とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    高校野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今秋のドラフト候補、智弁和歌山の右腕・小林樹斗が151キロをマークした。

     17日に行われた甲子園交流試合の尽誠学園(香川)戦。1―8の六回裏から4番手として登板すると、5番打者の2球目に151キロを投げ、二飛に打ち取った。

     八回には4番打者相手に再び151キロの直球で空振り三振を奪い、3回を投げて2安打3奪三振で無失点。大敗を喫したため、「151キロを投げても負けてしまうと意味がない」と笑顔はなかったが、かつて阪神、巨人などに在籍した中谷監督は「練習をしてきたことが甲子園の舞台で出せた」とエースの成長に目を細めた。

     投げるたびにプロの評価を上げている。和歌山県の独自大会が始まると、初めて150キロを計測。6日の決勝で自己最速の152キロを叩き出している。ある球団のスカウトがこう言った。

    ■高橋は慶大、中森は明大…こちらはバリバリのプロ志望

    「去年のセンバツの明石商戦で147キロ、夏の甲子園で148キロ。順調に成長していたんですが、昨秋は状態が上がらず失点を重ねる試合が多かった。大学進学かと思っていたんですが、冬とコロナ自粛期間にかなりトレーニングを積んだのでしょう。昨秋よりひと回り体が大きくなり、ここにきて投げるたびに球速がアップしている。カットボールなど球種も増えているし、完成度が高い中森(明石商)、高橋(中京大中京)といったドラフト上位候補と比べ、急激に伸びているのが、この小林です。中森と高橋は進学かプロ入りか悩んでいるが、バリバリのプロ志望なのも、プロからすれば評価できる。今年は豊作の大学生候補の調子次第とはいえ、現段階で外れ1位、つまり1位の12人に入ってきそうなところまで浮上しています」

     交流試合未出場組の高校生投手では、最速153キロ右腕の福岡大大濠・山下舜平大(3年)がドラフト1位候補とされる。

     それでも、巨人や阪神は甲子園での実績も評価するため、今回の交流試合を含めて“聖地”の土を3度踏んだ小林の人気は高まりそうである。

     コロナ禍でアピールの舞台が限られる中、最速152キロ右腕がドラフト戦線に殴り込みをかけてきた。




    和歌山)智弁和歌山 夢は後輩に 交流戦:朝日新聞デジタル  https://www.asahi.com/articles/ASN8K6VQ9N8KPXLB00K.html  昨夏、星稜の奥川君と投げあって以来の甲子園のマウンドとなった小林樹斗君。八回、この日最後の打者を151キロの直球で三振に切ると、思わずガッツポーズが飛び出しました。 #高校野球



    スカウト「ここまで伸びるか!」。 智辯和歌山・小林樹斗が自己最速を次々更新。  https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/hs_other/2020/08/17/___split_94/ 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     2020年甲子園高校野球交流試合は第6日の17日、第2試合で尽誠学園(香川)が8―1で智弁和歌山(和歌山)を降した。二回に走者を一掃するタイムリーを放った尽誠学園の菊地柚主将は「自分がここ一番で打たないといけないと強く思っていた」と話した。菊地主将の談話は次の通り。

     ◇「校歌を歌うことを目標にしてきた」

     甲子園で校歌を歌うことを目標にしてきたので、うれしかった。(二回の適時打は)自分がここ一番で打たないといけないと強く思っていたので、ああいう結果になってとてもうれしい。気持ちだけは相手に負けないと強く思っていたので、ああいうバッティングができたのだと思う。今までやったことは無駄ではなかったと、この場で改めて思った。

     (村上投手は)序盤はあんまりだったが、投げていくにつれてしっかりしていって粘りの投球ができて良かったと思う。(これが最後の試合となるが)今までやってきたことをこの場で出せたので最高だった。(学校として18年ぶりの勝利)尽誠学園の歴史に自分たちの名前が刻まれたので、とてもうれしい。




    尽誠学園が甲子園常連で強豪の智弁和歌山に8ー1で快勝! 夏の甲子園交流試合最終日を迎えましたが……同じ瀬戸内でお隣同士、香川県代表尽誠学園の勝利の瞬間最高でしたw 岡山県代表倉敷商業も甲子園常連で強豪の仙台育英に6ー1で快勝して勇気と元気を与えてくれてありがとう✨ pic.twitter.com/2eSAz7huRl



    / ⚾ ここ一番で打たないと \ 勝ち越しタイムリーの 尽誠学園#菊地柚 主将 「甲子園で校歌を歌うことが  目標だったのでとても嬉しかった。  ここ一番で打たないと、と  強く思っていたので、  とてもうれしいです」と 晴れ晴れした表情でした。 #智弁和歌山 1ー8 #尽誠学園(香川) pic.twitter.com/22U88wo4V5


