とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    阪神園芸

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神3―2DeNA(2020年7月10日 甲子園)

     阪神の青柳晃洋投手(26)が5回2失点の粘投で今季2勝目を挙げた。

     試合途中から雨脚が強まり、ぬかるんだマウンドに何度も足をすべらせながら執念で15個のアウトを奪取。試合後は「(阪神)園芸さんが砂入れて頑張ってくれたですけど…。足がすべりながら投げたり、本当に苦しいとこもありました。前足も後ろ足も全部すべって」と苦笑い。

     1点差に迫られた5回2死一塁でソトを外角へのスライダーで空振り三振に仕留めてピンチを脱出。5回裏無死の場面で中断に入り、コールドゲームとなって、白星が転がり込んだ。

     内野ゴロ10個と持ち味全開の投球には「雨の中、野手には(ゴロは)やめてくれと言われてたんですけど、僕はそういうスタイルなので貫いた」と笑顔。チームは4連勝で一時は「8」あった負け越しを「4」まで減らした。




    阪神園芸さんにも感謝ですね! 阪神・青柳「園芸さんも頑張って砂入れてくれて」雨にも負けず声援に応える白星― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/07/10/kiji/20200710s00001173432000c.html 



    映像を見たが凄い雨だったな 青柳も園芸さんも乙>阪神・青柳を好リードの梅野「雨のヤギがね…」 悪条件での粘投たたえる/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/07/10/0013498865.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    【阪神園芸】明日へ向けて、仕事は始まっているようです。 pic.twitter.com/5NyhsDMtxm



    @sponichi_endo やれたような気も、しなくはないけど…。



    @sponichi_endo 流石です❗️阪神園芸さん宜しくお願いします🙇⤵️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    野球を愛する人の心根に触れた。6月上旬、甲子園の土と芝生を守り続ける、阪神園芸甲子園施設部長の金沢健児さんはグラウンドを整備していると、なじみの選手に声を掛けられた。

    「甲子園は憧れの場所。やらせてあげたいです」

    「どうにかできないですかね…」

    練習試合でやって来たソフトバンク内川聖一、松田宣浩、広島田中広輔らだ。新型コロナウイルスの感染拡大で春のセンバツ、夏の甲子園が中止になった。かつての球児が、いまの球児に思いをはせる。勝つ喜びも、そして負ける悔しさも消えた。晴れ舞台を奪われた高校生の胸中を察する。

    金沢さんは言う。「甲子園を本拠地にする阪神でなくても、高校生のことを心配してくれてうれしかったです。普段、あいさつはしますが、こちらから話しかけることはありません。それでも、思いを伝えに来てくれました」。地元阪神の心意気を知ったのも、同じころだった。練習中、矢野燿大監督から「甲子園の土」を高校3年生の球児にプレゼントする案を聞いた。

    甲子園のグラウンドキーパーは、球児の青春に寄り添う存在だ。だから、だろう。金沢さんは「鳥肌が立つくらい、うれしくてね。すごいことを考えたなと。プロと高校野球は切り離して考えてしまいがちでしたが、プロの選手が集まってプレゼントしようとね。高校生の喜ぶ顔、周りの人、常連校の監督さんとか、皆さんの顔が思い浮かびますよね」と声をはずませた。

    ウイルスが猛威を振るうなか、野球のできる黒土を保ち続けた。阪神がチーム活動休止を決定したのは3月26日。阪神園芸の職員も6日間、出勤しなかった。金沢さんは言う。「どこまで休むか。1週間以上、放っておくとリスクがある」。整備しなければ、芝は伸びすぎ、土も質が変わっていく。「使っていなくても使ったような状態にする」。16人のスタッフは4班に分かれて濃厚接触を予防。4月2日から、人と接触が少ない早朝6時半から約2時間の作業。黒土を約5センチ掘り起こして空気を入れる。感染を防ぐため、普段より少人数で短時間だったが、選手がいなくても丹精込めてグラウンドを整えた。

    甲子園の土は砂と黒土のバランスを根本から改良する「天地返し」を繰り返して、100年近く前の土がいまも現役だという。1988年に阪神園芸に入社した金沢さんは「芝は生きているし、土も生きていると思うんです」と話した。

    開幕3日前の6月16日、阪神ナインは土をかき集めた。福留、藤川、梅野、近本…。球場職員ら、総勢150人が参加。金沢さんは「選手たち、みんなで集めた分でまかなえます」と話した。キーホルダーに収まる黒土は総量で300キロほどだという。「甲子園の土」は阪神ナインにとどまらず、プロ野球界で生きる人たち全員の思いだろう。

