とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    阪神4番

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2
     「阪神0-4広島」(18日、甲子園球場)

     阪神が広島を上回る8安打を放ちながら、今季5度目の完封負けを喫した。これで甲子園での連敗は4となった。矢野燿大監督(50)は、走者を出しながらも決定打が出なかった攻撃を振り返り「大山が打たんとダメじゃない?」と4番の奮起に期待した。

     ホームベースが遠い。初回から三回までを含め、4度も先頭打者を出しながら得点に結びつけることができなかった。今季5度目の完封負けを喫した試合後、珍しく矢野監督自らその名を挙げた。

     「チャンスは作れている。ただ、かえすところがね。そういうところで大山が打たんとダメじゃない?やっぱり」

     大山は前カード、15日の東京ドームで巨人のエース・菅野をマウンドから引きずり下ろす2ランを放ったのを最後に音なし。17日は無死一、二塁の場面で空振り三振を喫し、この日は初回、八回と得点機で凡打に終わった。わずか2試合。それでも指揮官は4番の仕事ができていない大山の名を挙げて奮起を促した。

     「悠輔(の打席)に全部大きなチャンスが来てるわけではないけど。そこ(4番)の働きというのはどうしてもチームの勝ち負けに大きく左右してくる」

     矢野監督が比較したのが、広島の4番・鈴木だ。5番の西川が前日に先制適時打、この日も先制3ランを放った。いずれもその直前には鈴木が四球を選んでいる。「打ってもらうことが一番だけど、4番というのはそういう打順になると思う。そういう面でも期待したいなと思う」とげきを飛ばした。

     今季の主催試合での観客動員数が、過去最速で100万人を突破。矢野阪神の人気、そして期待の大きさを示す記録に「ゼロで終わるっていうのはもちろん申し訳ない。期待に応えられるように、俺ららしい野球をしていけるように今後も頑張りたい」とうなずいた。

     これで甲子園4連敗。一時は1ゲームまで迫った首位巨人との差は3ゲームと、その背中は遠のいた。ここが踏ん張りどころ。大山よ打て!そして今日こそは勝ってくれ!

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000026-dal-base



    監督が期待しているからの言葉 アホみたいに結果論で批判するのとは違う(笑) 阪神、今季5度目零敗 チャンス作れど…矢野監督「大山が打たんとダメじゃない?」(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000026-dal-base 



    阪神・大山10打席音なし 矢野監督は奮起求める「打たんとダメ」(スポニチアネックス) - Y!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000133-spnannex-base  でもだいじょうぶ春だ。 #春の大山 打つんだ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2
    <中日0-2阪神>◇29日◇ナゴヤドーム

    阪神大山悠輔内野手が4番の働きを見せた。2回、先頭で打席に入ると、中日先発阿知羅の初球カーブを強振。左中間席に入った。6号ソロ本塁打は貴重な先制。「甘い球を1発で仕留めることができて良かった」と話した。

    主砲の風格も出てきた。浜中打撃コーチも「見事な狙い打ち。いい形で先制点を取れた」と高評価。シーズン143試合に換算すれば31本塁打ペースだ。開幕直後こそ低調だったが、いまは打撃練習も飛距離が出る。新外国人マルテが合流しても堂々と4番を張る。

    それでも大山は「意識高い系」の若者だ。帰路もルンルン気分にならない。引き締めた表情で「その後の打席。あそこで1本打つ打たないで青柳さんの負担が変わる。チームの流れも変わってくる」と言う。6回2死一、二塁で捕邪飛。8回2死一、二塁で三邪飛。加点機のミスショットに悔しさが募る。「試合の終盤が大事。力が足りない」。得点圏打率は2割5分にとどまり、勝負強さを磨く。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-04290818-nksports-base



    阪神大山31発ペース「意識高い系」で主砲の風格(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-04290818-nksports-base  3年後を見据えて 矢野監督は育ててる。 開幕当初は叩かれてたが よく頑張ってますよ!(๑•̀○•́๑)



