とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    阪神タイガース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/12/27(水) 10:18:10.86 ID:2Z+QtnKap
    ▼2位阪神の課題は打率アップ。チーム防御率の3・29はリーグ1位も、チーム打率2割4分9厘が4位。得点圏打率が1位広島の2割9分7厘に対し、リーグ4位の2割4分8厘、同じく広島が1位だった1点差以内の接戦での打率もリーグ5位の2割4分だった。
    36歳の鳥谷が2割9分3厘、同じ36歳の糸井が2割9分と、高打率を残したのはベテラン勢。今季の年齢別打率を出すと、35歳以上・273→30~34歳・267→29歳以下・225。24歳の中谷がチーム最多の20本塁打したものの、若手の打率が低すぎた。

    456


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00084570-nksports-base

    引用元: ・【悲報】阪神の年齢別打率 35歳以上.273 30~34歳.267 29歳以下.225

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/12/20(水) 20:10:08.89 ID:KWqKGMKc0
     阪神の北條史也内野手(23)がオフ返上で練習を続けている。テーマは「バットを一日中振りまくること」。昨年つかんだ正遊撃手の座を、今季失ったのは打撃不振のせいだった。

     あらゆる面で成績が下落した。出場数122試合→83試合、打率・273→・210、本塁打5→3、打点33→20、遊撃守備率・981→・972。「6番・遊撃」で開幕スタメンを果たしたが、 11試合目に外され、屈辱の2軍落ちを2度味わった。ホップ、ステップと飛躍しなければならないところで、失速したのはなぜか。「以前から指導されていた打撃フォームを固めることができなかった」と振り返る。

     11月の秋季キャンプでは金本監督がつきっきりで指導。「去年のいい形が全くなくなった。前足の踏ん張りがないから下半身が緩んでしまう」。耳にタコができるほど指摘されたことを念頭に、休まずバットを振る。

     攻守で上を行く大和が横浜DeNAに移籍しても危機感は高まる。低迷している間に糸原、植田が台頭したうえ、首脳陣は大山の遊撃コンバートを明言した。

     「現状のショートのランク付けをすれば大山、糸原が1、2位で、北條は3位。1軍の当落線上まで落ちたということだ。自覚するならオフも休む余裕はないはずで、バットを振り続けるのは当然のこと。
    守備と足が平均レベルで、これといった武器がなければ打撃で勝負するしか手はない」と球団OBは見る。

     年明けにはヤクルトの主砲・山田と一緒に自主トレを行う予定だ。年齢も近く、同じ右打者。リベンジを期す北條にすれば得るものは多い。(スポーツライター 西本忠成) 


    10


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000002-ykf-spo 

    引用元: ・阪神OB「来年ののショート候補は現状1位大山、2位糸原、3位北條」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: あちゃこ ★ 2017/11/06(月) 17:06:37.82 ID:CAP_USER9
     阪神は6日、四藤慶一郎球団社長(57)が退任し、新たに揚塩(あげしお)健治氏(57)が 球団社長に就く球団役員人事を発表した。同日開かれた球団取締役会で承認された。人事は 12月1日付。

     他に高野栄一球団本部長(54)も退団するなど、常勤の球団役員4人が退く、異例の大幅刷新で、 就任3年目の来季、優勝を目指す金本知憲監督(49)体制を支える。

     新球団社長の揚塩氏は1960(昭和35)年1月生まれ。大阪府大経済学部卒業後の83年4月、 阪神電鉄入社。2001年7月、第25代となる甲子園球場長に就任。「平成の大改修」と呼ばれる リニューアル工事に立ち会った。2009年4月、阪神球団常務に就き、11年4月まで営業を担当。 ファンや地域社会との「夢」と「絆」をテーマとした「ドリームリンク・プロジェクト」を立ち上げた。
    その後、阪神不動産社長(現任)、阪急阪神ビルマネジメント副社長(現任)を務めた。球団には 6年ぶりの復帰となる。

     甲子園の球団事務所で会見した揚塩次期社長は「甲子園球場長時代の2003年、05年と
    甲子園球場で優勝に立ち会えた。来年で13年、優勝から遠ざかっていることになる。ファンの皆さまが 待ち焦がれている優勝を成し遂げるため、身を粉にして力を尽くしていきたい」と所信表明を行った。

     また、谷本修球団常務(53)が新設の球団副社長に昇任。球団本部長を兼務する。球団取締役に 昇任する嶌村聡球団副本部長と戦力補強など編成部門を担当する。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000129-spnannex-base

    ガッチリと握手を交わす四藤慶一郎前球団社長(左)と
    揚塩健治新球団社長=阪神球団事務所(撮影・持木克友)
    20171022-00000040-dal-000-view

    引用元: ・【野球】阪神 13年ぶりVへ大幅刷新!四藤球団社長、常勤役員4人が退く異例人事

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/24(火)08:30:37 ID:DQp
    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: ・阪神Instagram映えする画像を貼る部

    続きを読む

    このページのトップヘ