とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    高校野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    新型コロナウイルスの影響で中止された今春センバツの出場32校を招く「2020年甲子園高校野球交流試合」(8月10~12、15~17日)の抽選会が8日、オンラインで行われ、各校1試合ずつ計16試合の組み合わせが決まった。10日の開幕戦は大分商-花咲徳栄(埼玉)に決定。15日第1試合の履正社(大阪)―星稜(石川)は、昨夏甲子園決勝の再現。最終日の17日第1試合では大阪桐蔭-東海大相模(神奈川)と東西の「横綱対決」が初めて実現する。対戦カードと各試合の見どころを紹介。

    【8月10日(月・祝)】

    ◆第1試合:大分商-花咲徳栄=午前10時

    大分商はプロ注目の最速147キロ右腕、川瀬のデキがポイント。チェンジアップ、カットボールなど変化球も多彩に操る。花咲徳栄は高校通算48本塁打の井上を中心に破壊力ある打線が魅力。初回から積極的に点を取りに行き、先制逃げ切りを狙う。

    ◆第2試合:明徳義塾(高知)-鳥取城北(鳥取)=午後0時40分

    明徳義塾はエース左腕の新地が抜群の制球力。堅い守備からリズムを作る。俊足奥野から始まる打線も切れ目がなく馬淵采配も注目。鳥取城北の投手陣は140キロ超の松村ら豊富な陣容を誇る。高い得点力で昨秋中国大会準Vに導いた攻撃陣は打線に切れ目がない。

    【8月11日(火)】

    ◆第1試合:天理(奈良)-広島新庄=午前10時

    天理は昨秋神宮大会で守備が乱れた反省を生かし、ディフェンスを鍛えてきた。強打者瀬、192センチ右腕達の2年生コンビにも注目。広島新庄は迫田前監督が築いた守りのチーム。投手陣は秋山、秋田の左腕2人が軸。俊足巧打の下らの打線はしぶとくつなぐ。

    ◆第2試合:創成館(長崎)-平田(島根)=午後0時40分

    創成館は鉄壁守備で勝利を目指す。4強入りした昨秋九州大会は3戦無失策。伝統の投手リレーの強みも甲子園で生かす。21世紀枠の平田は守り抜く野球。昨秋は多数の接戦を制し、中国大会ベスト8。エース古川は多彩な変化球で打ち取る技巧派右腕。

    ◆第3試合:明豊(大分)-県岐阜商(岐阜)=午後3時20分

    明豊はエースで主将の最速141キロ左腕、若杉が大黒柱。172センチと小柄ながら、プロ注目の素材で昨秋九州王者をけん引する。県岐阜商はセンバツ用に新調したユニホームで戦う。森、野崎ら140キロ超の投手陣をそろえた。主砲の佐々木は抑えも務める。

    【8月12日(水)】

    ◆第1試合:智弁学園(奈良)-中京大中京(愛知)=午前10時

    智弁学園は昨秋の公式戦8試合で14本塁打の強力打線が看板。2年生4番前川の打力は随一、1番の白石も長打が狙える巧打者。中京大中京は昨秋神宮Vに導いた153キロ右腕高橋が初の甲子園でどんな投球を見せるか。強肩捕手の印出、遊撃中山ら守りも堅い。

    ◆第2試合;鹿児島城西(鹿児島)-加藤学園(静岡)=午後0時40分

    鹿児島城西はダイエー、阪神などでプレーした佐々木誠監督が甲子園初采配。監督直伝のフルスイングを聖地で披露する。加藤学園は昨秋の県、東海大会全8試合を完投したエース肥沼がチームの大黒柱。大村、杉山ら中軸の勝負強い打撃で援護したい。

