とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    関本勇輔

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    第92回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)の出場32校を決定する選考会が24日、大阪市内で開かれる。昨夏初優勝した履正社(大阪)は、秋季近畿大会4強で出場は確実。主将で4番の関本勇輔捕手(2年)は元阪神関本賢太郎氏(41)の長男で、父譲りの勝負強い打撃が売り。夏春連覇はこれまで4校しかなく、82年夏-83年春の池田(徳島)が最後。関西では史上初となる夏春連覇へチャレンジする。

       ◇   ◇   ◇

    関本は主将らしく、先頭で坂道ダッシュを駆け上がり、背中でチームを鼓舞した。「ノックとかみんな熱く練習している。気持ちが高まってきている」と、ナインはすでにセンバツモードに入っている。

    これまでに4校しかない夏春連覇。平成の時代には1度もなかった。岡田龍生監督(58)が「夏春連覇は、チームが全然違うので難しい。半分以上が入れ替わっている」と話すように、昨夏を経験したのは7人。背番号12だった関本は出番がなかった。甲子園は昨春の1回戦、星稜(石川)戦で代打での1打席(三失)だけ。「立ったことは大きい。あの雰囲気は忘れていない。(現ヤクルト)奥川さんと対戦できていい経験になった」と大舞台のイメージはできている。

    「顔とか父とあまり似ていないって言われるんですが、勝負強さだけは似ているというか引き継いでいないとダメですよね」とニヤリ。新チームの公式戦11試合でチーム最多の28打点。チーム114打点のうち約4分の1をたたき出している。秋季近畿大会でも4番として準々決勝京都翔英戦では決勝打となる先制適時打を放つなど3試合で3打点を挙げ4強入りに貢献した。

    ▼記事全文はこちら



    【履正社】関本勇輔 https://t.co/PbT2V2uto5



    昨年の秋季大会大阪決勝(^^) 履正社、小深田君の反撃の狼煙❗️ 小深田君が打つと、なぜか関本君がもっと目立つ1打を打つ🤣この日は小深田君タイムリーツーベース、続く関本君は3ランでした🤣 #高校野球 https://t.co/dlOq1M10Bs


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2



    今秋ドラフト候補の履正社(大阪)・関本勇輔捕手(2年)が元阪神で父の賢太郎氏(41)と同じ高卒プロ入りへ決意を新たにした。

    4日、大阪・茨木市の同校グラウンドでチーム初練習に参加。昨夏甲子園王者は年末年始に6日間の休みでリフレッシュし、関本も家族で1泊2日で京都・亀岡市の温泉に旅行した。「9割は野球の話でしたね」。中学以来、久しぶりに父と一緒に入浴。そこで「プロでもオフに普通の選手は休むけど、一流はここでやるのが違うところ」と冬場で差がつくと助言された。

    父の教えに関本は「今年は勝負の年。父は高卒でプロ入りした。自分も同じ土俵に立てるようにしたい」とハッキリと口にした。賢太郎氏は天理から96年ドラフト2位で阪神に入団している。この冬の関本はフットワークを速くする練習を繰り返し、二塁送球タイムも1秒89から1秒84へ0秒5も速めた。打撃では楽天浅村を参考に「極限までリラックスしている打撃を意識している」と話した。

    昨年の履正社は春夏と2度甲子園出場も、関本は春の代打1打席だけ。今春のセンバツ出場は確実で「夏春連覇をできるのは自分たちだけ」と誓った。甲子園で大暴れしてスカウトの目を集めてみせる。【石橋隆雄】




    履正社野球部キャプテンの関本の息子さんはなんとしても阪神に来て欲しい



    1位で待ってるよ→ 関本Jr.がプロ目指す!履正社主将・勇輔「高卒で行って父と同じ土俵に立ちたい」  https://www.daily.co.jp/baseball/2020/01/05/0013009523.shtml  #スマートニュース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     阪神が来秋ドラフト候補として、阪神OBの関本賢太郎氏(41)を父に持つ履正社・関本勇輔捕手(17)をリストアップしていることが28日、分かった。獲得となれば球団史上初の父子鷹誕生となる。履正社は27日の秋季近畿大会で4強に進出し、来春のセンバツ出場が当確。勝負強さを高評価する球団は、甲子園でも熱視線を注いでいく。

     履正社で主将と4番を務める関本に、虎のスカウト陣が来秋ドラフト候補として熱視線を送る。父・賢太郎氏は阪神で活躍した内野手で、お立ち台では矢野監督同様「必死のパッチ」を決めゼリフとした選手。畑山統括スカウトは中学3年時の二塁送球タイムが、プロと同等の1秒89を記録した金の卵の潜在能力の高さを評した。

     「元々肩は強いし、打撃も良くなっている。特に勝負強いし、キャプテンもしているからね」

     今秋も勝負強さを発揮した場面があった。13日の大阪大会決勝・大阪桐蔭戦。3点を追う九回無死二、三塁から、左越えに一時同点となる3ランを放った。試合には敗れたものの、土壇場で底力を見せつけた。

     父・賢太郎氏もここぞの打撃が魅力的な選手だった。12年3月30日のDeNAとの開幕戦(京セラドーム)では2点を追う七回に代打で登場し、加賀から逆転3ラン。14年7月13日の巨人戦(東京ドーム)でも、2点を追う七回に沢村から代打逆転満塁弾を放っている。勝負強さは息子にもしっかり継承されている。