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇2020年甲子園交流試合最終日第1試合 大阪桐蔭4―2東海大相模(2020年8月17日 甲子園)

     新型コロナウイルスの影響で中止となった今春センバツに出場予定だった32チームによる「2020年甲子園高校野球交流試合」最終日は17日、甲子園球場で行われた。強豪同士が激突した第1試合は、大阪桐蔭(大阪)に終盤の逆転劇を見せ4―2で東海大相模(神奈川)に競り勝った。

     大阪桐蔭は初回2死一、三塁から吉安遼哉(3年)の右前適時打で先制。1点を追った7回1死満塁からは加藤巧也(3年)の左犠飛で同点に追いつき、8回1死二、三塁から途中出場の薮井駿之裕主将(3年)が9球粘った末に左前適時打して2点を勝ち越した。投げては、エース左腕・藤江星河(3年)、左腕・松浦慶斗(2年)のリレーで、強力打線の東海大相模を2得点に抑えた。

     東海大相模は1点を追う7回1死二、三塁から神里陸(3年)の右前2点適時打で逆転したが、終盤に試合をひっくり返された。




    大阪桐蔭vs東海大相模、面白い試合でした。桐蔭の投手陣、お見事。相模も3安打じゃどうにもならなかったね。履正社はどうやって桐蔭投手陣から9点取ったっんだ… 大阪の高校野球恐るべし😱 #高校野球交流試合 #大阪桐蔭vs東海大相模



    桐蔭という大所帯で、全国から俺が俺がという選手が集まってくる中での主将。控えという立場で物凄い苦労を乗り越えてきたんだと思う。この主将が決勝打を打った時、本当に感動しました。おめでとうございます! 大阪桐蔭主将、異例の背番号2桁 最高の舞台で決勝打 https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASN8K3TRYN8KPTIL002.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     鶴岡東が競り勝った。1―3の三回に吉田の2点適時打で追い付き、五回に暴投で勝ち越し。八回には小林の適時二塁打で加点した。阿部は左横手投げから的を絞らせず7回3失点。太田の好救援で逃げ切った。

     日本航空石川は二回までに3点を奪ったが、その後は攻めきれず。九回も2死満塁からあと一本が出なかった。守備の乱れも痛かった。




    地面すれすれのアンダースローをみせたかと思えば、上手投げで100キロに満たない山なりのボールを投じて幻惑。鶴岡東の先発左腕・阿部駿介投手が大舞台で輝きました。 #甲子園高校野球交流試合  https://mainichi.jp/koshien/articles/20200816/k00/00m/050/224000c 



    日本航空石川に勝利した鶴岡東(山形)の阿部駿介投手は試合後、最上川が氾濫するなどの豪雨被害を受けた地元の人々に「勇気を与えられるように頑張ろうと思った」と試合に込めた思いを語りました。 #甲子園高校野球交流試合  https://mainichi.jp/koshien/articles/20200816/k00/00m/050/218000c 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇2020年甲子園高校野球交流試合 帯広農4―1健大高崎(2020年8月16日 甲子園)

     新型コロナウイルスの影響で中止となった今春センバツに出場予定だった32チームによる「2020年甲子園高校野球交流試合」5日目が16日、甲子園球場で行われた。第2試合は、投打がかみ合った帯広農(北海道)が健大高崎(群馬)を4―1で下し、甲子園初勝利を挙げた。

     帯広農は2回、2死満塁のチャンスで、9番・谷口(2年)がしぶとく右前へ運び、2点を先制。1点差に迫られた直後の3回表には、1死三塁から4番・前田(3年)が執念のスクイズを決め、再びリードを2点に広げた。

     5回には、相手先発左腕・下(3年)に代わり、2番手でマウンドに上がった長谷川(3年)も攻略。安打と犠打で1死二塁の好機を作ると、2番・佐伯が中前適時打。貴重な追加点をもぎ取った。

     主将で先発エースの井村(3年)は、毎回走者を出したものの、打たせて取る投球で相手打線を翻ろう。粘りの投球で6回6安打1失点に抑えた。

     健大高崎は、1得点と打線が振るわず。昨秋の関東大会覇者としての力を見せつけることが出来なかった。




    帯広農、昨秋の関東覇者・健大高崎に勝利 攻守かみ合う (朝日新聞デジタル - 08月16日 14:57)  https://news.mixi.jp/view_news.pl?id=6196265&media_id=168&from=twitter&share_from=view_news  高校野球は何が起こるかわからないからおもしろい🧟🧟🧟



    ありがとう帯広農。健大高崎を走らせなかったのはすごかった


    続きを読む

    このページのトップヘ