1


<練習試合:阪神10-3広島>◇3日◇甲子園

阪神飯田優也投手(29)が、緊急登板で力投した。5回1死一塁で打者・堂林の2ボール2ストライクのカウントで、藤川が腰の張りで降板。

飯田はイニング途中での登板となったが、堂林を二飛に。田中広も一ゴロに打ち取った。6回2死から鈴木誠を歩かせ、二盗、三盗を許すも、西川を三ゴロに抑えて無失点。だが7回、先頭のメヒアへの与四球からピンチを招き、磯村の犠飛で1点を失った。

8回は小窪に二塁打を浴び、2死二塁からの連続与四球で満塁のピンチを背負った。だが小園を見逃し三振に取り、無失点で切り抜けた。9回もマウンドに上り、長野、磯村、堂林を完全に抑えた。

ロング救援を1失点で投げ終えた飯田は「イニング途中からの登板でしたが、中継ぎの経験もしているので、あわてることはありませんでしたが、最初は力んでしまい、それを引きずって投げてしまいました。鈴木選手に二盗、三盗されてしまった場面も、何かクセが出ていたのかもしれないですし、反省点です。8、9回は力みもなく、ストレートも走っていた感覚もあるので、あの投球を続けていきたいですし、決め球の精度もさらに磨いていきたいです」と振り返った。




阪神・飯田は4回2/3を1失点 藤川のアクシデントで緊急登板/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/06/03/0013394016.shtml  80球ぐらいだったらしいし、先発いけるのでは



今日の試合飯田選手すごすぎひん?4回無失点ってそんなんもう先発やん #阪神


続きを読む