とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    阪神ファン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/04/14(日) 07:59:35.12 ID:Qq8P5gDD9
    2019年4月14日 6時0分 デイリースポーツ
    http://news.livedoor.com/article/detail/16313694/
    no title

     4回、京田に満塁弾を打たれ、ぼう然とする岩貞

     「阪神2-10中日」(13日、甲子園球場)
     気温も低けりゃ、内容もお寒い。八回、この日2本目となる満塁弾を浴びた瞬間、“寒くて見ていられない”とばかりに虎ファンが一斉に帰り始めた。

     1試合満塁本塁打2被弾は球団史上初。その不名誉な記録を含め、今季ワーストとなる17被安打での敗戦。チームは今季2度目の4連敗を喫し、借金は4となった。

     「満塁ホームランを打たれてるわけやから。一気に流れを持っていかれたっていう部分が出てしまう。(投手陣が)粘るってことをしていかないと、勝つという方向にはなかなかいかない。もう1回、意識の確認をやっていく必要がある」

     四回の満塁被弾を含め5回13安打6失点。厳しい表情で阪神の矢野監督が話した通り、先発・岩貞の2戦連続となる背信投球が痛かった。さらに4番手で登板した岩崎が2つの四球、三失と、ノーヒットで走者をためて満弾を食らった。一方、得点はルーキー2人がたたき出した2点だけ…。

     「どっちかだけの責任じゃない。打てないところは投手へのしわ寄せになって、投手は先に点を取られることで野手が追っ掛けづらい状況になる」

     投打ともに厳しい現状を指揮官は嘆く。チーム防御率4・79はリーグ最低、打率・221は同5位。特に前者は同5位・広島が4・06だけに、抜けた最下位の数字だ。

     まだ14試合、されど14試合。きょう14日でカードは一回りする。先発は前回の広島戦で完封勝ちを決めた西。きっちり勝って、16日のヤクルト戦(松山)からの二回り目に向かいたい。

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555196375/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     29日のプロ野球開幕を前に、阪神タイガースの矢野燿大監督や球団関係者ら約160人が27日、兵庫県西宮市の広田神社を訪れ、必勝を祈願した。参道には900人以上のファンや地元住民らが詰め掛けた。

     1936(昭和11)年から続く恒例行事。ドラフト1位で入団した近本光司外野手(大阪ガス、社高-関学大出)や2軍で調整中の藤浪晋太郎投手らが姿を見せると、「期待してるで」「藤浪、上がってこいよ!」と老若男女のファンから熱い声援が送られた。

     矢野監督らは拝殿で玉串を奉納し、チームには大きさ約80センチの「必勝隆盛大木札」が授けられた。

     オープン戦は5勝11敗1分けと厳しいスタート。神戸市灘区から駆け付け、10年以上の虎ファンという女性会社員(39)は「近本選手らルーキーの活躍が見たい」と話し、小学5年の長男(11)は「矢野監督なら優勝できる」と期待を込めた。(名倉あかり)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000013-kobenext-l28

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/23(土) 21:57:16.77 ID:L1879PTBa
    http://dailynewsonline.jp/article/1742222/
    21日行われたプロ野球オープン戦、千葉ロッテマリーンズ対阪神タイガースで、阪神は3対0で完敗。
    3月21日現在最下位に喘ぎ、一部ファンから早くも不満の声が上がっている。
    矢野燿大新監督の下、始動したタイガースだが
    オープン戦に入ると、投打ともに全く機能せず敗戦続きで、スタートから1分けを挟み6連敗を記録。
    阪神と同じく最下位候補として評論家から名前が上がっている
    中日ドラゴンズに連勝したものの、その後も調子が上がらず、負けが込んでいる状況だ。

    オープン戦には、福留孝介・糸井嘉男・鳥谷敬といった
    ベテランの野手が出場していないため、楽観視する声もあるが、
    北條史也や高山俊、板山祐太郎などの若手が活躍できず
    改めて育成能力のなさを露呈している状況。
    社会人野球のHONDAで揉まれてきた木浪聖也のほうが
    プロで飯を食ってきた選手よりも打撃・守備ともレベルが高いのだから、目も当てられない。
    お得意の「大物選手の強奪」も不発だっただけに、置かれている状況はかなり厳しい。

    そんな矢野燿大監督を悩ませているのが、熱狂的阪神ファンの存在。
    既にツイッター上では、一部ネットユーザーが
    「矢野辞めろ、金本のほうがマシ」という声を上げており、シーズンに入ってもこの状況ならば
    激しいバッシングが予想される。
    昨年オフ、監督オファーを受けた矢野監督は
    前任の金本知憲氏が現役時代ヒーロー扱いされていながら、
    ファンや在阪メディアから「ボロクソ」に言われていた光景を目にしており
    受諾を数日間悩んだことはご存知の通りだ。

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1553345836/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     ◆オープン戦 ソフトバンク7-2阪神(3日・ヤフオクドーム)

     ドラフト1位の甲斐野(東洋大)ヤフオクドームで初登板し、最速158キロをマークするなど本拠地デビューの9球を1回無失点の好投で飾った。

     8回からマウンドに上がり、1人目は同じドラフト1位のルーキー近本。いきなり初球で158キロを記録した。自己最速にあと1キロと迫る“名刺代わり”の剛球で地元ファンを沸かせたが、登板後に口を突いて出たのは反省の言葉だ。「自分の力不足。反省して、同じことを二度としないように」

     近本をこの158キロで打ち取るどころか、三塁線へのセーフティーバントを決められた。いきなり意表を突かれての無死一塁。それでも、キャンプ中から実戦で存在感を見せてきたルーキーは慌てなかった。続く代打鳥谷の打席で二盗を試みられながらも、クイックモーションで隙を見せず失敗に終わらせた。

     鳥谷に四球を与えながらも後続を断った右腕は「先頭を出したことで逆にリラックスできた」と安堵(あんど)の表情。工藤監督は投球以外の部分についても高く評価した。「クイックも1・1(秒)を切っていたね。そうそう走られる投手ではないことも確認できた。良かったと思う」と即戦力としてますます期待が膨らむ結果を歓迎した。

     兵庫県出身で幼少時は阪神ファンだった。「鳥谷さんは意識しました。テレビで見ていた人。うおっ、と思った」と笑った。試合前には憧れの藤川にもあいさつできたという。「課題はまだまだたくさんある。ドーム球場も慣れていないししっかりアピールしてかないといけない」と、開幕1軍を見据えて気を引き締めた


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00010003-nishispo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/09(水) 21:02:32.87 ID:H8o7kG8wr
    63

    新監督に新コーチ、期待の外国人にFAで来てくれた西くん…
    これまでの金本政権で育った若手がどれくらいやれるのかも含めて早く見てみたいわ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1547035352/

    続きを読む

    このページのトップヘ