とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    阪神優勝予想

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     近づく開幕。今季はコロナ禍の影響で、当面は無観客での開催となるが、当初予定より3カ月遅れで始まる本番に胸は躍る。毎年恒例のデイリースポーツ評論家陣による順位予想。阪神は15年ぶりのリーグチャンピオンになれるのか。パ・リーグは西武が3連覇するのか。

      ◇  ◇

     【藤田平氏】

     阪神を優勝候補にしたのは新外国人選手の補強がうまくいったから。加えてガルシア、マルテと去年を経験した選手がいるのも大きい。

     120試合と試合数が減り、連戦が増えるというところで、投手の数が多いところが優位になってくる。阪神は人員が豊富だし、外国人投手の入れ替えで賄える部分も大きいと見ている。

     昨年は3桁の失策を数えたディフェンス面だが、開幕前最後の練習試合となったオリックス戦では、近本やマルテの好守に代表されるように、守備力の高まりを感じた。これをどうか1年続けてほしい。投手力を売りにしているチームだけに、堅実な守備とワンセットでなければ、つかめるはずの勝利を取りこぼしてしまう可能性がある。

     対抗馬は広島。リーグ4連覇を逃した昨年の反省がチーム全体に広がっていることに加え、一昨年まで3連覇した経験値がある。年代的にも脂の乗った選手が多いのも強みだ。

     ◆順位予想

     セ・リーグ

     1位 阪神

     2位 広島

     3位 巨人

     4位 DeNA

     5位 中日

     6位 ヤクルト

     パ・リーグ

     1位 ソフトバンク

     2位 西武

     3位 日本ハム

     4位 オリックス

     5位 楽天

     6位 ロッテ

     【佐藤義則氏】   

     セ・リーグは中日、ヤクルトを除く4球団の争いになる。今季は6連戦が増えるため、先発が踏ん張りきれなかった時のリリーフ陣が重視されるなど、例年以上に投手層の厚みが要求される。

     そうなると、阪神が有利か。課題とされた打線も、外国人は未知数の部分もあるが、糸井が3番あたりに入ればしっかり機能し、投打のバランスの取れたチームになる。

     巨人も強いだろうが、手のつけられない打線というイメージはない。攻撃力はDeNAの方が上ではないか。

     パ・リーグはやはり総合力でソフトバンク。西武も打線は遜色ない。涌井も加入し、先発投手陣が厚みを増しつつある楽天にもチャンスがあると見る。

     ◆順位予想

     セ・リーグ

     1位 阪神

     2位 巨人

     3位 DeNA

     4位 広島

     5位 中日

     6位 ヤクルト

     パ・リーグ

     1位 ソフトバンク

     2位 楽天

     3位 西武

     4位 ロッテ

     5位 オリックス

     6位 日本ハム

     【岡 義朗氏】    

     阪神は糸井、近本の1、2番がカギ。固定できれば一気に得点力が上がる可能性がある。長打も足もある1、2番は相手バッテリーにとってかなりの脅威だ。後ろにクリーンアップが控えているだけに、好機でこの2人が打席に入れば歩かされることも少ない。勝負強さもあるコンビだけに、さらに得点力アップが見込める。

     1、2番を固定するということは当然、中軸が固定される必要がある。ボーア、マルテら助っ人勢がクリーンアップとして機能することが大前提。もともと投手力は高いだけに、得点力さえ上がれば優勝へ近づける。

     パは打線だけなら西武が最強。しかし投手力を含めた総合力では、ソフトバンクが上回ると見た。

     ◆順位予想

     セ・リーグ

     1位 阪神

     2位 巨人

     3位 広島

     4位 DeNA

     5位 中日

     6位 ヤクルト

     パ・リーグ

     1位 ソフトバンク

     2位 西武

     3位 オリックス

     4位 楽天

     5位 日本ハム

     6位 ロッテ




    タイガースOBで 評論家の方々の 順位予想を見る限り 首位予想されてるのは 意外と少ないね😭 藤田平氏は首位予想! ほとんどの方々は "優勝争いできるが… それには ◯◯が鍵を握る!"と… 鍵を握る選手は たくさん居るみたいやね✨👍


