とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    高山俊

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    771: どうですか解説の名無しさん@\(^o^)/ 2017/03/23(木) 20:35:20.57 ID:mAyF+9En0
    amarec(20170323-1800)


    キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!


    引用元: ・とらせん2

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)22:23:27 ID:5BW
    2017選手テーマソング
    no title

    http://hanshintigers.jp/entertainment/themesong/

    2 北條 史也 WANIMA やってみよう
    9 髙山 俊 Ariana Grande Into you
    20 ロマン・メンデス 影山ヒロノブ CHA-LA HEAD-CHA-LA

    3 大山 悠輔 AK-69 Lookin' In My Eyez
    28 小野 泰己 GReeeeN every
    35 才木 浩人 OWL CITY Good Time
    36 浜地 真澄 GReeeeN Green boys
    33 糸原 健斗 BIGBANG FXXK IT
    40 福永 春吾 清水翔太 DREAM
    39 長坂 拳弥 BIGBANG Ms.LIAR
    45 藤谷 洸介 TUBE My Hero

    引用元: ・【悲報】阪神高山の登場曲、変更

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)17:02:09 ID:djS
    昨季セ・リーグ新人王に輝いた阪神・高山俊外野手(23)に、球団の和田豊オーナー付シニアアドバイザー(SA、54)が“2年目のジンクス”打破へ金言を授けた。

    ルーキーイヤーに打率.275、8本塁打、65打点でチームに貢献した高山について、和田SAは「あの成績はたいしたもの。シーズンが始まり少ししてから、弱点を攻められて壁に当たったけど、それを早い時期に乗り越えた」と高評価。
    さらに今季は「右肩上がりに成績を出していけるタイプなので、去年の数字が最低限のベースになる」と期待を寄せる。

    虎ひと筋、17年間の現役時代の大半を内野のレギュラーで過ごした和田SA。今後高山が主力選手として歩んでいくには、体力だけでなく「メンタル面強化が不可欠」と力説する。

    高山は昨季外野手としてリーグワーストの6失策を記録したが、和田SAは「俯瞰で見ると、そこまで周囲に揶揄されるものではない」と取りなし、むしろ守備面でミスした際の気持ちの切り替えが重要と指摘する。

    「自分の現役時代を振り返ってみても、レギュラー選手って意外に守備のミスを引きずる。1つのフライを落としただけでダメになった選手もいる。ただ、レギュラーを長い期間張るには、打つだけではダメ。高山本人も理解していると思うけど守れなきゃね」

    sato


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000017-ykf-spo

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1484985729/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/11(水)22:32:29 ID:TEG
    阪神・高山俊外野手(23)が10日、鳴尾浜を今年初めて訪れ、自主トレを行った。
    マシン打撃などで汗を流し、室内練習場ではウエートトレの達成状況をチェック。
    設定ノルマの数値以上の重量を持ち上げてみせ、2017年ボディーが順調に仕上がっていることを証明した。
    藤浪晋太郎投手(22)も鳴尾浜で体を動かし、順調な肩の仕上がり具合を披露した。
    sato

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20170111/tig17011105030010-n1.html

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1484141549/

    続きを読む

    このページのトップヘ