とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    馬場ちゃん

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <中日4-8阪神>◇18日◇ナゴヤドーム

    阪神3番手の馬場皐輔投手が2勝目を挙げた。

    2点ビハインドの5回に登板。先頭のビシエドには中前打を打たれたが、後続を打ち取って無失点。6回に打線が試合をひっくり返して勝利投手となった。

    「先頭バッターにヒットを打たれてしまいましたが、その後は落ち着いて1人1人に対して意図を持った投球をすることができて良かったです」と振り返っていた。




    とらほー 何気に馬場くん2勝目笑 我らが大山が20本超えました! 21本でホームラン王が見えてきましたね!! #とらほー #阪神タイガース #大山



    馬場が今季2勝目なのね。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「DeNA6-7阪神」(12日、横浜スタジアム)

     阪神・馬場が、6ホールド目を挙げた。

     2点リードの八回に4番手で登板。1回を無安打無失点に抑え、守護神スアレスにつないだ。「ボールを低めに集めることができましたし、一人一人落ち着いて投げることができました。3人で抑えることができて良かったです」と振り返っていた。




    今の阪神の勝ちパターンはガンケル、馬場、スアレスってなにがどうなったらそうなるの?ってくらい予想不可能だよな そこそこ機能してるのも含めて



    ヨシヨシ、馬場ちゃんエエよ~ヽ(●´ε`●)ノ #阪神


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1
    1


     「阪神3-1DeNA」(2日、甲子園球場)

     阪神が逆転勝利。引き分けを挟んだ連敗を3で止め、再び勝率を5割に戻した。六回に登板した3年目の馬場がうれしいプロ初勝利を手にした。

     2番手でマウンドに上がった馬場は先頭のロペスを二飛に打ち取ったが、続く倉本にはストレートの四球。続く大和にも四球を与えると、さらには2死後、戸柱にも四球で満塁。しかし、この日3安打と大当たりの梶谷を三邪飛に打ち取り、絶体絶命のピンチを切り抜けた。その裏の味方打線の逆転で、待望の初勝利が転がり込んだ。

     矢野監督は、初勝利の馬場について「自作自演なところはありましたけど」と苦笑い。それでも「ドラフト1位で入ってなかなか1軍で(思うような投球が)できない中で、僕も2軍監督で見てきましたし、このひとつの勝利が自信になってどんどん大きなピッチャーになっていってくれたら」とまな弟子にエールを送っていた。




    自作自演!?も、初勝利のいいスパイスとなりました。 阪神・矢野監督、初勝利の馬場に苦笑い「自作自演ではありましたけど」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/08/02/0013567947.shtml  @Daily_Onlineより



    馬場の投球について 『自作自演なところもありましたけども』(笑) 言わんといたって pic.twitter.com/nGBMbSb9yO


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神3-1DeNA」(2日、甲子園球場)

     3年目の阪神・馬場皐輔投手がプロ初勝利をマークし、初めてのお立ち台に上がった。「まあ、ようやく初勝利できてよかったです」と表情を緩めた。

     1点ビハインドの六回、3四球で2死満塁とピンチを招き、初回の先頭打者弾を含む3安打と当たっている梶谷との勝負を迎えた。145キロ直球を投じ、1球で三邪飛に抑え、ピンチを脱した。その直後に大山の逆転打が生まれ初勝利が飛び込んできた。「もうこういうピッチングしたくないので、次しっかり投げて頑張って投げていきます」と気を引き締めていた。

     ウイニングボールの行方を問われると、馬場は即答した。「今、新婚なので奥さんに渡したいと思います」。愛妻に感謝を込めて、手渡しする予定だ。

     馬場と言えば、代名詞になりつつあるのがマウンド上でガッツポーズを披露する“馬場ガッツ”。お立ち台では「これからもしっかり抑えて“馬場ガッツ”できるように頑張りたいと思います」と頼もしい宣言をした右腕。これからもチームに欠かせない救援投手として力を発揮する。




    阪神・馬場がプロ初勝利、勝利球は「新婚なので…」 馬場ガッツ量産宣言も/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/08/02/0013568107.shtml  @Daily_Onlineより 馬場ガッツの語感すき



    阪神馬場プロ1勝、記念球は「新婚なので奥さんに」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202008020001190.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  嬉しいプロ初勝利の馬場君。 おめでとう㊗️😄 そういえば、結婚したら成績が上がるという、あるあるジンクス。 今年の馬場君が飛躍しようとしてるのも、それかな〜😂🐯 とにかく嬉しい😊🐯


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神3-1DeNA」(2日、甲子園球場)

     阪神が逆転勝利。引き分けを挟んだ連敗を3で止め、再び勝率を5割に戻した。4番の大山が今季2本目の決勝打。3年目の馬場がプロ初勝利を手にした。

     試合は初回、先発の岩貞が先頭の梶谷に、先頭打者アーチを浴びて先制を許した。打線はDeNAの先発、平良を攻めあぐね、五回まで散発の2安打。なかなか突破口が開けなかった、六回だった。

     この回、先頭の近本が右前打で出塁。糸井も右前打でつなぎ、無死一、三塁とチャンスを作った。糸井は7月28日のヤクルト戦(神宮)以来4試合、15打席ぶりの安打。さらに矢野監督は代走・島田を送ると、二盗を決めて無死二、三塁を作った。

     ここでサンズは空振り三振に倒れたが、4番が意地を見せた。1-1から3球目、外角のスライダーに泳がされながら、すくい上げた打球は右前にポトリと落ちた。二走・島田も一気にホーム生還。五回まで2安打に抑えられていた平良を攻略した。

     「チャンスの場面でしたし、打つだけでした。それだけです」

     島田はプロ初盗塁。また、六回を無失点に抑えた馬場に、プロ初勝利の権利が生まれた。八回にはサンズの左前打から1点を追加。リードを2点に広げた。馬場はプロ3年、通算16年目の登板で初勝利。七回以降はガンケル、藤川、スアレスとつないだ。藤川は今季初ホールド、スアレスは6セーブ目を記録した。

     順位は変わらないが、3位・DeNAにゲーム差なしと肉薄する。3日の休みを挟んで、4日からは今季初の9連戦を迎える。まずは首位・巨人との3連戦。先発はガルシア-藤浪-高橋の予定。伝統の一戦で弾みを付けたい。




    今日(2020年8月2日)のヒーローは大山、馬場!1 https://t.co/xICnAnUia8



    今日のヒーロー、逆転タイムリーの大山選手&初勝利投手の馬場投手‼️ #大山悠輔 選手 #ナイスバッティング#馬場皐輔 選手 #ナイスピッチング#今日のヒーロー #阪神タイガース #its勝笑timeオレがヤル pic.twitter.com/ICnUeJbnuR


    続きを読む

    このページのトップヘ