とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    阪神OB

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神が上昇気流に乗っている。阪神は2019年5月26日、横浜スタジアムでDeNAと対戦し、7-0で勝利した。先発オネルキ・ガルシア投手(29)が4安打6奪三振の好投で完封。打線は初回にルーキー近本光司外野手(24)が、先頭打者本塁打を放つなどDeNA投手陣から計7点を奪った。ガルシアは移籍後初勝利を完封で飾り、チームは2カード連続の勝ち越しで貯金を「4」とし、2位巨人を0.5ゲーム差で追う展開となった。

     前日25日は8回までゼロ行進が続き、6点ビハインドの9回に糸井嘉男外野手(37)の3ランが飛び出すなど、DeNAの守護神・山﨑康晃投手(26)に食らいつき、あと1点まで追い詰めた。結局、山崎の粘りの前に逆転とはならなかったが、26日のゲームは前日の9回の勢いそのまま2回までに3本のホームランを含む5得点をマークし、早々と試合を決定付けた。

     阪神は5月17日からの甲子園での広島戦で屈辱の3連敗を喫したが、週明けの21日からは甲子園でヤクルトに3連勝を飾った。週末のDeNAとの3連戦では2勝1敗で勝ち越し。広島戦の3連敗からはここまで5勝1敗と好調を維持している。DeNAとの3連戦でキーマンとなったのは近本だろう。初戦の7回には先頭打者として3塁打を放ち、逆転へのきっかけを作り、第2戦目の9回には同じく先頭打者としてセンター前にヒットを放ち、大量5得点の先陣を切った。そして、この日は初回の先頭打者本塁打。ことごとく好機で勝負強さを発揮している。

    ■「阪神は近本選手を起点とし、素晴らしい攻撃をしています」

     阪神OBで野球解説者の野口寿浩氏(47)は「阪神は近本選手を起点とし、素晴らしい攻撃をしています。ゴールデンウィーク明けは近本選手に少し疲れが見えましたが、ここにきてバットがよく振れています。チャンスメイクに慣れてきたようにも感じます」とリードオフマンとして近本を高く評価する。

     阪神は21日からすべて1点差ゲームをものにし、4連勝をマークした。守護神ラファエル・ドリス投手(31)はフル回転登板となり、中継ぎ陣ではピアース・ジョンソン投手(28)を中心に、藤川球児投手(38)、能見篤史投手(39)の両ベテランが奮起。好投の先発陣を中継ぎ陣が支え、最後はドリスがきっちりと締めくくるパターンで、チームを勝利に導いてきた。

      「救援投手陣を休ませるという意味でもガルシア投手の完封は大きな意味がありました。ガルシア投手はいいテンポで投げていました。この完封のおかげで、中継ぎ、リリーフ陣は正味、2日間休めますので、28日からのジャイアンツ戦にはいい状態で臨めると思います」(野口氏)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000003-jct-spo



    【5/27スポニチ紙面】 おはようございます。 本日の阪神情報はなんと4ページ。 ①先頭打者弾&5出塁の近本選手 ②移籍後初勝利を完封で飾ったガルシア投手 ③貴重な追加点となる一発のマルテ選手 ④和製大砲候補2人の2本のアーチ 盛り沢山となっております🤩🤩🤩 pic.twitter.com/wZs5hZqNUy


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     ◇セ・リーグ 阪神―広島(2019年4月30日 甲子園)

     30日広島戦(甲子園)の試合前に行われた『平成最後のファーストピッチ』に、球団OBの井川慶投手(39)が登場した。

     阪神時代の女房役である矢野監督が捕手役を務めるという演出付き。投げ込んだボールは、観客がどよめくほど力強いボールだった。

     「ワンバウンドよりは良いかな…。タイガースが育ててくれたから今がある。こうやって平成最後の試合で投げさせて貰って。球団に感謝しています」

     井川投手は97年ドラフト2位で阪神に入団すると、02年から06年にかけて5年連続2桁勝利を記録するなど、2度のリーグ優勝に貢献した。16年から独立リーグ・兵庫ブルーサンダーズでプレーし、17年シーズン終了後に退団。現在もトレーニングを続けており、「プロ野球は難しいですけど、他の形で出来たら良いかな」と現役続行への思いを語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00000167-spnannex-base



    平成最後のファーストピッチは #井川慶 投手 #矢野輝弘 捕手のバッテリーが実現! #阪神タイガース https://t.co/a2slnipcQ9



    @TigersDreamlink すげぇ! 感動😭



    @TigersDreamlink 井川なにしとんねん!お前はやっぱ虎のユニが似合うからコーチせんかい!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     昨季最下位からのチーム再建に燃える阪神が、恒例の“貧打病”で目下、オープン戦4戦全敗ともがき苦しんでいる。そんな状況下、早くも手厳しい虎OBたちからは「矢野批判」が噴出。球団が批判を展開したOBに注意をするという異例の事態に発展していることが分かった。外野の声を封じ込めるためには結果を出すしかないが…。

     相変わらずの貧打について、矢野燿大監督(50)は4日「いい投手だから打てませんでは通用しない。まだ競争だけど、打順も考えて(今後は)シーズンを見据えてやっていく」と話した。“悩める主砲”大山悠輔内野手(24)を現状4番で継続させながら、次回8日の楽天戦(倉敷)までの調整では連日シート打撃練習を敢行し欠点解消に努めるという。

