1


 「高校野球愛媛大会・準々決勝、松山聖陵10-1今治西(7回コールド)」(6日、西条)

 金属バットがポッキリと折れた。

 五回2死三塁、今治西の越智崚介投手(3年)が投じたインコースのストレート。松山聖陵の2番・鎌倉昇磨内野手(3年)が振り抜くと、ライナー性の打球は一塁方向へ飛び、同時にバットも吹っ飛んだ。すっぽ抜けたのではない。鎌倉の手元にはグリップの一部が残っていた。金属バットが折れた。見たことのない光景に球場はざわついた。

 折れたバットは試合用で、使い込まれたものではなく、使用して半年ほどだという。バットを折られた鎌倉は「結構しっかりと捉えたと思ったので…」と、言葉を失った。折れたバットは審判部が持ち帰り、メーカーへ調査を依頼するという。

 まさかの光景をつくりだした越智だが「折ったことには特に何も思わない。気持ちを込めて投げるだけでした」と、冷静に語った。松山聖陵の強力打線を前に「開き直って、思い切って攻めよう」と、果敢にインコースを攻め、五回まで無失点に抑えたが、六回に4安打を浴び、失策も絡んで5失点で降板。試合後は「このメンバーだからここまでやってこられた。みんなにありがとう、と言いたい」と、真っ赤な目でチームメートへの感謝を口にした。




【金属バット真っ二つ 球場騒然】  https://yahoo.jp/sBztLF  高校野球愛媛大会・準々決勝の試合中に、金属バットがポッキリと折れた。打者の手元にはグリップの一部が残り、見たことのない光景に球場はざわついた。



@YahooNewsTopics どんな魔球投げたんだ



@YahooNewsTopics 金属疲労と高い気温による膨張が起因かな?


続きを読む