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神は一にも二にも、得点が課題のチームだ。練習試合で3人の野手を主軸で起用したように、外国人の登録枠が5人に拡大されたことで、得点能力は上がるだろう。ここに来て、バットは振れており、助っ人が勢いを与えることで、甲子園の練習試合6試合では計10本塁打を記録した。昨年に比べて、打線の爆発は期待できる。また中継ぎはエドワーズとスアレス、先発ではガルシアとガンケルを交互に抹消しながら、うまく使うことができる。今季の特例はいい方向に作用するはずだ。

    その一方で、6連戦が続き、過密日程になりそうだ。岩崎の調整が遅れ、リリーフに不安がみられる。能見、藤川は年齢が上がっている。守屋や新人の小川らイキのいい若手を使いながら、ローテーションをうまく組んで臨まないといけない。調子の見極めという点で、ブルペンコーチの眼力が大事になる。先発では高橋が離脱したため、実績のある岩貞がローテーション投手の働きをできるかがポイントになる。

    生え抜きの大山、高山はスタメンで出られなくても、途中から切り札で使うことも可能。攻撃面でも選手層の厚みが出てきた。十分に優勝を狙える。対抗は試合巧者の巨人、DeNAも外国人枠の拡大が有利に働くだろう。この3チームを中心にしたペナントレースになる。(日刊スポーツ評論家)

    <セ・リーグ>

    (1)阪神(2)巨人(3)DeNA(4)広島(5)中日(6)ヤクルト

    <パ・リーグ>

    (1)ソフトバンク(2)楽天(3)西武(4)ロッテ(5)オリックス(6)日本ハム




    外国人枠拡大したんか阪神横浜が有利だなー



    【朗報】NPB、外国人枠「5」への拡大を正式決定 阪神横浜巨人有利かwww #NPB #外国人枠5へ #拡大を正式決定 読者登録→ http://toraho.blog.jp/_/oa_notifier   http://toraho.blog.jp/archives/32504027.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     16日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演したニッポン放送ショウアップナイター解説者の井端弘和氏が、優勝予想にした阪神について語った。

     井端氏は阪神の投手陣について、「菅野投手のような絶対的なピッチャーはいないんですけど、キッチリ試合を作るピッチャーが多いのかなと思います」と分析。

     「中継ぎは岩崎、能見、スアレス、藤川など枚数は多い。先発も西、岩貞、ガルシア、青柳、秋山といますし、余っているのもいる。1年間戦う意味では投手力は盤石だと思います」と評価した。

     一方で、野手陣については「ここが問題で、当初ボーア、サンズ、マルテの3人でクリーンアップというイメージを持っていた。そこが機能したときには前後に糸井、福留と挟んで、近本もいて、木浪、梅野と、こうなってくると打線もいいなと思って、首位にしたんですけど…。サンズが二軍に落ち、ボーアは左ピッチャーが苦手」と不安要素を挙げた。

     ただ、「外国人は開幕してみないとわからないですからね」とのこと。「左ピッチャーも1本打ったりしたときには、ころっと状態が変わるのが新外国人の特徴。そこは開幕してから楽しみに待っています。サンズも上がって、いきなり打つ可能性もありますからね。いい働きしたときは怖いかなと思います」と期待を寄せた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)




    投手力 は 盤石☺️ 「中継ぎは岩崎、能見、スアレス、藤川など枚数は多い。先発も西、岩貞、ガルシア、青柳、秋山といますし、余っているのもいる。1年間戦う意味では投手力は盤石だと思います」と評価した。 井端氏がみた優勝予想の阪神 https://baseballking.jp/ns/232908 



    📰阪神🐯 井端氏がみた優勝予想の阪神 👉  https://baseballking.jp/ns/232908  ✅井端氏は阪神の投手陣と野手陣をどう見ているのでしょうか。 #tigers


    続きを読む

    このページのトップヘ