     昨年が17年ぶりの最下位に沈んだだけに、立て直しには時間が掛かるというもの。だが、この現状に我慢できないのはOBの面々だ。ある大物OBは「今年もウチは弱い。藤浪を筆頭に選手個々の課題が直っていないのが多い。矢野は今回のキャンプで自主性を重視したみたいやけど、結局、底上げにまでは至らなかった。オープン戦を見ていたらそれが分かる」とばっさり。

     別のOBも「新外国人のマルテも打てる感じがしない。新人の近本もそのうち打てなくなる。他球団のキャンプも見てきたが、ウチは最下位球団なのに練習量が少ない。今年は違う!というのは感じられない」…。

     早々に見限ったような言葉の連続。昨年までの金本監督体制では2017年に2位となっただけに、この手のOB批判も少なかったが、昨年最下位になったことでがぜん言いやすくなったのだろう。

     だが、球団としてもあちこちでチーム批判を吹聴される状況を放っておくわけにはいかない。ある球団幹部は「言いたい気持ちは分かるが、あまり(現場が)ガックリするようなことばかり言わないでほしい」と、くだんのOBに直接、注意を促したという。

     まさに異例のことだが、別の球団幹部も「今の首脳陣に一軍経験者が少ない、とかで『恐らくできないだろう』と先入観で見るOBが多い。相手が矢野監督だから(批判を)言いやすいとかもある。でも、温かく見守ってほしい」と切望する事態に“発展”しているのが現状だ。

     矢野監督にすればどれも面白くない話だが、泣いても笑ってもシーズン開幕まで1か月を切った。OB批判を吹き飛ばす一年にしたいところだ。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1299598/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/05(火) 07:58:10.19 ID:b16+/CWop
    ドラフト3位の木浪がセンスを感じさせるシュアなバッティングで存在感をアピールしているが、チームに大革命を起こすほどか、と言えば、そうではない。あくまでも“脇役層”の充実である。

    特に問題はセンターだ。この4試合で高山、近本(2試合)、中谷の3人を先発で使った。江越も含めた4人が候補だったが、もう高山はファームへ送られ、
    近本の足は魅力で、セーフティーバントを決めるなどして課題だったプロのスピードにも順応しようとしているが、センターとしては肩が弱い。中谷、江越もアピールに欠ける。

    だが、その一方で皮肉にも内野の競争は激しい。一塁はマルテとナバーロ。二塁が上本、糸原、ショートが鳥谷、北條、木浪で、三塁は、4番に据えられ、3日のソフトバンク戦では先制本塁打を放った大山。
    昨季唯一の全試合出場を果たして今季新キャプテンに任命された糸原や、売り出し中の木浪を先発で使えないようではもったいない。

    阪神の某大物OBが言う。
    「上本をセンターへコンバートすべし」
     この内外野のアンバランスを解消するのは緊急コンバートしかないのだ。

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/05(火) 07:58:38.30 ID:b16+/CWop
    阪神OBで評論家の池田親興さんも内野手の外野兼用コンバートの推進派だ。
    「新外国人だけはオープン戦から本番に入ってガラっと変わることがあるので今の段階で判断する必要はないが、心配した通りに点が取れないし、開幕でセンターを誰が守るかも見えてこない。対して内野は、新人の木浪が粘り強くいいバッティングをしているし、
    昨年143試合に出て計算の立つ糸原、一発の魅力もある上本、安定感が生まれ始めた北條など人材が余っている。それならばバッティングを優先に考え、使いたくても使えない内野手に外野もやらすべきだろう。
    糸原、上本、木浪の3人は両方できるように準備をしておくべきじゃないか。本来ならばポジションは固定すべきだが、突出している選手が出てこないのだから、相手との相性や調子を見ながら、内野、外野をシャッフルして打線を組んでいくべきだろう。
    福留、糸井にしろ、どこかで休みながら使わねばならないのだからなおさらだ。そもそもキャンプで、なぜ、その準備をやってこなかったのかが問題なのだが」

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/05(火) 07:58:50.37 ID:b16+/CWop
    上本は、金本前監督時代に「ファームで外野を試しておいてくれ」との指令があって、ファームで外野手としての試合出場の経験があり、糸原も外野でノックを受けたことがあるが、今キャンプでは2人共に一度も外野練習に入っていない。
    ルーキーの木浪も、まだ遊撃、二塁、一塁と内野専門で外野のノックは受けていない。

    糸原、木浪は、足がないため、守備範囲の広さが求められるセンターでどこまでやれるのか、その守備適性に「?」はつく。やれるとすれば上本だが、彼にもスローイングへの不安は残る。
    今キャンプでは、ショートの植田海にセンターをやらせていたが、上本、糸原、木浪の外野兼用に踏み切れなかったのは、このあたりの適性問題もあったのかもしれない。
    だが、もう背に腹は代えられない状況に追い込まれている。あらゆるオプションを想定して、彼らの外野テストをたっぷり試合の残っているオープン戦で行っておくべきだろう。

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/05(火) 07:59:13.26 ID:b16+/CWop

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1551740290/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    97: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/27(水) 13:21:15.47 ID:Z91m8/bk0
    狩野あほかw

    98: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/27(水) 13:21:18.98 ID:ldQWgjrW0
    出たわね

    99: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/27(水) 13:21:19.74 ID:WAuMiDWi0
    忖度でした

    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1551237656/

    続きを読む

    このページのトップヘ