    【8月15日(土)】

    ◆第1試合:履正社(大阪)-星稜(石川)=午前10時

    履正社は昨夏全国制覇に貢献したエース岩崎がさらに安定感が増した。プロ志望で最速147キロ、190センチ右腕の内は力で抑え込む。星稜は昨夏の甲子園準Vを遊撃手で経験した内山主将が捕手となり、攻守でチームを引っ張る。投手陣は荻原、寺西の両右腕が安定。

    ◆第2試合:磐城(福島)-国士舘(東京)=午後0時40分

    磐城は最速141キロで、6種類の変化球を操るエース右腕、沖を中心にディフェンス力で勝負。捕手の岩間主将の統率力も抜群。昨秋都大会優勝投手のエース中西を中心に伝統的な守りの野球で戦う。1年から主軸の黒沢や大砲の有馬がおり攻撃力も上がった。

    ◆第3試合:仙台育英(宮城)-倉敷商(岡山)=午後3時20分

    仙台育英はドラフト候補の入江や宮本を軸に、機動力を絡めた全国トップ級の攻撃力が武器。最速143キロ左腕・向坂も成長著しい。昨秋中国王者の倉敷商は投打にまとまりあり。右の福家から左の永野への継投が勝利の方程式。打者は勝負どころでの集中力が光る。

    【8月16日(日)】

    ◆第1試合:明石商(兵庫)-桐生第一(群馬)=午前10時

    明石商は昨年甲子園春夏4強に導いた最速151キロ右腕の中森と、強打の1番来田のコンビが引っ張る。守りも堅実で総合力が高い。桐生第一の蓼原は今冬急成長し、最速144キロ右腕に。左腕の宮下とのダブルエースで、守備からリズムを作っていく。

    ◆第2試合:帯広農(北海道)-高崎健康福祉大高崎(群馬)=午後0時40分

    帯広農はエース井村と水上、千葉俊の3投手でいかに相手打線の目線を散らすか。ミスなく堅実野球で創立100周年に花添える。昨秋神宮大会準優勝の高崎健康福祉大高崎は左腕エース下と強肩捕手・戸丸のバッテリーが息ぴったり。機動破壊の積極走塁も健在。

    ◆第3試合:鶴岡東(山形)-日本航空石川(石川)=午後3時20分

    鶴岡東は昨夏甲子園16強メンバー山路、小林や、4番馬場らを中心に、昨秋の東北大会3戦連続10得点の強力打線が健在。日本航空石川は、最速147キロを誇る190センチ、105キロ右腕の嘉手苅(かてがる)に注目。パンチ力十分の4番で打線もけん引する。

    【8月17日(月)】

    ◆第1試合:大阪桐蔭(大阪)-東海大相模 (神奈川)=午前10時

    大阪桐蔭は西野、仲三河、船曳、吉安とそろう打撃陣の破壊力は満点。エース左腕藤江を中心に2年生の関戸、松浦ら投手陣も充実。東海大相模は昨夏甲子園メンバーが多く残り経験値高い。山村、西川、鵜沼のプロ注目トリオ擁する打線は迫力十分で投手陣も豊富。

    ◆第2試合:智弁和歌山(和歌山)-尽誠学園(香川)=午後0時40分

    智弁和歌山は伝統の強打が健在。リードオフマンの細川を軸に打線は切れ目がない。エースの小林樹は最速148キロの本格派右腕。昨秋四国大会準優勝の尽誠学園は勝負強い打線と堅守で勝負。外野手の福島は同校OB谷佳知氏(47=元オリックス)を叔父に持つ。

    ◆第3試合:白樺学園(北海道)-山梨学院(山梨)=午後3時20分

    明治神宮大会4強の白樺学園は最速148キロエース片山、右横手の坂本武の2本柱が安定。打線も1番川波から下位まで長打狙える。山梨学院は昨秋、多彩な攻撃で関東大会準優勝。冬は長打力を磨き、昨夏も甲子園出場の栗田、小吹を中心に攻撃に厚みを増した。




