とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    4番大山

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     ◇セ・リーグ 阪神―中日(2019年9月30日 甲子園)

     大逆転でのクライマックスシリーズ(CS)進出へ、勝利が絶対条件の阪神が先制に成功した。

     4回1死からマウンドに上がった中日2番手・三ツ間から北條がこの試合チーム初ヒットとなる左前打で出塁。福留が四球で繋いで一、二塁の好機をつくると、4番大山が1ボール2ストライクと追い込まれながらも7球目の直球に食らいついた。痛烈な当たりは投手の足下を抜け、中堅前に。二塁走者・北條が生還し、待望の先制点を挙げた。

     9月14日の試合でノーヒットノーランを献上するなど、大野雄からは試合前の段階で16回と2/3イニング連続で無得点が続いていた。この日も3回まで完全投球を許していたが、4回先頭の近本が一ゴロにたおれた段階で大野雄がセ・リーグ防御率ランキングでジョンソン(広島)を抜いて単独1位に。タイトルを確定させるために中日の与田監督は継投を選択した。

     代わったばかりの三ツ間を攻め込み、さらに2死満塁とすると、中谷を迎えた場面で代打・高山。1ボール2ストライクと追い込まれながらも、4球目で三ツ間がまさかの暴投。貴重な2点目を相手のミスからもらう形で、奇跡と呼べる大逆転でのCS進出へ一歩近づいた。








    【一軍】公式戦【阪神1-0中日】 4回裏 秋の大山!!4番・大山!!先制点!! 投手:三ツ間 打者:大山 結果:センター前先制タイムリーヒット!!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル #悠輔がヤル



    @hanshintigersjp きたきたきたきたきた!!!



    @hanshintigersjp やっぱ大山が打たないとな



    @hanshintigersjp よっしゃぁあ!!!



    @hanshintigersjp 大山最高



    @hanshintigersjp 絶対勝つぞ!タイガース!!



    @hanshintigersjp これは…虎の4番、秋の大山…!!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

    <阪神4-3ヤクルト>◇20日◇甲子園

    阪神大山悠輔内野手が一時勝ち越しの適時打を放った。同点に追いついた8回1死一、三塁で近藤のスライダーに食らいついて中前打。本塁返球で三塁走者植田がアウトになりかけたが、執念で打点をもぎ取った。

    「チームが勝てたことが一番」とにっこりの大山に、矢野燿大監督は「ああいう場面で打ってこそ4番。中心打者の責任を果たせる場面。結果を出したのはまた1つプラスに考えて」とたたえた。





    やったぁぁぁぁ逆転!4番大山だ! 梅雨明けの大山!



    一番盛り上がったのは大山の逆転タイムリーやったわ。やっぱ4番が打つとボルテージが上がるわほんま(^○^)♪



    金村が言っていたけど「大山は4番打者じゃない。4番目の打者ですよ」 ならば4番目の打者に徹してもいいのでは。変な重荷を背負うくらいならそれでいい。チームが上昇するならばそれでいい。 #hanshin



    🐯虎の4番は大山悠輔😇💖✨ 北條・植田・江越・陽川で🙌 盛り上げる😆✨ pic.twitter.com/mnxzT0LNRm


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     「阪神1-4巨人」(10日、甲子園球場)

     4番を担い続けてきた生え抜きが、前半戦の締めくくりで固め打ちだ。1-4で敗れた中、阪神・大山が3打数3安打(1四球)、今季4度目の猛打賞で存在感を光らせた。「(3安打?)そうですね」と短く言葉にした後、敗戦の影響からか表情に笑顔はなかった。

     強烈に左方向へ引っ張った。四回は今村が初球に投じたスライダーを積極的に振りにいき、左前打とした。六回は流れを変える一打だった。先頭の糸井が右前打で出塁するも、オーバーランして刺された。

     1死無走者になって打席を迎えたが、ここで大山は冷静だった。左腕の2球目のスライダーを強振すると、打球は左翼線へ転がる二塁打に。続くマルテの適時打を呼ぶ、起点打となった。

     「勝つために結果を出していくしかないので」と話す大山。気持ちを切らさず、この日の最終打席でも三塁強襲の内野安打を放つなど、主軸としての意地を発揮した。

     3年目の大山が開幕から全84試合で4番の座を守り抜いている。生え抜きでは、97年の桧山が前半戦80試合中79試合で4番を務めた。前半戦全試合で4番となると85年の掛布以来だ。継続した起用は矢野監督の信頼の表れだ。

     「もちろん育てるための4番でもある。4番ってすごく重圧があるし、そこの重圧と戦いながらやれる。やることで悠輔(大山)の成長が俺はあると思って4番で使っている。結果も姿勢も全て含めて認められる位置。成長につながると思って期待してるんで」

     指揮官は、後半戦も4番として成長していく姿を願う。大山自身、試合後、すぐに次への戦いを見据えていた。「後半戦も頑張ります」。チームの主軸としての自覚を胸に-。球宴明けの後半戦、背番号3がチーム浮上のキーマンとなる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000021-dal-base



    ・12球団唯一前半戦4番を変えなかったチームが阪神で、その4番だったのは大山。そこは矢野さんに対してもだし、大山も評価はしたい。 しかしながら、チャンスで打てない、失策王(現時点15)。昨年一昨年を足した分以上の失策数は目に余るものがある。ソラルテ加入後は5、6番が妥当か?



    巨人10安打阪神8安打、大山3安打で大敗の開きではないはずかぁ…。数字上ではそやねんけどなぁ〜。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     ◇交流戦 阪神―楽天(2019年6月19日 甲子園)

     阪神の大山が初回、先制3ランを放った。

     1死一、二塁の好機に、美馬の2球目カーブを強振。5月30日の巨人戦以来の一発で、6月に入ってからの初本塁打が貴重な先制弾となった。

     これで2桁10本塁打に到達。シーズン換算では21発ペースで、阪神の生え抜きの右打者が21本塁打以上を放てば、05年の今岡(29本)以来となる。なお、20本塁打は06年・浜中、17年・中谷がそれぞれ記録している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00000162-spnannex-base




    【一軍】交流戦【阪神3-0楽天】 1回裏 大山!!最高やん!! 投手:美馬 打者:大山 結果:レフト第10号先制スリーランホームラン!!  http://hanshintigers.jp/  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル #悠輔がヤル



    @hanshintigersjp やっと仕事したか😆大山ナイスバッティング‼️



    @hanshintigersjp あれは…虎の4番!?



    @hanshintigersjp 二桁おめでとう㊗️


    続きを読む

    このページのトップヘ