とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    阪神タイガース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: あちゃこ ★ 2017/11/06(月) 17:06:37.82 ID:CAP_USER9
     阪神は6日、四藤慶一郎球団社長(57)が退任し、新たに揚塩(あげしお)健治氏(57)が 球団社長に就く球団役員人事を発表した。同日開かれた球団取締役会で承認された。人事は 12月1日付。

     他に高野栄一球団本部長(54)も退団するなど、常勤の球団役員4人が退く、異例の大幅刷新で、 就任3年目の来季、優勝を目指す金本知憲監督(49)体制を支える。

     新球団社長の揚塩氏は1960(昭和35)年1月生まれ。大阪府大経済学部卒業後の83年4月、 阪神電鉄入社。2001年7月、第25代となる甲子園球場長に就任。「平成の大改修」と呼ばれる リニューアル工事に立ち会った。2009年4月、阪神球団常務に就き、11年4月まで営業を担当。 ファンや地域社会との「夢」と「絆」をテーマとした「ドリームリンク・プロジェクト」を立ち上げた。
    その後、阪神不動産社長(現任)、阪急阪神ビルマネジメント副社長(現任)を務めた。球団には 6年ぶりの復帰となる。

     甲子園の球団事務所で会見した揚塩次期社長は「甲子園球場長時代の2003年、05年と
    甲子園球場で優勝に立ち会えた。来年で13年、優勝から遠ざかっていることになる。ファンの皆さまが 待ち焦がれている優勝を成し遂げるため、身を粉にして力を尽くしていきたい」と所信表明を行った。

     また、谷本修球団常務(53)が新設の球団副社長に昇任。球団本部長を兼務する。球団取締役に 昇任する嶌村聡球団副本部長と戦力補強など編成部門を担当する。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000129-spnannex-base

    ガッチリと握手を交わす四藤慶一郎前球団社長(左)と
    揚塩健治新球団社長=阪神球団事務所(撮影・持木克友)
    20171022-00000040-dal-000-view

    引用元: ・【野球】阪神 13年ぶりVへ大幅刷新!四藤球団社長、常勤役員4人が退く異例人事

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/24(火)08:30:37 ID:DQp
    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: ・阪神Instagram映えする画像を貼る部

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/22(月)00:39:12 ID:9FW
    「ヤクルト4-5阪神」(21日、神宮球場)

     阪神は“敬遠暴投”が決勝点となって、ラッキーな形で連敗を3で止めた。

    3号本塁打を放った高山が開幕戦以来、今季2度目の猛打賞と活躍。
    九回1死満塁の大ピンチをしのいだドリスが17セーブ目だ。

     日曜日の試合はこれで7連勝。
    チームは今季初の4連敗&同一カード3連敗を免れ、2位・広島が敗れたためにゲーム差を2・5に広げた。
    貯金は再び2桁の大台に乗せ、「10」に。
    休養日を挟み、23日からは本拠地・甲子園に戻って巨人、DeNAとの6連戦を戦う。

    3


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000166-dal-base 





    引用元: ・阪神ラッキーサンデー!決勝点は“敬遠暴投” 日曜日は7連勝 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/19(金) 09:48:34.42 ID:CAP_USER9
    小休止だ。阪神は18日の中日戦(甲子園)に1―2で敗れ、連勝が4で止まった。打線が7安打1得点とつながらず、甲子園での連勝も6でストップ。痛い敗戦には違いないが、今季2度目のベンチスタートとなった主砲・福留に休養を与え、桑原、高橋、マテオ、ドリスの「勝利の方程式」も温存と、ダメージを最小限にとどめた。19日からのヤクルト3連戦(神宮)では投打の主役をフル投入し、再び進撃を開始する。

     首位に立つ猛虎が、しばしの小休止を挟んだ。連勝は4で止まり、貯金11に一歩後退。だが毎試合、思い通りに運べるわけがない。この日は7安打1得点と打線がつながらず、8回2失点と粘投した先発・メッセンジャーを援護できなかった。とはいえ打線は水もの。金本監督は、淡々と敗戦を振り返った。

     「(メッセは)8回2失点ですから、もう十分に責任をまっとうして。まあ昨日の能見にも勝ちが付かなかったけど、先発はしっかりしてくれているから、そこはチームとしては良いかな。あとは打つ方で、チャンスであと一本ね。まあ、そんな、いつも、いつも打てるわけじゃないから。そんなね」

     上本が「7番・二塁」として5日の広島戦(甲子園)以来の先発復帰を果たし、代わりに主砲・福留が4月18日の中日戦(ナゴヤドーム)以来となるベンチスタート。その代役として4番に原口を据え、2番・大和、5番・中谷と要所に右打者を並べた打線で、ジョーダンと対峙(たいじ)した。初回に2死一塁から原口の右前打、中谷の右翼線適時二塁打で幸先よく先制。だが2回以降は痛恨の「0」行進となった。3、4、8回と得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ず。上本も初回2死満塁、8回2死一、二塁と好機で2度の凡退を喫し、復帰戦を白星で飾れなかった。

     「(次のヤクルト3連戦の)3つが右が来る可能性が高いから(福留を休養させた)」

     痛くない敗戦など、無い。ただ、ダメージは最小限にとどめたとも言える。その最たるものが、40歳の福留に休養日を与えられたことだ。19日からのヤクルト3連戦(神宮)では、相手先発を原樹、小川、星の右腕3投手と予想。そこでフル回転してもらうためにも、この日の一戦を布石とした格好だ。この日、9回2死一塁で代打出場して中飛に倒れた主砲だが、休養十分。「また明日だね」と次戦を見据えた。

     休めたのは、福留だけではない。メッセンジャーの粘投もあり、桑原、高橋、マテオ、ドリスの「勝利の方程式」を一気に温存することにも成功した。目下8カード連続負け越し無し。今、チームにとって最も大事なことは、連敗を避けることに他ならない。19日からは投打の主力をフル投入し、再進撃を目指す。(惟任 貴信)

    3


    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/05/19/kiji/20170519s00001173070000c.html 
    [ 2017年5月19日 08:40 ] 

    引用元: ・【野球】阪神 連勝ストップもダメージ最小限 福留&リリーフ陣休ませられた

    続きを読む

    このページのトップヘ