    甲子園交流試合/対戦カードと全16試合の見どころ 履正社(大阪)-星稜(石川) 明石商(兵庫)-桐生第一(群馬) 大阪桐蔭(大阪)-東海大相模 (神奈川) 智弁学園(奈良)-中京大中京(愛知)  https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202007090000101.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsより pic.twitter.com/5lkzfhaZh4



    ちゃんと全16試合の見どころを解説してくださってて素敵です🙏 甲子園交流試合/対戦カードと全16試合の見どころ  https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202007090000101.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     日本高野連は8日、「2020年甲子園高校野球交流試合」のオンライン抽選会を行い、出場校32校の対戦カードが決定した。

     昨秋の日本一・中京大中京は近畿大会ベスト4に進出した智辯学園と対戦。また準優勝に終わった健大高崎は帯広農と対戦することが決定した。

     そして大阪桐蔭と東海大相模と東西を代表する強豪校同士が対戦することとなり、また星稜と履正社の対戦が決定。昨夏の甲子園決勝戦と同じカードが再び実現し、熱い試合が繰り広げられることが予想される。

     そして21世紀枠で選抜に選ばれ、好投手・沖正宗がいる磐城は国士舘と対戦することとなった。

     大会は8月10日から17日まで、全試合阪神甲子園球場で行われる。


    【21世紀枠】・・3枠
    ・帯広農(北海道)
    ・磐城(福島)
    ・平田(島根)
    【北海道地区】・・1枠
    ・白樺学園(北海道)

    【東北地区】・・2枠
    ・仙台育英(宮城)
    ・鶴岡東(山形)

    【関東・東京地区】・・6枠
    ・健大高崎(群馬)
    ・山梨学院(山梨)
    ・東海大相模(神奈川)
    ・桐生第一(群馬)
    ・国士舘(東京)
    ・花咲徳栄(埼玉)

    【東海地区】・・3枠(神宮枠1つ)
    ・中京大中京(愛知)
    ・県立岐阜商(岐阜)
    ・加藤学園(静岡)

    【北信越地区】・・2枠
    ・星稜(石川)
    ・日本航空石川(石川)

    【近畿地区】‥6枠
    ・天理(奈良)
    ・大阪桐蔭(大阪)
    ・履正社(大阪)
    ・智辯学園(奈良)
    ・明石商(兵庫)
    ・智辯和歌山(和歌山)

    【中四国地区】・・5枠
    ・倉敷商(岡山)
    ・鳥取城北(鳥取)
    ・明徳義塾(高知)
    ・尽誠学園(香川)
    ・広島新庄(広島)

    【九州地区】・・4枠
    ・明豊(大分)
    ・大分商(大分)
    ・創成館(長崎)
    ・鹿児島城西(鹿児島)




    【2020年甲子園高校野球交流試合】 ⚾️組み合わせ決定 ※日時は現在、協議中の模様 pic.twitter.com/pSIaNGRlxD



    今年の甲子園の組み合わせ最高じゃん 履正社対星稜、大阪桐蔭対東海大相模



    甲子園交流試合 組み合わせ 加藤学園は鹿児島城西と対戦!⚾ pic.twitter.com/XSLW7RPQ4D


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    大阪府高野連は3日、今夏の大阪府独自の代替大会(18日開幕)の組み合わせ抽選を大阪市内で行った。

     浪速の遠山昭治監督(52)は元阪神で左キラーの中継ぎとして活躍。昨年11月の就任後、今大会が公式戦デビューとなる。23日の初戦で桃山学院と対戦。1期生となる3年生22人と全員野球で初陣初勝利を目指す。

        ◇   ◇   ◇

     遠山監督は「3年生最後の大会ができることがうれしい。ありがたい。僕が一番楽しみにしている。1試合でも多く、この子たちと野球がしたい」と代替大会の開催を感謝した。

     昨年11月に監督就任。冬場に徹底的に鍛え、春、夏の公式戦で台風の目になる手応えもつかんでいた。だが、新型コロナウイルス感染拡大のため中止。2月末から6月中旬まで、3カ月半まったく活動できなかった。「僕らだけではない。悔やんでも仕方がない。再開の日にみんなの表情がよかったのでホッとしました」。6月15日から再始動。堺市にある浪速のグラウンドは選手たちの活気で満ちあふれている。

