2


<巨人10-1阪神>◇4日◇東京ドーム

阪神坂本誠志郎捕手が大敗に険しい表情だった。5回、左翼に今季初アーチのソロ本塁打を放ったが、悔しげなしぐさを見せていた。「本塁打を打って、結果も大事かもしれないですけど、僕のなかでは今日は…」と言葉をのみ込んだ。

先発浜地をもり立てられず、1回は重盗も決められて失点してしまった。二塁送球が高く浮き、北條も体勢を崩しながら捕るほどだった。「タイミングもある。球が高くいってしまった」。骨折欠場中の梅野に代わって2試合先発マスクをかぶったが守りで結果を残せなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-04041262-nksports-base

続きを読む