    3カ月遅れの開幕だった6月19日、雨上がりの甲子園は静かだった。金沢さんは電話越しに言う。「今日もね、グラウンドから雨が引いていった。いま、状態はいいんじゃないかな」。コロナ禍の窮地でも、変わらない日常があった。明日もまた、黒土や芝生と向き合い、7月7日の甲子園開幕を待つ。【酒井俊作】




    小学生の時、西宮市の小体連でお世話になりました あの黒土の上で組体操しましたが、学校の校庭とは違い、素足で跪いても絨毯みたいな心地で全く痛くありませんでした 西宮のちびっ子は皆そんな思い出を共有しています コロナ禍でも…阪神園芸は野球人と甲子園思う心不変  https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/202006200000035.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    野球を愛する人の心根に触れた。6月上旬、甲子園の土と芝生を守り続ける、阪神園芸甲子園施設部長の金沢健児さんはグラウンドを整備していると、なじみの選手に声を掛けられた。 「甲子園は憧れの場所。やらせてあげたいです」 「どうにかできないです…  https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/202006200000035.html  pic.twitter.com/EjYB6eZHLX


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    今日の練習前に矢野監督・コーチ・選手・チームスタッフ、阪神園芸・阪神甲子園球場の方々で日本高等学校野球連盟に加盟する野球部の3年生全部員に贈る「甲子園の土」を集めました。 https://t.co/0hdM8Fjewh



    @TigersDreamlink 転売する人がいませんように



    @TigersDreamlink タイガースファンでほんまに良かった!✨


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     夏も球児たちは聖地・甲子園球場の土を踏むことが出来なくなった。悔しいくらい爽やかな陽気となった今日も憧れの舞台はプロの技によって整えられている。プロ野球の開幕日もなかなか定まらない中、コンディショニングが大変なのは選手だけではない。舞台となる球場も開幕に向けて整えていく必要があるのだ。

    “神整備”で知られる阪神園芸ですら、例年とは違った態勢で開幕を待っている。

    「やっぱり使わないといい状態にならへんのよ」
    「寂しいなぁ~」

     電話口でそう漏らしたのは阪神園芸・甲子園施設部長の金沢健児さんだ。新型コロナウイルス感染拡大の影響で阪神タイガースは3月26日から活動を休止。甲子園球場の使用も禁止となったため、阪神園芸の職員も数日間の休みを強いられることとなった。しかし、グラウンドは生き物である。4月2日からグラウンド整備を再開。緊急事態宣言が発令された中でも選手たちが躍動する舞台を守り続けていた。自家用車や自転車、徒歩など公共交通機関を使わない方法で職員は通勤。15人のスタッフを甲子園、鳴尾浜それぞれ2班ずつ、あわせて4班にわけて作業を進めている。通常の人員では4班にわけると人手が足りないため、グラウンド整備部門を経験した他部署の職員が応援に来てくれている状況だ。

    「土も風化してしまうというか……やっぱり使わないといい状態にならへんのよ」

     本来なら、毎日のように選手たちが駆け回るグラウンド。風が当たったまま放っておくと固くなってしまうため、ぬか床のようにスパイクの刃でかき混ぜる方が柔らかい土になるという。タイガースのチーム練習が始まった今は土の状態は良くなってきたそうだが、ファールグラウンドや各ポジション間(三遊間や二遊間など)は今の練習ではそこまで選手の足が入らないため、阪神園芸の職員が少ない人数でいつも以上に深く丁寧に土を混ぜるように整備をして土のコンディションを保っている。

     一方、芝生に関しては「使わない方が、傷みが少ない」という。しかし、水や栄養を与えなければ枯れてしまい、放っておくと髪の毛のように伸び放題になってしまう。綺麗な青々とした芝生を作るにはこまめな手入れが必要なのだ。シーズン中は毎日同じ状態にする必要があるため、芝刈りは毎日行われる。今は2日に1回の芝刈りだというが4月以降は芝生の成長が著しく、水分を豊富に与える必要がある。試合はなくとも、仕事は変わらない。阪神園芸のプロの技は毎日甲子園で発揮されている。

    ▼記事全文はこちら



    昨日高野連のオンライン会議で、今年夏の高校野球(地方大会含む)の中止が決定した。 高校球児の夢は叶わなくなってしまったけれど、もう一つ知られていないのは、阪神園芸さんの活躍も見れなくなったということだな。 毎年夏の高校野球開催時、ゲリラ豪雨との戦いだったしなぁ・・・



    ふと、阪神園芸さんの今期の営業状況が気になる。


    続きを読む

    このページのトップヘ