     下向大輝捕手(3年)は「自宅待機中に野村克也さんの本を読んだら、配球などの教えが似ていた。遠山監督が来てから、相手打者が何を待つか分かるようになってきた」と驚いた。阪神での現役時代に遠山監督に染みついた「ノムラの教え」が知らずに浸透していた。配球や相手のミスや隙を突く野球など、プロの戦い方を教え、体力面などでまだ差がある強豪へ立ち向かう。遠山監督は「いろいろやらないと勝てないから」と、エース左腕の村上真基投手(3年)を軸に、右のアンダースロー、右の長身パワー投手などタイプが違う5人の投手を育ててきた。小刻みな継投策にも注目だ。

     結野颯太主将(3年)は「監督からは野球を楽しんでやることを教わった。監督の初陣なので、勝ちを届けたい」とチームの思いを代弁する。独自大会は3年生22人で戦う。今回は試合ごとにメンバー20人の入れ替えが可能。遠山監督も「22人全員で大会をやり遂げたい。勝ってメンバーを入れ替えたい。(采配は)直感や感覚を生かしていければ」とやる気をみなぎらせる。1期生たちの最初で最後の戦いが始まる。【石橋隆雄】

     ◆遠山昭治(とおやま・しょうじ)1967年(昭42)7月21日、熊本県生まれ。八代一(現秀岳館)から85年ドラフト1位で阪神に入団。1年目に8勝を挙げる。90年オフにロッテに移籍。95年から野手転向。戦力外となった97年オフに入団テストを経て阪神入り。サイドスローに転向して中継ぎとして活躍し99年にカムバック賞。02年限りで引退。通算393試合、480回1/3、16勝22敗5セーブ、防御率4・38。05年から11年まで阪神のファームでコーチ。14年に学生野球資格回復。現在は浪速で入試広報部の職員として勤務している。左投げ左打ち。

     ◆浪速 1923年(大12)に旧制浪速中学校として創設された私立校。05年から男女共学。生徒数は2026人(うち女子687人)。野球部は26年創部で甲子園には春2度(91年、01年)出場。主なOBに大引啓次(元ヤクルト)近藤大亮(オリックス)。空手部、ボクシング部などが全国レベル。主な卒業生は赤井英和(俳優)笑福亭鶴瓶(落語家)林家ペー(タレント)。所在地は大阪市住吉区山之内2の13の57。飯田智文校長。




    毎日放送の解説かと思ったら、今監督か、、、知らなかった。 元阪神の浪速・遠山監督「ノムラの教え」球児に注入(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200703-27030952-nksports-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     日本高野連は1日、運営委員会を開催し、新型コロナウイルスの影響で中止となったセンバツの代替試合として行われる「2020年甲子園高校野球交流試合」の実施要項を発表した。

     招待されるのはセンバツに出場する予定だった32校。日程は8月10日から12日、15日から17日の6日間。開会式は第1日第1試合に出場する学校で行う。

     招待校による対抗試合は各1試合。組み合わせ抽選は7月8日。出席者は責任者と主将によって、オンラインで行われる。試合は九回同点の場合は十回からタイブレーク制を採用する。

     現時点では無観客を原則とし、学校関係者の入場は今後感染状況の推移を見ながら検討。例年の夏の甲子園と同じように、NHKはテレビ生中継とラジオ生中継、ABCテレビ生中継、バーチャル高校野球などのライブ配信も行われる。




    2020年 甲子園高校野球交流試合 (センバツ出場32校) 日程が発表されました。 NHK、BS朝日、ABCテレビ 全試合生中継 pic.twitter.com/TE8n4CS3pt



