1


 阪神・金村暁投手コーチ(44)が30日、甲子園での集合練習後、球団を通じて取材に応じた。開幕ローテ候補だった藤浪の代役として、この日、1軍合流した望月を先発候補に入れる方針を明かした。

 今季は開幕後に6連戦が続くことが想定されている。金村投手コーチは「先発の頭数は基本的には6枚」と構想を説明。西勇、青柳が確実だが、2人以外は流動的だ。

 さらに藤浪と高橋の離脱で枠は広がった。同コーチは「まだ固まっているわけではないし、競争の中で結果を出してほしい」と新戦力の台頭に期待。藤浪の代役候補となりえるのが望月だ。

 首脳陣は2軍の推薦を受けて右腕を1軍に招集。金村コーチは31日の紅白戦で登板させることを明かし、「まず短いイニングで見てみて。2軍ではずっと先発調整しているから、(先発と中継ぎの)両てんびんにかけながら」。当初はリリーフでの起用が濃厚とみられていたが、結果を出せばローテ争いに加える方針だ。

 また、同コーチは高橋の穴を埋める存在として、故障で出遅れていたガルシアも先発調整させる方針を示した。「左の頭数を考えた時に、まずは先発で調整してもらおうと」。開幕まで約3週間。1軍では秋山、岩貞、ガンケル、スアレスらがしのぎを削ってきたローテ争いは一層、激しさを増す。




再び巡って来た。弾丸豪速球投手の先発転向が... ガルシアさんと望月君が先発ローテ候補になるかも。 望月君は中継ぎ調整と思われましたが。 藤浪君の代役というところ🤔 遥人君の離脱もあり、枠争いは更に激化。 pic.twitter.com/8G979KJ5Tj



@Taka87395102 ?代役? いやいや 去年クライマックス 読売戦 初戦先発投手ですよ 打たれたけどさ(笑)


続きを読む