とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    阪神4番

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    阪神清水ヘッドコーチが陽川尚将内野手を4番に抜てきする可能性を示した。「あのバッティングは生かしたい。内外野守れるのがセールスポイント。4番? 十分期待しています。みんなで競争してくれたらベストです」。

    4番候補の大山が調子を落としている中で、陽川が今後のオープン戦で結果を残していけば逆転もあるとの考えだ。甲子園練習で一塁と外野を守った陽川も「自分のことをしっかりやるだけ。結果を出していかないといけない」と引き締めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-03060630-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神・矢野燿大監督(50)が4日、理想の打線を明かした。足でかき回した赤星憲広氏(42)のようにドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=を開幕2番に期待したほか、和製クリーンアップの可能性も示唆。

     矢野監督は大山を紅白戦も含めてここまで全試合で「4番・三塁」で先発起用。32打数7安打1本塁打、打率・218ともがいているが、指揮官は「プレッシャーもいい意味で、かかりながら立っていくのは意味がある」と話した。3日のソフトバンク戦で待望の初アーチをかけたばかり。9、10日にメキシコ戦(京セラ)に挑む侍ジャパンに選出されたため、8日楽天戦(倉敷)からは離脱する見込みだが、復調の気配を漂わせている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000511-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     4番は力と結果で奪い取れ! 阪神・矢野燿大監督(50)が28日、悩める4番候補の大山悠輔内野手(24)に指令を飛ばした。27日に終えた沖縄宜野座キャンプ中は8度の実戦すべてに「4番・三塁」で起用。今後のオープン戦でも当面は4番に据える方針を固め、眠れる右の大砲の目覚めを促した。

     「今すぐ4番を外すっていうことは、あんまり考えていない。俺も4番を打ったことがないから4番の気持ちって分からないんだけど、プレッシャーに感じるのか、誰でも打てるポジションじゃないっていうのを前向きに捉えるのか。それは俺もやったことがないから分からへんけど、まあ、現状はまだ外すつもりはない」

     確かに計24打数5安打4打点、打率・208で結果は出ていない。最終クール中の26日には午前練習と紅白戦後に打撃指導も買って出た。「打ちたいと思えば、移動も大きくなる。大きく移動するってことはボール球を振っちゃうし、ポイントもズレる。移動の幅を小さくしないと、自分で打ったっていうヒットが増えてこない。失投だけで打つっていうのはなかなか率も結果も上がってこないと思うのでね」。技術、精神両面で助言し、復調を願った。

     新外国人のマルテを5、6番で起用する構想は「4番・大山」が前提にある。内野で万能性を示す木浪も好調を誇り、不振が続くようなら4番どころか三塁の定位置も揺るぎかねない。

     「(ポジションを)与えられるようなチーム状況じゃないから。ナバーロもいいってなったら、マルテがサードもあり得るし、他の選手がサードもあり得るわけだから。判断するのは結果。もちろん将来性は見据えてるけど。レギュラーは奪い取ってくれってずっと言っているから」

     侍ジャパンの代表メンバーに阪神から唯一選出されたようにポテンシャルは計り知れない。奮起を信じ、グラウンドへ送り出す。(吉仲 博幸)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000036-spnannex-base

    続きを読む