とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    飯田優也

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     オリックスが連敗を3で止めた。0―3の三回に吉田正尚の2ラン、杉本の2点二塁打などで6点を奪い逆転し、八回に吉田正尚の11号3ランで加点。継投でしのぎ、2番手の飯田優也が移籍後初勝利。楽天は福井が三回途中5失点と崩れた。



    1
    ▲楽天―オリックス。今季初勝利を挙げたオリックスの飯田優=6日、楽天生命パーク【時事通信社】


    阪神からトレードで移籍した飯田優也が勝利。 こんな早く勝ってくれるとは。 今のところトレードは成功。 阪神に移籍した小林も早く1軍のマウンドに上がって勝利してほしい。



    飯田優也に勝ちついたんか おめ!!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神からオリックスへトレード移籍した飯田優也投手(29)が30日のウエスタン・リーグ、阪神戦に登板した。

     2日前までタテジマのユニホームに袖を通し、慣れ親しんだ鳴尾浜球場のマウンドに7回から中継ぎで登板。原口に二塁打を許し、1死三塁のピンチを背負ったが後続を断って無失点で新天地でのデビュー戦を終えた。ネット上も「早速、飯田対阪神やん」などと盛り上がった。




    飯田投手、1回無失点で抑えます💪 早速、古巣相手に登板しました! #オリックス #bs2020 https://t.co/9VtLxzMGnE



    飯田優也はいきなり古巣戦の登板か。ヒットは打たれたが0で抑えたみたい


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     オリックス・バファローズと阪神タイガースは28日、交換トレードの成立を発表した。オリックスからは小林慶祐投手が、阪神からは飯田優也投手がそれぞれ移籍する。

     小林は、八千代松陰高、東京情報大、日本生命を経て2016年ドラフト5位でオリックスに入団した右腕。初年度は35試合に登板し、防御率3.98をマークするなどリリーフ陣の一角を担った。しかし、翌年以降は1年目を超える成績を残せず。4年目の今季は、7試合に登板し、ここまで防御率4.05となっている。通算成績は、69試合(73回2/3)、2勝3敗、5ホールド、防御率5.25。

     小林は球団を通じて、「突然のことでしたので、ただただ驚いているというのが今の率直な気持ちです。こうして今の僕があるのもバファローズのおかげですし、バファローズファンのみなさんが暖かい声援を送ってくれたことは決して忘れません。だからこそ、みなさんの期待に応えることが出来なかったことが一番の心残りですし、なによりも悔しいです。ここまで育ててくれたバファローズ、自分を必要としてくれたタイガースへの恩返しは活躍することしかないと思います。ここまで応援してくれた方々の為にも、新天地で新しい“いい姿”を見せられるように頑張ります」とコメントした。

     一方の飯田は、神戸弘陵高、東京農業大生産学部を経て2012年育成選手ドラフト3位で福岡ソフトバンクホークスに入団。入団2年目に1軍デビューを果たすと、貴重な左のリリーフとして活躍した。18年に松田遼馬と交換トレードで阪神に移籍し、2年ぶりのパ・リーグ復帰となる。今季ここまで登板はなく、通算成績は101試合(169回2/3)を投げ、4勝6敗、10ホールド、防御率3.61となっている。

     飯田は、「突然のことで本当に驚いています。2年という短い期間でしたが、タイガースファンの皆様の期待に応えることができず、残念だという思いでいっぱいです。環境は変わりますが、これを良い機会だと考え、オリックスで活躍できるように精一杯頑張りますので、引き続き温かいご声援をよろしくお願いします」と新天地での活躍を誓った。

    ベースボールチャンネル編集部




    本日28日(金)、阪神タイガースとオリックス・バファローズとの間で、飯田優也選手と小林慶祐選手の交換トレードが成立しましたのでお知らせいたします。 飯田選手コメントと小林選手情報はこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7019.html 



    @TigersDreamlink どっちも頑張ってくれ



    @TigersDreamlink リリーフの一角になってくれ!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     新生、中嶋オリックスが緊急補強に成功した。オリックスの小林慶祐投手(27)と、阪神の飯田優也投手(29)の1対1の交換トレードが成立したことが28日、分かった。左腕強化を図るオリックスと、ブルペン陣の層を厚くしたい阪神との思惑が一致したとみられる。この日午後にも正式発表される見込みだ。

     中嶋監督代行新体制のもとで早速、動いた。身長187センチの飯田は150キロ超の直球が武器で先発、中継ぎも可能なマルチ左腕。現在、左の先発ローテには田嶋、山崎福、アルバースの3人、救援陣には山田、斎藤、富山らが奮闘しているが、底上げを期待して経験豊富な8年目のベテランに白羽の矢を立てた。

     小林は、同じく身長187センチの長身から投げ込む150キロ近い直球とフォークが持ち味。今季途中に1軍昇格して、登板7試合で6回2/3を3失点にまとめていた。阪神は現在、守護神を務めていた藤川が故障のため2軍調整中で、去年リリーフの中核を担った守屋や島本が出遅れており、両軍の狙いが合致したとみられる。

     ◇飯田 優也(いいだ・ゆうや)1990年11月27日、兵庫県生まれ。29歳。神戸弘陵高から東農大北海道オホーツクに進み2012年育成ドラフト3位でソフトバンク入団。14年に支配下登録。18年7月に松田遼馬との交換トレードで阪神移籍。今季は1軍登板なしも通算101試合に登板し、4勝6敗、10ホールド、防御率3・61。187センチ、92キロ。左投左打。年俸1600万円。

     ◇小林 慶祐(こばやし・けいすけ)1992年11月2日、千葉県生まれ。27歳。八千代松陰高から東京情報大、日本生命を経て、2016年ドラフト5位でオリックス入団。150キロ超の速球を武器に1年目から35試合に登板し、2勝をマーク。今季は7試合の登板でプロ通算69試合に登板し、2勝3敗、防御率5・25。187センチ、86キロ。右投右打。年俸1400万円。




    先発の頭は揃ってきたし、今は中継ぎがやばいからいい策だと思った オリックス・小林慶祐と阪神・飯田優也が電撃トレード(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/cada9ff2e69538e2eeb22730a49e06da8827f2cd 



    オリックス・小林慶祐と阪神・飯田優也が電撃トレード(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/cada9ff2e69538e2eeb22730a49e06da8827f2cd  飯田くんはたらい回しでかわいそう(´・ω・`)左右違うぐらいで変わらないかな。現役ドラフトとして受け止めよう


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇ウエスタン・リーグ ソフトバンク―阪神(2020年6月28日 タマスタ筑後)

     阪神は古巣との対戦になる飯田が先発する。内川聖一、中村晃が先発のソフトバンク打線相手に快投し、1軍昇格をアピールできるか。試合開始は18時予定。

     阪神スタメン

     (中)島田

     (二)熊谷

     (一)板山

     (右)井上

     (指)俊介

     (左)中谷

     (捕)片山

     (遊)小幡

     (三)遠藤

     先発投手・飯田

     ソフトバンクスタメン

     (中)真砂

     (遊)川瀬

     (左)中村晃

     (指)内川聖一

     (右)佐藤

     (三)リチャード

     (一)野村

     (捕)海野

     (二)古澤

     先発投手・大竹




    阪神、先発飯田じゃん、あれから肌のケアちゃんとしてる?日焼けしたかな



    今日の阪神さん 1軍で賢ちゃん先発!! 2軍で飯田くん先発!! これは見なくちゃ!!


    続きを読む

    このページのトップヘ