    @nagominagomih どうせなら内野席のスタンドだけでいいので観客も入れてほしかったな。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/06/11(木) 18:36:49.05 ID:CPNOyYu09
    2020年06月11日 09:15野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/06/11/kiji/20200611s00001000065000c.html
    no title


     センバツに出場するはずだった球児たちに甲子園でプレーする機会が与えられることになった。一度は諦めた夢の舞台だけに、32校の選手、父兄、関係者らにとってはうれしいニュースとなったに違いない。

     一方、人知れず水面下でセンバツの代替開催を働きかけていたある人物も、この知らせを喜んだ。元プロ野球選手にして、現在は参議院議員の石井浩郎氏だ。

     3月13日にセンバツの中止が決まった直後から「何とか選手たちに甲子園で試合をやらせてあげる方法はないか」と具体的な策を練っていた。そして数日後には、学校の授業がないゴールデンウィークの5月1~6日に甲子園で各校1試合ずつ行うことを軸とするプランを携え、各方面との折衝に動いた。

     このプランを実現するためには何より主催の日本高野連と毎日新聞社の了承がいる。さらにこの時点でプロ野球は4月24日開幕を目指しており、甲子園は5月2、3日に阪神―ヤクルトのデーゲームが入っていた。そのため、阪神球団にナイターへの移行をお願いし、昼間は高校野球に貸してもらわなければならない。すでにチケットの前売り券発売は始まっており、中継を予定しているテレビ局の編成面の問題もある。クリアしなければならない問題はいくつもあった。それでも石井氏は「できない理由を並べるより、まず動かないと」とNPB、日本プロ野球OBクラブ、阪神、早大やプロでの先輩、後輩らを相手に代替開催の必要性を訴え続けた。3月24日には大阪を訪れ、日本高野連と毎日新聞社に直訴した。さらに野球界だけでなく、首相官邸にまで出向いて理解を求めたという。あらゆる人脈を使いながら実現への糸口を探った。

     なぜ、石井氏がここまで動いたか。今回、自身の地盤の秋田県勢はセンバツに出場しない。「秋田勢が出ていたら〝自分のためにやっている〟と言われてしまう。だから動けた。地元のためではなく、野球をやっていた人間として何か力になれることはないかと思った」という。もちろん政治家として参議院で文教科学委員会の理事を務めている使命感もあっただろう。だが、一人の野球人として、球児たちを放っておけなかったというのが大きな理由だった。

     秋田高出身の石井氏は甲子園に出場していない。早大―プリンスホテルから近鉄に入団し、巨人、ロッテ、横浜の4球団でプレー。現役通算13年で162本塁打を放つなどプロでは実績を残した。それでもやはり甲子園は特別なものだという。「甲子園は素晴らしいよ。甲子園でプレーできる機会なんて、ほとんどの高校球児は一度もないんだから」。

     結局、3月25日に東京で初の40人越えとなる41人の感染者が出るなど、この日を境に首都圏で感染者が急増。プロ野球の開幕再延期が決定し、スポーツ大会開催へ向けた気運も萎んでいった。石井氏のセンバツ代替開催プランも日の目を見ることはなかった。

     そして6月10日。紆余曲折を経て、日本高野連はセンバツに出場予定だった32校による甲子園での交流戦実施を発表した。期間は8月10~12日、15~17日の6日間で、各校1試合ずつを行うというもの。石井氏のプランと相似点もある。石井氏は今回の決定について「オレは何もできなかったけど、父兄や選手のことを思うと本当に良かった」と語るのみだが突然、甲子園を失った選手のために、こんな汗をかいた人物もいたことは記しておきたい。 (記者コラム・白鳥 健太郎)

    15: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/06/11(木) 18:53:48.01 ID:oODVPJkl0
    >>1
    国会内で活躍してる姿見たことないな。
    球場では随分活躍してたけど。

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1591868209/

    続きを読む