とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    2位浮上

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神4―0広島(2020年9月11日 甲子園)

     阪神は投打の柱が躍動。連勝で勝ち越しを「2」とした。

     まずは初回1死二、三塁から4番・サンズが相手先発・床田から右前適時打を放ち先制。サンズは2―0の6回にも2番手菊池保から2戦連発となるバックスクリーンへの18号ソロを放ち、勝利に貢献した。

     先発の西勇は序盤3回を無安打投球。球威十分の投球で4回まで5奪三振と広島打線をねじ伏せた。

     5回からは持ち味の打たせて取る投球で併殺を3つ奪うなど、最後まで三塁を踏ませなかった。9回には先頭の代打・正随の中堅への大飛球を近本がフェンスに激突しながらもジャンピングキャッチ。味方の好守にも救われ、昨年4月7日広島戦以来、阪神移籍後2度目の完封勝利を挙げた。




    阪神 4 - 0 広島 [勝] 西勇6勝3敗0S [ホームラン] サンズ ソロ18号、梅野 ソロ4号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20200911.html  pic.twitter.com/FklvcqkJew


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     「阪神8-5広島」(6日、甲子園球場)

     今季最多4万6755人が詰めかけた甲子園で阪神が6月6日以来となる2位に浮上した。80試合消化時での2位は、最終的にシーズン2位で終えた17年以来。

     猛虎打線が14安打8得点と火を噴き、広島との2位攻防戦に力勝ちした。初回から3連打で広島先発のアドゥワに襲いかかる。糸井の2点適時二塁打、マルテの適時二塁打で幸先良く3点を先制した。

     だが先発青柳が安定せず同点にされると、今季最短となる3回1/3で降板したが、打線は沈黙しない。四回に代打鳥谷の5月31日以来の安打などで2死一、二塁とすると、糸原が勝ち越しの1号3ラン。五回にも梅野の犠飛、六回には再び糸井の適時打が出て、14安打8得点と勢いを見せた。1番近本、2番糸原、3番糸井がそろって猛打賞。広島を打線で圧倒して2位をつかみ取った。

     2夜連続のお立ち台の糸井は「先制点を何とか取りたい気持ちだったので取れて良かったです」と先制シーンを振り返る。好調の原因を問われると「糸原がいい働きしているのでそれにつられています」と同じくお立ち台に上がった後輩をたたえた。

     2番手の島本が2勝目。藤川、ジョンソン、ドリスとつなぐ「勝利の方程式」も万全で、勝率5割にも復帰した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190706-00000139-dal-base



    とらほー!🎈🎈 糸原今季初スリーラン と1安打3打点ほー!🎈🎈 近本猛打賞ほー!🎈🎈 糸井猛打賞ほー!🎈🎈 鳥さん1ヶ月ぶりの安打ほー!🎈🎈 広島に勝ち越しほー!🎈🎈 単独2位浮上ほー!🎈🎈 5割浮上ほー!🎈🎈 明日も勝つばいタイガース



    島本くん2勝目✨ 糸井さん先制タイムリー含む3安打3打点の猛打賞✨マルテ2安打1打点✨近本くん3安打猛打賞✨木浪くん2安打✨ そしてなにより‼︎ 木浪くん鳥さんとヒットで繋いで、糸原キャプ今季1号スリーランホームランで勝ち越しッ‼︎✨ 3安打3打点の猛打賞✨ ヒーローたくさん 大興奮でした👏



    とらほー 2位浮上! 糸原の今季第1号&猛打賞 近本、糸井の猛打賞 球児、PJ、ドリス最強リリーフ陣


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2
     「阪神8-4巨人」(29日、甲子園球場)

     阪神は今季5度目のサヨナラ勝ち。十二回、1死満塁の絶好機で代打・高山が右翼席へ劇的な1号満塁弾を放った。痛快な逆転勝利で、巨人と入れ替わって2位に浮上した。

     甲子園での巨人戦の連敗も9でストップ(1分け挟む)。前カードからは対巨人3連勝とし、虎党の六甲おろしが鳴り響いた。

     ドラマは最終盤に待っていた。十二回、1死満塁から矢野監督がベンチを出て、代打・高山を告げた。池田に対し、3球目を強振。右翼席へ1号満塁弾を放ち、試合を決めた。

     劣勢を跳ね返した。2点ビハインドの八回、2死一塁。マルテが沢村の初球を振り抜き、同点の5号2ラン。ひと振りで振り出しに戻した。

     十一回はマルテが口火を切り、来日初の猛打賞となる左前打で出塁。植田の犠打が野選となり、無死一、二塁と好機が拡大した。暴投、申告敬遠、ドラフト1位・近本が浅い中飛で1死満塁。代打・鳥谷は空振り三振。糸井も中飛に倒れた。嫌な気配が漂ったが、十二回に歓喜が待っていた。

     投手陣は九回からドリス、ジョンソン、能見、藤川が無失点リリーフ。サヨナラ勝ちを呼び込んだ。

     巨人は痛恨の逆転負けとなった。丸が移籍後初の1試合2発、坂本勇が通算200号となる17号ソロ。十一回は高木が無死満塁のピンチをしのいだが、十二回に池田が踏ん張れなかった。貯金4、3位転落となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000149-dal-base



    今日の試合、高山くんのサヨナラ満塁ホームラン以外全てが記憶から消えた



    サヨナラ満塁ホームラン!! 劇的すぎて😳 高山選手ありがと🎵 正直11回裏で、点数入らなかった時諦めてましたw #阪神タイガース #hanshin



    高山の代打満塁サヨナラホームランとか泣くしかない場面やったわ。 延長12回お風呂で観てたからなかなか上がれんくてのぼせた。。。 #虎バン



    高山の代打サヨナラ満塁ホームラン、もう見るの10回目w #hanshin


    続きを読む

    このページのトップヘ