とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    阪神リリーフ陣

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     新型コロナウイルス流行の影響で、プロ野球の開幕は4月24日に延期された。まだ1カ月近くの調整期間を要するが、現状の各部門の戦力分析をお送りする。今回はリリーフ編。

      ◇  ◇ 

     阪神の強みと言えばやはり、鉄壁のリリーフ陣だろう。昨季の救援防御率2・70は12球団トップの数字。そんなチームからジョンソン、ドリスが退団した一角を担う能見、藤川も年齢を重ね、岩崎は右足の張り、島本も左肘の手術からのリハビリ過程。少なからず不安材料が存在する。

     カギを握るのは藤川だ。矢野監督は早々と今季の守護神に指名。40歳、22年目を迎えるシーズンだが、昨季は56試合で4勝1敗16セーブ、防御率1・77の数字を残した。日米通算250セーブにもあと7セーブに迫る。まだ衰えは見えない。

     「自分に携わってくれた方や、応援してくれたファンへの恩返し。どうしても達成しなければいけない」

     藤川自身も珍しく、自分の記録にこだわりを見せるなど、今季に懸ける思いは強い。また、新加入のエドワーズもオープン戦では安定した投球を見せた。同じく新加入のスアレスは先発、中継ぎ両方で起用が見込める。出遅れている岩崎の代わりに、岩貞を配置転換させるなど手を打ってきた。

     経験豊富な能見、藤川と左右の両ベテランの存在が、何よりの強みになる。ブルペンでは若い選手に、惜しみなく知識を還元するなど、“生きた教材”の財産は脈々と受け継がれている。無敵を誇った「JFK」から続く系譜。今季も鉄壁のリリーフ陣に死角はない。




    今年まる一年飛んだら球児能見糸井ドメはさすがに年齢的に致命傷になる気がするわ



    福留…能見…球児…来年何歳や?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     昨年はシーズン終盤の追い上げで3位に滑り込み、クライマックスシリーズでもファイナルステージに進出した阪神。しかし、リーグ優勝は岡田彰布監督時代の2005年から14年間も遠ざかっている。切り札ともいえる矢野燿大を監督に迎えて2年目の今年。阪神の復権に向けてのポイント、キーマンを探ってみたい。

    ***

     昨シーズン3位に躍進した原動力となったのは間違いなく投手力だ。チーム防御率3.46は12球団でもトップ。特に、リリーフ陣の踏ん張りは見事で、40試合以上に登板した7人の投手のうち岩崎優(1.01)、ジョンソン(1.38)、島本浩也(1.67)、藤川球児(1.77)の4人が防御率1点台をマークし、ドリス(2.11)は2点台前半と揃って好成績を収めた。彼らの踏ん張りがなければシーズン終盤の追い上げもなかっただろう。

     だが、今年はその自慢のリリーフ陣に暗雲が垂れ込めている。ジョンソン、ドリスの外国人投手二人がこのオフに退団となったのだ。ジョンソンはメジャー復帰ということで致し方ない部分もあったが、ドリスは残留を希望していたと伝えられていただけに、この選択には疑問が残る。昨年、この二人でマークした「7勝50ホールド19セーブ」という数字を埋めるのは簡単ではない。代役として期待されるのが、新加入のスアレスだ。ソフトバンク時代、過去3年間は故障で低迷していたものの、2016年には58試合に登板して26ホールドをマークしている。150キロ台後半のスピードがあり、今年で29歳とまだまだ若いだけに新天地での復活も十分に期待できるだろう。

     盤石だったリリーフとは対照的に先発投手陣は、西勇輝、青柳晃洋の二人以外はローテーションを固定することができなかった。そんな中で3番手の筆頭として期待したいのがプロ入り3年目の高橋遥人だ。昨年は18試合に先発して3勝9敗と大きく負け越しはしたものの、QS(クォリティスタート:先発して6回以上を投げて自責点3以内)は10試合あり、試合を作ることはできていた。また、奪三振率10.26という数字も先発投手としては見事である。気になるのが与死球0という数字。コントロールが武器である西の9、青柳の12という数字と比べても明らかに少なく、内角を強気に攻められていないことがよく分かる。このあたりが改善してくれば、一気に勝利数が増えてくることも期待できるだろう。

     そしてチーム最大の問題点が得点力不足だ。昨年のチーム打率.251はリーグ4位だが、94本塁打は中日に次ぐリーグ5位。そして得点数は538とリーグ最下位の数字に終わっている。1位だった巨人の663得点と比べると1試合あたり約1点少なかったことになる。チームトップの159安打、36盗塁をマークしたルーキーの近本光司がいなかったらと考えると、ゾッとするファンは少なくないだろう。クリーンアップは開幕時、糸井嘉男、大山悠輔、福留孝介という布陣だったが、糸井と福留は故障もあって1年通じての活躍はできず、シーズン終盤はマルテと糸原健斗の打順を上げるなどしてやりくりしたが、大きな改善には至らなかった。

    ▼記事全文はこちら



    「矢野」阪神 リリーフ陣に暗雲、新加入の外国人も未知数という“厳しすぎる現状”(デイリー新潮)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200126-00604801-shincho-base  やっぱり打線やで、一番の課題というか問題は。



