とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    青柳晃洋

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「青柳はなぜ、ノーバンで投げないのか」。右腕の打球処理を見た人はそう思うかもしれない。だが、これは弱点を克服するためのプレー。自らピンチを広げないためにも徹底して取り組んでいる。

     今季はここまで4試合に登板し、3勝1敗で防御率は1・50。(18日の時点)。抜群の安定感を誇り、先発ローテの一角を全うしている。

     凡打の山を築く投球術が高く評価される一方で、注目されるのが青柳の打球処理だ。捕球すると、近距離の場合は一塁へ走っていって下からトスし、三塁側など少しでも距離があるとバウンドさせて送球する。もちろんノーバウンドで投げることも可能なのだが、送球が安定せず、悪送球になることが多かった。そこで右腕は苦手とする送球を克服するためにこの方法を編み出した。

     「送球が苦手で、格好悪くてもアウトになればいいと思っている。高めに浮いてしまえば、捕れないボールもありますけど、低めなら何とかなると思うので。矢野監督からも『ゴロになっても走者より速く一塁に届けばいい』とアドバイスしてもらいました」

     投手を務めている以上、バント処理を含む守備能力は失点にも大きく影響する。実際、これまで一塁への送球が悪送球となり自らピンチを広げて点を失うこともあった。

     「同じことを繰り返すのではなく、何とかしないといけない」

     奪三振など華々しいプレーだけでなく、考え抜かれた1つのプレー。アウトにできれば、どんな形でもいい。全ては結果が示している。(デイリースポーツ・井上慎也)




    藤浪もこの姿勢を見習え! なぜ一塁へワンバウンド送球?阪神・青柳の考えは…(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/6a2a663e6015653275453a7f4d756bc97145817b 



    勝てば官軍。送球ミスでエラーして失点したりするくらいなら、より確実性の高い方を選択するのは当たり前。なぜ一塁へワンバウンド送球?阪神・青柳の考えは…  https://article.auone.jp/detail/1/6/10/17_10_r_20200719_1595124871886290?ref=top 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神4-1中日>◇17日◇甲子園

    いいねえ。貯金1ではないか。「何? まだ借金2やないか。阪神は。何を言うとるんや!」。うっかりこんなことを書けば、そう、しかられそうだ。でもその話ではない。青柳晃洋だ。この日7回1失点の好投で3勝目をマークした。

    プロ5年目の青柳はこれで通算成績が21勝20敗となった。キャリアハイの9勝を上げた昨季も9敗しており、過去4年で貯金をつくったシーズンはまだない。しかし、ここまでの調子を見れば、今季こそ貯金、それもしっかりとため込めるかも…と期待する。

    それにしてもユニークな投手だ。独特な投げ方を含めて外見もなかなか個性的。虎番記者の記事にもあるようにゴロ量産の投球もそうなのだが、5回に投ゴロをワンバウンドで一塁に送球するなどフィールディングがあやしいのも面白い。これで結果がついてくれば、優等生が多いチームにあってはなかなかのスター候補ではないか。

    入団時から制球難が課題だった青柳は当然のように死球も多かった。17年6月30日ヤクルト戦では「1イニング3死球」の不名誉な? プロ野球タイ記録も持っている。しかし、それを何とも思っていないところが面白い。その年の暮れ、イベントを取材したときにこんな話をしていた。

    「死球が多いのは知ってますけど、別に打者を狙って投げて、当てているわけではありませんし、気にしていません。コースを狙って攻めていった結果なので。ビビッて自分のボールを投げられない方がダメだと思います」

    ひょうひょうと、しかし強気に言い切る姿勢に、先繰り返すが真面目な選手が多い阪神にはめずらしいタイプになるかも、と思った。それ以来、ひそかに注目しているのだが着実に成長し、今季は西勇輝同様、あるいはそれ以上に安定感のある投球を続けているのは頼もしい限りだ。

    青柳の好投もあって阪神は少しずつ波に乗ってきた。これで借金2。なんとかの皮算用で申し訳ないが、中日に3連勝できれば19日には一気に勝率5割に復帰する計算だ。

    19日は開幕してちょうど1カ月になる。開幕から12試合で10敗を喫していた状態を振り返れば、これは相当な復調だ。1カ月で5割に戻すことができれば今後にも期待が持てる。近本光司がスタメン落ちするなど常に課題はあるが、まずは5割に戻したい。(敬称略)