    阪神大山31発ペース「意識高い系」で主砲の風格  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201904290000818.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp  意識高い系😆 得点圏打率もまた上げていこー👊


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     「中日-阪神」(29日、ナゴヤドーム)

     阪神の大山悠輔内野手(24)が先制のソロホームランを放った。

     二回。先頭で打席へと向かうと、初球から快音を響かす。110キロのカーブをフルスイングで捉えると、打球は一直線へ左中間スタンドへ。第6号のソロ弾で、阪神が先制に成功した。

     3試合ぶりの一発。直後の守備に就いた際には、マウンド上の先発・青柳に笑顔でアイコンタクトを送った。球団広報を通して「甘い球を一発で仕留めることができてよかった。いい形で先制点を取ることができたので、勢いに乗ってどんどん追加点を取りたいです」とコメント。4番が一振りでつけた勢い。広いナゴヤドームでも、その長打力を見せつけた。

    https://www.daily.co.jp/tigers/2019/04/29/0012286466.shtml



    【一軍】公式戦【阪神1-0中日】 2回表 大山!先制ホームラン!完璧や! 投手:阿知羅 打者:大山 結果:左中間第6号先制ソロホームラン!  http://hanshintigers.jp/  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル #悠輔がヤル



    @hanshintigersjp おぉぉぉやまあぁぁぁ!!!



    @hanshintigersjp 虎の四番‼️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2
     ◇セ・リーグ DeNA―阪神(2019年4月25日 横浜)

     阪神の4番・大山が先制2ランを放った。打線が初回、試合前時点で防御率リーグトップだったDeNA・今永から、先頭の近本が中前打で出塁。その後、2死二塁まで攻め込むと、大山がフルカウントからの外角低め149キロを捉えて右翼席まで運んだ。

     ストライクゾーンギリギリの力強いボールに押し込まれることなく弾き返した当たりに、マウンドの今永も驚きの表情。若き4番の6試合ぶりの一発で、カード3試合連続の先制に成功した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000192-spnannex-base



    【一軍】公式戦【阪神2-0DeNA】
    1回表 大山!!すごい!!すごいで!!
    投手:今永
    打者:大山
    結果:ライト第5号先制ツーランホームラン!!
     http://hanshintigers.jp/  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル #悠輔がヤル



    @hanshintigersjp 大山やるやん



    @hanshintigersjp 嗚呼、最高


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     ◇セ・リーグ 阪神8―3DeNA(2019年4月23日 横浜)

     快勝劇の口火を切ったのは、猛虎の4番・大山のバットだった。

     「勝ってよかったと思います。前回、青柳さんの登板の時に援護することができなかったので、初回から先制することができてよかった。どの投手でも、そう(援護したいと)思っていますが、ずっとできていなかったので1点を取れて、よかったと思います」

     初回に訪れた1死二、三塁の好機。カウント2―2からの6球目に食らいついた。相手先発・上茶谷の外角へのカットボールにバットを伸ばし、中前にはじき返した。三塁走者・糸原を本塁へ迎え入れ、チームに19イニングぶりの得点をもたらした。自身4試合ぶりの打点を挙げたこの一打が、決勝打にもなった。さらに2死後、梅野の打席で今季初盗塁となる二盗も決め、新人右腕を揺さぶった。

     確かな進化を示す一打でもあった。通算対戦打率・270と左投手を得意とする一方、対右投手は・254と数字が落ちる。特に追い込まれると外角へ逃げる変化球に手を出してしまう傾向が強かった。だが、この日は、その「課題」の一つを打ち砕いてみせた。

     “地の利”も生かした。昨季、横浜スタジアムでは7試合で打率・435、4本塁打、9打点と抜群の相性を誇った。9月16日の試合では3本塁打を含む6打数6安打7打点という驚異的な結果を叩き出した。そして、今季も初打席で適時打を放った。「横浜での大山」は、今年も頼りになりそうだ。(惟任 貴信)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000040-spnannex-base

    続きを読む