    「矢野」阪神 リリーフ陣に暗雲、新加入の外国人も未知数という “厳しすぎる現状” (デイリー新潮) 新 外国人、、活躍してくれないと!!😤  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200126-00604801-shincho-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    3


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/09/30(月) 08:21:05.36 ID:EHlIzOoP0
    島本浩也 62試合 58.1回 4勝0敗*1s10h 防1.70 奪三振率*9.10 WHIP0.96
    ジョンソ 57試合 57.2回 2勝3敗*0s39h 防1.40 奪三振率13.89 WHIP0.82
    ドリス  56試合 55.1回 5勝4敗19s10h 防2.11 奪三振率*8.13 WHIP0.85
    藤川球児 55試合 55.0回 4勝1敗15s23h 防1.80 奪三振率13.26 WHIP1.09
    守屋功輝 57試合 54.0回 2勝2敗*0s*7h 防3.00 奪三振率*8.83 WHIP1.15
    岩崎優  47試合 53.0回 3勝0敗*0s26h 防1.02 奪三振率*9.68 WHIP0.74
    能見篤史 51試合 44.0回 1勝2敗*0s18h 防4.30 奪三振率*8.39 WHIP1.39

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/09/30(月) 08:21:46.01 ID:EHlIzOoP0
    ちな先発

    西勇輝  26試合 172.1回 10勝8敗 112奪三振 防2.92
    青柳晃洋 24試合 138.1回 *8勝9敗 *95奪三振 防3.25
    高橋遥人 19試合 109.2回 *3勝9敗 125奪三振 防3.78
    ガルシア 21試合 103.2回 *6勝8敗 *79奪三振 防4.69
    メッセン 14試合 *79.0回 *3勝7敗 *55奪三振 防4.67
    岩田稔  14試合 *77.2回 *3勝4敗 *43奪三振 防4.52
    秋山拓巳 10試合 *50.2回 *4勝3敗 *35奪三振 防4.26

    21: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/09/30(月) 08:33:19.31 ID:gWdUCxTE0
    >>3
    西優秀やな

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1569799265/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2
     (セ・リーグ、阪神8x-4巨人=延長十二回、9回戦、巨人6勝3敗、29日、甲子園)鉄壁のリリーフ陣でサヨナラへの流れを呼んだ。藤川は絶体絶命のピンチを切り抜け右手を挙げた。

     「なにもいうことはないです」

     無死満塁のチャンスから得点できずに終わった直後の延長十二回。流れをもっていかれそうな展開で、さらに巨人は1番からという好打順。最終回はベテラン右腕に託された。

     だが、先頭の亀井にいきなり四球を与えてしまう。坂本勇は空振り三振に抑えるも丸には再び四球。岡本の中飛で2死一、三塁のピンチ。点を与えれば試合が決まってしまうような緊迫した場面。そんな状況で中島に対し、2球で追い込むと最後は133キロのフォークで空振りを奪い三球三振。相手の流れを断ち切り、高山の代打サヨナラ満塁弾へとつなげた。

     今季は4月7日に一度登録を抹消されるも、1軍復帰後は4月27日の中日戦(ナゴヤドーム)から12試合連続無失点と絶好調。今季3勝目を手にしたベテランがブルペンを支えている。

     九回から盤石の勝ちパターンリレーでスコアボードにゼロを並べていった。九回はドリス。2死から亀井に遊撃への内野安打こそ許したが、坂本勇を左飛に打ち取った。

     十回のマウンドにはジョンソンが上がった。先頭の丸に四球を与えるも後続を断ち無失点。相手の中軸をしっかり抑えると、十一回は前日28日に誕生日を迎え40歳になった能見。下位打線をきっちり3人で締め、40歳となって初ホールドを記録した。

     最後は藤川が締めていい流れを作った。指揮官も「普通にいけば球児もすごく嫌な場面で。これは打たれても仕方ないという流れでいってくれたんでね。頑張ってくれたし。みんなが頑張ってくれたというのはありますけど…」とねぎらった。

     頼りになる安定感抜群のリリーフ陣。これからも勝利を守っていく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000502-sanspo-base



    実った!阪神、必死0封リレー!ドリス→ジョンソン→能見→球児ピンチ切り抜けた(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース これぞ伝説に残る試合(*´ω`*) 令和初の🐯🌈✨ TVで最後まで観たかった。 途中で終わったからなぁ(笑)💦  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000502-sanspo-base 



    後ろが違いすぎるわ ドリス、ジョンソン、能見、球児 負ける気せえへん


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2
    阪神の「勝利の方程式」は選択肢豊富に待機する。14日の巨人戦では普段8回に登板するジョンソンを7回に投入。金村投手コーチは「何としても勝ちたいとやったことだと思うけど、結果的にバリエーションが増えた」とにっこりだ。

    前日15日には4回途中から登板した守屋がプロ初白星を挙げ、藤川も上り調子。「みんなで力を合わせて、疲労分散させながら」。試合展開に応じ、柔軟に救援投手をつぎ込む戦略に出る。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-05160952-nksports-base


    阪神の勝利の方程式 JFK(2005) FJD(2019) Fが同じ投手ってすげぇな



    ジョンソンなら安心。7回行って8回は守屋、はたまた回跨ぎなのかな。どちらでも阪神中継ぎ抑えの勝利方程式は12球団ピカイチ無敵だ。😀 #hanshin


    続きを読む