1


 【球界ここだけの話】

 7月10日からプロ野球は5000人を上限に観客を入れて試合が行われている。阪神の本拠地甲子園球場では、ジャスティン・ボーア内野手(32)のレプリカユニホームを来たファンが日ごとに増えていった。

 「じつは、ボーア選手の商品が先週(7月14日~19日)は売り上げのトップでした。レプリカユニホーム(7700円)も人気ですが、名前が入ったタオルの中には完売で。業者に発注して、入荷待ちです」

 グッズ担当者の1人は顔をほころばせた。開幕直後は日本の投手に戸惑い、凡打の山。ボーアのグッズ商品の売り上げはもうひとつだったが…。7月に入って調子を上げるとともに“ボーアグッズ”の売れ行きも右肩上がり。選手別のグッズ売り上げランキングのトップになった。

 「打つだけでなく、巨体を揺らして全力疾走してヘッドスライディングをしたり、守備でも一生懸命プレーする姿も共感を呼んでいますね。それと、愛くるしい表情もファンから支持されるみたいです」(グッズ担当者の1人)。

 最近の外国人選手ではメッセンジャー(2010年~19年)やマートン(10年~15年)のレプリカユニホームもヒット商品となったが、1年目からランキング1位となった選手はいなかったという。

 これまでグッズ商品の選手別売り上げランキングで、長年トップに君臨した鳥谷が昨季限りで退団し、ロッテに入団した。昨季はルーキーでセ・リーグ新人安打記録を作った近本の商品がヒットしたが、今年はドラフトで入団した6人のうち5人が高校生。ニューフェースで期待できるのは外国人選手だ。

 右臀部の張りで7月19日の中日戦(甲子園)から欠場していたボーアは同23日の広島戦(甲子園)での代打出場を経て同24日の中日戦(ナゴヤドーム)でスタメン復帰した。「本塁打のタイトルを取るぐらいの活躍をしてほしいですね」-。球団首脳も“バースの再来”といわれる助っ人に熱視線だ。(三木建次)




ボニキ大人気。 【球界ここだけの話(2035)】阪神・ボーアが虎の選手別グッズ売り上げのトップに「愛くるしい表情がいい!」  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200725/tig20072512000012-n1.html 



ボーアのグッズは売り切れ続出とのことで 阪神 ボーアが代打登場で甲子園大盛り上がり 四球で好機拡大もサンズが倒れ追い上げならず(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200723-00000289-spnannex-base 


続きを読む