期待を抱かせる逸材です。早ければ2年目、3年目で頭角を現してくるんじゃないでしょうか」

    ――2位では、今夏の甲子園決勝で特大アーチを放った右の大砲、履正社の井上広大選手を指名しましたね。

    「ドラフト前の注目度からすると2位以下でも獲得できたような気もしますが、甲子園優勝校の4番をどうしても他球団に取られたくなかったのでしょう。『クリーンナップを打てる強打者を育てたい』という球団の意思が感じられる、いい指名だったと思います」

    ▼記事の続きはこちら



    片山勢三がPanasonicじゃなかったらなあ。 右の大砲候補で被るのがよりによって藤谷洸介なのが不運だったと思います。 赤星憲広の阪神ドラフト評価は何点?「上位が成長したら10年安泰」|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva  https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2019/10/30/___split_187/ 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=が23日のヤクルト戦(神宮)で2安打。今季128安打とし、新人では球団OBの赤星憲広氏に並んだ。

     「1番・中堅」で先発し、一回、遊撃へのボテボテの当たりで快足を飛ばし、内野安打。4-3の八回には右前打を放ち、先頭打者として128安打目を放った。近本にとって赤星氏は、ドラフトで指名されて以降「目標」と口にし続けてきた大先輩。数字で偉大な先輩に並び、必死にホームベースを目指した。

     守備でもビッグプレーをみせた。七回1死一、二塁からドリスが2球連続暴投。1点差とされ、なお1死三塁でバレンティンの飛球は近本のもとへ。これを本塁にノーバウンド返球。一度はセーフの判定も、リクエストで覆りアウトに。全力プレーでリードを守った。





    赤星に並んだ!阪神近本が球団新人4位128安打(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-08230972-nksports-base 



    今日はマルチ!! 赤星(128)に並んだ! でもなんと言っても7回の補殺ですね あれで勝ちましたわ 近本 128安打 25盗塁 球団新人最多安打 高山 136安打 今季最多安打 今季最多盗塁 鈴木 139安打 大島 28盗塁 山田 28盗塁 残り26試合 明日も頼みます!🐯🐯



    近本の今日二本目のヒットを起点にツーアウトから3点もよくとってくれた! 4連勝は目の前や! ちなみに近本はマルチ安打で 赤星さんのプロ1年目のヒット数128本に並びました! 1つ憧れの人に近づいたね!


    続きを読む