    阪神借金2?いやいや青柳3勝で通算貯金1ですけど - 虎だ虎だ虎になれ! - 野球コラム : 日刊スポーツ 青さんは阪神打者も苦手なタイプのピッチャー 味方で良かったわ  https://www.nikkansports.com/baseball/column/torada/news/202007170000977.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 20/07/18(土)09:25:59 ID:gNh
    嬉しいコメントやなあ思う反面なんかジワるわ
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/07/18/kiji/20200718s00001173116000c.html

    8: 名無しさん@\(^o^)/ 20/07/18(土)09:31:51 ID:WLj
    大和より下は若手やで

    11: 名無しさん@\(^o^)/ 20/07/18(土)09:37:25 ID:OCw
    なんで代えるねんとは思った

    引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1595031959/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神4-1中日>◇17日◇甲子園

    阪神が接戦を制して2連勝を飾り、4位に浮上。最大8あった借金を2まで減らした。矢野燿大監督の一問一答は以下の通り。

    -青柳の好投は

    矢野監督 もう申し分ないですし、青柳らしく低めにしっかり投げ切って、ゴロ打たせて、堂々と打者に向かっていくピッチングをしてくれましたし、7回までいってくれたのも大きいです。

    -安定感は抜群

    矢野監督 もう、安心してみてられますね。

    -サンズが貴重な適時打

    矢野監督 ラッキーな形でつながりましたけど、あの2点はやっぱり大きいですし、サンズもね、そういうところで打ってくれるの期待してきてもらってるので、ああいう場面をどんどん作って、サンズに返してもらいたいですね。

    -5試合連続安打と好調

    矢野監督 そうですね、だいぶ落ち着いてやっていますし、中身、内容もよくなってきてるので、ますます楽しみになってきました。

    -糸原の適時打も貴重

    矢野監督 なかなか追加点が入らない中でね。どうしてもムードというか。流れが来てない中での、あの1点というのは、本当に大きかったんでね。ケント(糸原)らしく、本当にしぶといヒットでした。

    -打撃は好調

    矢野監督 打つ方は上がってきたんでね。あとは走塁を頑張ってくれたらなと。サンズの当たりでも、あの走塁ではちょっと寂しい。走攻守で全部で引っ張っていってもらいたいです。

    -4位浮上 

    矢野監督 そのあたりも気にして戦っていますけど、目の前の試合を全力で戦っていくというのが一番やれることなのでね。明日も、その気持ちで戦っていきます。

    -青柳の打席で継投 

    矢野監督 2アウト、ライナーなしやったら行こうと思っていた。チャンスになったら勝負行くって決めてたんで。まあセイヤ(木浪)がバントを決めてくれていたら、代打に行くつもりだったんだけど。近本の盗塁で状況が変わったんでね。もともと送ったら勝負行くつもりだった。

    -岩崎、スアレスは落ち着いてきた

    矢野監督 まだねえ。もっといいのが知っているから。まだまだ上がるだろうし。まあでも、任せているんでね。どんな形でもゼロで抑えるということでやってくれているんで、任せます。




    指揮官もご満悦の試合展開でした。 矢野監督、青柳は「安心してみてられる」一問一答  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007170001097.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsより



    開幕から2勝10敗まで行ったが4位まで戻して来たか・・・。 矢野監督、青柳は「安心してみてられる」一問一答  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007170001097.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は17日の中日戦に4―1で勝利し4位浮上。最大で8あった借金も2まで減り、5割復帰も見えてきた。

     先発の青柳晃洋は、持ち味の打たせてとる投球が冴えわたり7回1失点の好投を披露。ハーラートップタイの3勝目を挙げた。「前回の中日戦と違い、余計なランナーを出さなかったことが良いピッチングにつながった。野手の皆さんもよく守ってくれたので感謝です」とナインへの感謝の言葉を並べた右腕は、これで防御率1・50。今や虎投の大黒柱としてチームを支えている。

    「梅野さんのリードにしっかり従うだけです。野手の皆さんも援護してくださった。(野手陣には)『これからもよろしくお願いします』と言いたい」と笑顔でお立ち台に立った背番号50の背中から、確かな自信が漂い始めた。




    先発の青柳君は7回97球1失点。 交代前の打順で一度は打席に立つものの、代走の近本君が盗塁成功して 1死2塁となり、代打中谷君に交代しました。 とにかく内野ゴロの山を築く青柳君らしいピッチング✨ これぞセ界一のサブマリンの本領発揮! pic.twitter.com/HBsVmtkizM



    タイガース 今日も勝った✌️ 青柳くん 3勝目〜😊👏👏👏  https://twitter.com/tigersdreamlink/status/1284097482641641474 


    続きを読む