     履正社は27日の秋季近畿大会で4強入りを決め、来春センバツ出場が当確。11月2日の準決勝では、父の母校である天理との激突が決まっており、注目が集まる一戦となる。

     現在、チームは28歳の梅野が正捕手を務めているが、次世代の正妻候補として、今秋のドラフトでは中京学院大中京の藤田健斗捕手(18)を5位指名した。若手の競争激化を視野に、2年連続で高校生捕手を指名する可能性は十分にある。

     18年度ドラフトで延岡学園の小幡を2位指名したが、今秋も東海大相模の遠藤成内野手(18)を4位で指名。同じ右投げ左打ちの内野手を続けて指名しており、球団が若虎の育成に力を入れている方針が表れている。

     センバツでは阪神スカウト陣が総出で関本チェックに目を凝らし、ドラフト候補生の一挙手一投足を慎重に見極めていく。




    履正社・関本Jr. 次戦・準決勝は 父の関本賢太郎 母校・天理との対戦  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/27/kiji/20191027s00001002383000c.html 



    来年が楽しみ〜♪♪ 阪神、履正社・関本Jr.リストアップ 球団初父子鷹あるぞ 勝負強さと強肩魅力!  http://j.mp/36dSsRJ 



    なるほど関本Jr.が来年いるから今年キャッチャーをそんなにとらなかったのか…



    関本Jr.🐯に入団してほしいわ。 #阪神タイガース #関本Jr. #履正社 #4番 #捕手 #来秋ドラフト 阪神 来秋ドラフト関本Jr.リストアップ!履正社主将で「4番・捕手」勇輔をスカウト大絶賛(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000000-spnannex-base 



    阪神 来秋ドラフト関本Jr.リストアップ!履正社主将で「4番・捕手」勇輔をスカウト大絶賛(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース 畑山さんのコメントか  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000000-spnannex-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    ◆秋季高校野球 大阪大会 ▽2回戦 履正社13―3明星=5回コールド=(16日・履正社高グラウンド)

     夏の甲子園で初優勝した履正社が明星に大勝し、2試合連続でコールド勝ちした。元阪神内野手の関本賢太郎氏を父に持つ、主将の勇輔捕手(2年)が公式戦で初めて4番を務めた。3回に左前適時打を放ち、5回無死一塁では、二盗を阻止した。

     高校のグラウンドでは異例の、多くの観客が詰めかけたため「めちゃくちゃ力んだ」と苦笑い。「(4番は)責任を感じる。打点を稼いでナンボだと思う」と、3季連続の甲子園出場に向けて、チームを引っ張る覚悟を示した。




    履正社 本日もコールド勝利でとりあえずよかった。履正社13-3。初回、明星にスリーラン打たれた時はどうなるかと思いましたが、今日も打線爆発で勝利できました。 1番に池田君を起用、4番に関本君が昇格した打線でした。7番初スタメンの両井君が大活躍でした。#履正社



    へぇー 関本の息子が履正社におるんか 知らんかった😮  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190907-00000032-asahi-spo 



    履正社の新主将関本、チーム全体に届く視野の広さ  https://www.nikkansports.com/baseball/column/techo/news/201909100001304.html ? utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp @nikkansportsさんから セッキーの息子履正社の新キャプテン 顔似てる・・・・


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     「大阪秋季大会・1回戦、履正社30-0八尾北」(7日、豊中ローズ球場)

     今夏の甲子園王者に輝いた履正社が大会後初の公式戦に出場し、圧倒的な力の差を見せつけた。

     新チームの主将を任された元阪神・関本賢太郎氏の長男、関本勇輔捕手(2年)が、2本塁打を含む4安打11打点の大活躍で勝利に貢献。

     初回無死一、二塁の場面であいさつ代わりの3ランを放つと、再び巡ってきた2死満塁のチャンスで、走者一掃の右越え三塁打を浴びせ、この回一挙12得点。さらに、二回にも2ラン。四回にも走者一掃の左線二塁打を放つなど、最後まで攻撃の手を緩めなかった。

     「日本一のプレッシャーは覚悟しています。自分たちの野球ができるように、1人も違う方向を向かないように、しっかり引っ張っていきたい」と意気込んだ新主将。偉大な先輩たちの思いを背負って、この秋大きく成長してみせる。





    / 履正社新チーム 大勝スタート \ 夏の全国高校野球で初優勝した #履正社 が秋の大阪府大会1回戦に臨み、30-0(5回コールド)で #八尾北 に勝ちました。新主将の #関本勇輔 選手は2本塁打を含む4安打11打点の活躍でした。 #高校野球 pic.twitter.com/tDB93zmv4G



    履正社半端ないなー 関本の息子えぐい!



    履正社強すぎて笑った🙃



    履正社の関本選手 5打数4安打11打点 ホームラン2本だと。



    履正社・関本勇輔捕手 第1打席 1回 右中間スリーラン 第2打席 1回 3点タイムリースリーベース 第3打席 2回 バックスクリーンツーラン 第4打席 3回 強いショートライナー(好捕) 第5打席 4回 3点タイムリーツーベース 5打席5打数4安打2本塁打11打点 https://t.co/Mp7pyT6PtG


    続きを読む