とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    鳥谷敬

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    阪神の鳥谷敬内野手(37)が8日、東京都内で行われた第7回「アスリートドレッサーアワード」の表彰式に出席。駆けつけた多くのファンへ、最下位からの逆襲を誓った。

    5番目に登場すると、大きな歓声が巻き起こった。まずはスイングする動作を見せ、照れ笑い。黒を基調にした大人ファッションで観衆を魅了した。

    壇上からは「関西のチームなのに、たくさん阪神ファンのみなさんに来ていただいてありがとうございます。来年はビリにならないように引き続き頑張りますので、応援よろしくお願いします」と呼びかけた。

    この日は、サッカー選手の大津裕樹選手や、プロサーファーの加藤嵐選手など、異なる種目のアスリートたちが集結。トークショーなどを繰り広げ、盛り上げた。なお同表彰式は今回で7回目となったが、阪神選手の選出は鳥谷が初めてのこと

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000090-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/08(土) 15:10:45.87 ID:KO4OZTCfp
    2

    若手のため息が聞こえてきそうだ。

     5年契約を結んでいる阪神の鳥谷敬(37)が5日、現状維持の年俸4億円でサインした。来季が契約最終年になる。

     今季は開幕こそ二塁のスタメンで出場するも、4月に入るとスタメン落ちが目立ち、5月29日のソフトバンク戦(交流戦)では出場機会がなく、連続試合出場が「1939」で途切れた。

     結局、出場121試合、打率.232、22打点、1本塁打。最下位の戦犯でも複数年契約のため、来季も4億円が保障された。

     鳥谷の煽りを食った形なのが、2年目の大山悠輔(23)だ。

     今季は開幕戦で巨人菅野に一発を浴びせ、幸先のいいスタートを切った。

     その後は7月までほとんど戦力にならなかったが、117試合に出場。打率.274、11本塁打、48打点という数字は、いずれも前年を上回り、本塁打と打点は、福留、糸井に次ぐチーム3位の成績。これで500万円の微増(3000万円)はないだろう。

     球団の人件費枠はある程度決まっている。

     昨年の阪神の年俸総額は12球団3位の約32億2600万円(推定=外国人選手含む)。

     昨オフ、韓国で2年連続3割、30本、100打点のロサリオ(29)を3億4000万円プラス出来高で獲得。その影響もあって今年の総額は約36億円(同)まで増えた。

    矢野新監督は金本前監督の「生え抜きの若手育成」方針を継承する。そのためこのオフは、浅村(西武―楽天)や丸(広島―巨人)の獲得を見送った。しかし、3億4000万円をドブに捨てたロサリオに代わる助っ人の獲得にも、億単位のカネが必要になる。
    10年目を迎えるメッセンジャーは単年4億円以上で再契約を結んだ。オリックスでFA権を行使した西勇輝投手(28)の獲得は濃厚といわれ、条件は4年総額18億円とも20億円ともいわれている。
    最下位から優勝を狙うには、若手の奮起が不可欠でも、彼らの尻を叩くだけのカネは残っていないようだ。

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/08(土) 15:11:00.87 ID:KO4OZTCfp
    評論家の高橋善正氏がこう言う。

    「阪神は鳥谷と5年もの長期契約を結んだのが大きな間違い。若手は複数年契約とはわかっていても、働きに見合わないベテランの高年俸は納得できないはずです。
    阪神には福留(41=今季2億2000万円)や4年契約の3年目を迎える糸井(37=同4億円)もいる。この2人はまだ中心選手です。生え抜きの若手を育てるといいながら、現場はそのような状況ではない」

     しかもだ。来季の一塁は新助っ人の大砲が守ることになるはず。内・外野を守れるナバーロも残った。生え抜きの若手は年俸を抑えられるだけでなく、ポジション取りのチャンスも限られる。

    「巨人の岡本和真(22)は高卒4年目の今年、高橋前監督が我慢して使い、やっと開花した。例えば、チャンスで結果を出した若手が『よっしゃー』と勢いづく時に、翌日にベテランに代えられたら気持ちはなえる。阪神の場合、編成にも問題がある」(前出の高橋氏)

     リーグ3連覇の広島を支えてきたのは、田中(29)、菊池(28)、丸(29)、鈴木(24)の生え抜きたち。ソフトバンクは育成上がりの甲斐(26)がマスクをかぶり、
    柳田(30)、中村(29)、今宮(27)も今が旬。西武は本塁打王の山川(27)や2年連続フルイニング出場の源田(25)もまだ若い。

     原監督は復帰1年目からペナントを奪回するため、今オフは大型補強を敢行。若手の出番が減るのは必至だが、阪神は矢野監督になっても若手の職場環境はかなり厳しそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000016-nkgendai-base
    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/08(土) 15:11:46.18 ID:CcR9GgBs0
    ゲンダイの記事ってなんでこんなゲンダイって分かりやすいんや


    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1544249445/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/06(木) 15:54:55.72 ID:8qm3Th2Ca

    2018_11_28_14.33.57
    阪神・鳥谷敬内野手(37)が5日、西宮市内の球団事務所で年俸4億円の現状維持で契約を更改した。

    海外FA権を行使した14年オフに5年契約を結び、来季が最終年。
    「契約もそうだし、年齢的にも来年終わって、野球を続けられるのか、やめなきゃいけないのか、になる。 一日一日を大切にやっていきたい」と誓った。

    15年目の今季は5月下旬に歴代2位の連続出場が1939試合で止まり
    新人だった04年以来の規定打席未満。打率・232、51安打、1本塁打は
    いずれも自己ワーストに終わった。(金額は推定)
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/05/kiji/20181205s00001173188000c.html

    9: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/06(木) 15:56:57.47 ID:cY0KV13zM
    矢野になったから息吹き替えしてほしい

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1544079295/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    228: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/05(水) 13:25:25.54 ID:q8mpx5Y60
    2

    阪神鳥谷敬内野手(37)が5日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改に臨み、現状維持の年俸4億円でサインした。来季が5年契約の最終年になる。

    二塁スタメンで開幕を迎えた今季は不振もあって出番が激減し、121試合出場で打率2割3分2厘、1本塁打どまり。「個人的にはなかなか試合に出場することができなくて、グラウンドに立てないということでは、プロ野球選手としては苦しいというか悔しいシーズンだった。チームとしては6位という結果だったし、苦しいシーズンだったと思います」。来季は北條らと遊撃レギュラーを争う立場。「毎日グラウンドに立てるような状態にしていきたい。それに向けてオフ、キャンプとしっかりやっていきたい。1番はチームが優勝するためにやっている。その一員として1年間戦えるようにしたい。個人的には若い選手に負けないぞ、という気持ちもありますし」。勝負の1年へ、力強く決意表明した。(金額は推定)

     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00411301-nksports-base 


    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1543964296/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/03(月) 15:39:48.65 ID:ElaDVtK90
    2018_11_28_14.33.57
    ▲2010年の鳥谷敬


    どうやったんや

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/03(月) 15:41:29.42 ID:lblHaDLfd
    すげー

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1543819188/

    続きを読む

    このページのトップヘ